teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


皆様へ。

 投稿者:TWINS  投稿日:2017年 4月18日(火)11時38分32秒
編集済
  皆様へ、

まだまだ悲しみや遣る瀬なさの中におられると思います。

みなさまからのお気持ち、ありがたく感謝しています。

まだ未定ですが、お別れ会を予定しています。

詳細が決まりしだいお知らせいたしますが、

それまでお花やお供物は、ご辞退させて頂いております。

申し訳ありませんが、ご理解の上

どうぞよろしくお願い致します。

TWINS
 
 

「T」さんへ

 投稿者:  投稿日:2017年 4月17日(月)11時28分27秒
  あなたが良さんのファンなのはわかります。
でも今は、みなさん静かに悲しんでいたいのです。
下記2件のあなたの書き込み、貼り付けは
あまりにも場の雰囲気を読めていなくて
癪に障るし、ハラが立ちます。
 

緊急追悼文

 投稿者:「T」  投稿日:2017年 4月15日(土)15時22分34秒
  追悼文は、トップページに載っています。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/folk/
 

こちらの評論文も読んで頂けますか?

 投稿者:「T」  投稿日:2017年 4月15日(土)09時52分53秒
   私も、加川良ファンとしては、人後に落ちないと自認し、あれから加川良さんのアルバムばかり聴いていますが、いやあ、どれも名盤揃いですね。

 特に、発売当時は音が五月蠅いと思った「プロポーズ」が傑作だったなあ、と気付きました。

 その「プロポーズ」再発前に書いた評論文ですが、よろしかったら読んでみてください。
よろしくお願いします。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/folk/Ryo_2.htm
 

ありがとう。そして、さようなら。

 投稿者:フェド  投稿日:2017年 4月15日(土)00時28分10秒
  1969年高校生のとき初めて加川良さんの唄を聴いてから、ずっとファンでした。嬉しい時も、悲しい時も結構聴いていました。社会人になってからも、ギターを抱えて口ずさんでいました。
月日が経ち55歳になり、ようやく初めてコンサートに行かせて頂きました。生で良さんを見ることが出来て、とても嬉しかったです。それから、何回かコンサートに行かせて頂きました。
もう、唄う姿は見れませんが、あの時の良さんの唄う姿はずっと心の中に響いています。
今まで、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。これからはゆっくり休んで下さい。でも、時々は唄ってくださいね。一つの時代が過ぎ去りましたが、良さんの詩はずっと心に刻まれています。本当に、本当にありがとうございました。
 

Private Kgawa Ryo 2016 フォークビレッジ 小倉

 投稿者:KJ  投稿日:2017年 4月14日(金)11時32分48秒
  2016.05.13開演前のライブ会場です。
お客は40~50名くらいでしたが2列目、間近で見れるのは小さな会場、ライブならではです。

会場、主催:フォークビレッジ/小倉(福岡県北九州市)
 

(無題)

 投稿者:まっくん  投稿日:2017年 4月13日(木)16時05分37秒
  悲しい知らせを知ったのは、ある人のFBの投稿から。
えっ、えっ、という感じで。

思えば、良さんに電話で長々としゃべっていただいたのがもう10年以上も前。私が取材して書いた本の一ページに、良さんの思い出を語っていただいたときのもの。
あの時のテープ何処にあるんだろうと、ぼんやり考えています。
でも、思い出ばかりいつまでも手繰るのはあまり嬉しくないかもなぁ。

あの日からなぜか、私の車には「オレンジキャラバン」がずっとリピートで鳴ってます。
好きな歌は好きな歌。
良さんの笑顔と汗を思い出しながら、一緒に歌ってます。

良さん、素敵な歌をありがとうございました。



 

