【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 12月マカオマラソン参加仲間募ってます(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


訃報

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 6月16日(木)17時41分48秒 219.109.62.132.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  陸上記者、寺田達朗さんのSNSからの情報ですが、陸上競技マガジンにて日本マラソンの記録ランキングのデータを公開したり、箱根駅伝のレポート記事等で活躍して、貴重な記録データ作成で知られる出口庸介さんが亡くなられたそうです。享年71歳。

ご冥福をお祈りします。
 

ニューヨーク

 投稿者:すまろう  投稿日:2022年 6月 3日(金)06時04分38秒 116-65-245-201.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○Mastercard® New York Mini 10K(6/11)
https://www.nyrr.org/races/mastercardnewyorkmini10k

12 Olympians and 5 Paralympians to Lead Star-Studded Lineup at 50th Anniversary of Mastercard® New York Mini 10K on Saturday, June 11
U.S. Olympians Emily Sisson, Molly Seidel, Aliphine Tuliamuk, and Rachel (Schneider) Smith to headline strong American contingent in open division
Three-time defending champion Susannah Scaroni to lead wheelchair division
※エントリーリストあり
https://www.nyrr.org/media-center/press-release/20220602_mini10k
(NYRR 6/2)

ケニア、エチオピア、米国の強豪が集結。
鈴木亜由子選手、何巫呷選手の名前もあります。
 

Daniel Nascimento選手、中国に国籍変更申請の計画

 投稿者:すまろう  投稿日:2022年 5月20日(金)06時47分5秒 116-65-245-201.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  Brasil corre risco de perder sua nova estrela da maratona para a China
https://www.acidadeon.com/on-run/NOT,0,0,1762478,brasil-corre-o-risco-de-perder-sua-mais-nova-estrela-da-maratona.aspx
(ACidadeON 5/19)
Novo astro das maratonas, Danielzinho quer se naturalizar chinês
https://www.uol.com.br/esporte/colunas/olhar-olimpico/2022/05/18/novo-astro-das-maratonas-danielzinho-quer-se-naturalizar-chines.htm
(UOL 5/18)
奥运会与基普?格?拳的巴西?手,正申??入中国国籍,最好成?2小?04分!
https://mp.weixin.qq.com/s/LpbSjLSNYEzksqD_Wm6fDg
(新浪跑歩 5/19)

ソウルで2:04:51を記録したブラジルのDaniel Nascimento選手(記事ではこの表記になっています)が国内待遇に不満を持ち、Marco Oliveiraコーチを通して国籍変更計画の提案書を中国に送ったとのこと。
次のマラソンはニューヨークのようです。
 

訃報

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 5月 5日(木)08時16分50秒 219.109.62.33.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  速報ですが、1972年ミュンヘン五輪マラソン4位のアメリカのランナー、ケネス・ムーアが亡くなったとの事です。享年78歳。ご冥福をお祈りします。  

すまろうさんへ

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 5月 2日(月)22時56分9秒 219.109.62.18.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  ありがとうございます。すまろうさんには中国や韓国のマラソンの情報をご教授いただき、大変感謝しています。

あと3ヶ月、この掲示板を存分に楽しんでください。
 

パロアルト

 投稿者:すまろう  投稿日:2022年 4月30日(土)14時58分40秒 116-65-245-201.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ご無沙汰しております。

くろまきさん、過分なお言葉をいただき大変恐れ入ります。いつもご教示いただき、こちらこそありがとうございます。
かんちゃんさん、すばらしい場をご用意いただきありがとうございます。
かんちゃんさんを始めこちらにお越しになる皆様がいらっしゃらなければ、ここまで陸上観戦を楽しむことはできませんでした。
本当にありがとうございます。


取り急ぎですが

○Payton Jordan Invitational(Palo Alto, CA 4/29)
https://rt.trackscoreboard.com/meets/42922/events

Women 10000 Meter Run Section 1
https://rt.trackscoreboard.com/meets/42922/events/64/Final

1. 何巫呷/He Wuga (CHN) 31:46.51 PB
2. Keira D'Amato (USA) 31:50.58 PB
3. Abbey Wheeler (USA) 32:53.50 PB

先ほどおこなわれたPayton Jordan Invitationalの女子1万mは今年米国マラソン記録を出したKeira D'Amato選手と易居マラソンクラブの何巫呷選手の争いとなり、抜け出しかけたD'Amato選手を何巫呷選手が逆転、最後の1周71秒で走って制しました。
世界選手権の標準記録には届きませんが、2010年以降の中国選手としては3番目の記録となります。

現在、James Liコーチと10名ほどの中国ナショナルチーム中長距離選手(易居からの参加は何選手だけのようです)がアリゾナ州Tucsonを拠点に長期合宿をしており、大会にも参加し成果を出しています。
何巫呷選手のWAプロフィール2022年の実績から、合宿メンバーの今年の動向も確認できると思