やすらかに

 投稿者:前田  投稿日:2017年 4月13日(木)15時56分48秒
  やすらかに、これからも、ずっと唄声を聞きます。ありがとうございました!ほんとうに  

歌わずして唄いたいものです

 投稿者:ヨンチ  投稿日:2017年 4月13日(木)13時38分31秒
  最新作「みらい」の発売、お披露目コンサートを下北沢へ聞きに行ったのは、昨年の六月二十九日。
前にも書いたけど、この日の朝、かけがえのない家族となった愛猫コマを、公園から連れてきた(写真は、「コマ」に初めて会ったときのもの。昨年三月十五日です)。
良さんの命日は、今年の四月五日。私たち夫婦の二十五回目の結婚記念日だった。ちなみに、吉田拓郎の七十一回目の誕生日だという。これでもう一生忘れられない。
私が良さんと言葉を交わしたのは、一九七五年四月六日。単なるファンとして。そのことを、練習会を主催する戦うオヤジの応援団のHPに、「加川良さんによせて ―歌わずして唄いたいものです―」(長文です。お時間のある方どうぞ)に書きました。http://tatakauoyaji.com/RelayEssay/2011/110529.htm
 

感謝

 投稿者:テニスボーイ  投稿日:2017年 4月13日(木)11時19分46秒
  祈り
をじっくり聴いています。
会うたびやさしく接してくれた良さんに感謝です。
悲しいときは悲しみます。
でも私より悲しい方はたくさんいると思うので
元気を出して良さんの歌を歌っていきたいと思います。
私がそっちにいったら
「やぁ。テニス野郎!」
って言ってくれると思います
あちらでは、渡さんとケンカしないようにしてまた、岩井さんと
3バカトリオでツアーしてくださいね。
 

悲しい

 投稿者:こうろぎ  投稿日:2017年 4月11日(火)16時50分35秒
  突然の訃報があった先週はただびっくりした、という感想。今週は不思議な気分、つまり良さんがもうこの世にいないということが現実感として伝わって来ない心境です。おそらく悲しみはこの後にやって来るんでしょうね。
今は動画でいつでも良さんと会える便利な時代ですが、やはりライブこそが良さんの魅力を堪能できる場だったんだなと
今更ながら後悔しています。学生時代の35年以上前。何気にFM放送で本日加川良のコンサートが都内である、今その準備を葉山でやっている良さんに電話でお話を伺ってみましょうというDJの声が耳に入りました。これは行かねば、と思い慌ててアパートを出て会場であるお茶の水の日仏会館へ。当時は当日券でも普通に入れましたね。告知もあってか満員
だったと記憶しています。村上律さんと一緒で、当時出たアルバムの曲中心でしたがこがらし・えれじいを歌い終わると
「久しぶりに聞いたぞ~」の声が。曲の合間のMCでは「この間三上寛と会いました。僕あの人大好きなんです。あの変態さ加減がなんとも言えない。以前彼と一緒にジョイントコンサートであちこち廻ってた時期もあったんです。いわば『
良寛』コンサートですね。……」なんて言ってたことを思い出して思わず笑ってしまいました。当時もタオルを常備して汗を拭き拭き熱唱。最後に「またどこかで絶対にお会いしましょう。」と言ってもう35年。結局あれが生で良さんを見た最初で最後でした。その間も全国で魂のこもったライブを精力的にやって来たんでしょうね。悲しみはこれからやって
来そうです。


 

いつまでも・・

 投稿者:NM  投稿日:2017年 4月11日(火)15時05分52秒
  高校一年生の時深夜ラジオで「伝道」を聞いて以来、早46年。一途に大好きでした。
唄を聞いて慰められたり、元気をもらったこと、数知れず。
絶対早すぎる!!でも、いつまでも心の中に良さんの唄は生きてます。
 

天使の良さん

 投稿者:こゆびちゃん  投稿日:2017年 4月10日(月)14時49分57秒
編集済
  どなたが写したのかは存じませんが
偶然見つけました。

あまりにも綺麗すぎて
まるで良さんが天使になってるみたいで。
嬉しくて、泣けてきて
皆さんにも是非天使の良さんを見て頂きたくて。

撮影者の方
勝手に貼って本当に申し訳ございません。

こんな素敵な良さんを残していただいて
ありがとうございます。
 

天国に向かいながら…。

 投稿者:こゆびちゃん  投稿日:2017年 4月10日(月)10時58分42秒
編集済
  たしか、良さんが66歳の時、小倉のフォークビレッジで
『こうなったら早く70歳になりたい。もっと勝手に唄える。』
『最近になってようやく"唄うことが好きなんだ"という事に気づいた。』
みたいなこと仰っていましたね。
そんな良さんのことだから、あの笑顔で、唄いながら天国に向かっているのよね。
あ、ギター、忘れずに持っていますか?

"コスモス"でウルウルし、"祈り"で涙があふれ、"ポプラ並木"で号泣です。
私もいずれ"あの天国とやら"に行けたなら
『お~、よく来たな~』って迎えてくれるかな。
名前と顔、覚えててくれるかな。
"天国"は実在して、とてもイイトコだといいな。

大好きな良さん。
またね。
 

無念

 投稿者:Y.HIRAYA  投稿日:2017年 4月10日(月)09時14分15秒
編集済
  加川良歴45年、コアなファンを自認している私。逝去の報は、これまでにほとんど経験ないほどショックなものだった。正直、仲の良かった父や母の死去の時以上の衝撃でした。毎年、小倉フォークビレッジのライブを楽しみにしていましたが、もう味わうことは永遠にないのですね。この喪失感、胸が張り裂けそうです。今すぐレコードやCDを聞きたい思いと、今はとても聞く気になれない複雑な葛藤が、心の中を巡っています。せめて、シバや有山、すぎの暢、村上律、友部、泉谷など縁のあったシンガーを集めて追悼ライブをやってください。小野さんよろしくお願いします。難しいこと承知で言います。拓郎にも声掛けてください。「加川良の手紙」聞きたいです。  

良さんありがとうございます。

 投稿者:気仙沼まさのり  投稿日:2017年 4月10日(月)02時14分18秒
  良さんとこんなに急にお別れするとは・・・
2011年11月岩手県西和賀町のライブでは、打ち上げ、宿泊のホテルもご一緒させて頂きました。
次の朝、ホテルの足湯まで良さんにお見送りして頂き、恐縮致しました。良さんから「気仙沼でもライブやるから」と約束して頂けたのに・・・あれが最後の会話になってしまいました。
良さんの歌、これからもレコード、CDでまたお会いできますね!
やがていつか良さんにまた会えますよね! それまでまた沢山の曲を作って待っててください。
ありがとうございました!

 

翼ある言葉は届く鳥になれ

 投稿者:セシル・アルバート  投稿日:2017年 4月10日(月)00時49分17秒
  風は良さんのいのちを包んで舞い上がったのですね。生き切った命に心より感謝、ただ合掌。

「風の人」

時代みつめた清き言葉 ひたすらな生きざま
わたしたちの心に永遠に刻まれた
そして どう生きる この時代
あなたの問いが 風のなか 舞っている
何かをつかめと わたしに…
 

(無題)

 投稿者:なお  投稿日:2017年 4月10日(月)00時25分24秒
  近年あなたのファンになったものです。

あなたのライブに一度でもいいから行ってみたかった。

でも、あなたの歌は永遠に私たちの心に残る。

CDを聞けばいつでも逢える気がする。
 

明るい月夜

 投稿者:きんちゃん  投稿日:2017年 4月 9日(日)23時42分58秒
  きれいで明るい月
しばらく見てなかった気がする。
今夜の月は良さんからの贈り物
ありがたくちょうだいしましょう。
楽しかった事を胸に夢で会えたらいいな。
良さんに、、、
 

本日。

 投稿者:TWINS  投稿日:2017年 4月 9日(日)21時01分44秒
  沢山の想いを

ありがとうございます。

本日、加川良

荼毘にふされました。

これから加川良

この国のお世話になった

皆さんの街へ

訪ねに伺います!

お待ちください。

引き続き、皆様の想い綴ってください!

どうぞ、よろしくお願いします。

TWINS 阪本正義
 

レンタル掲示板
/40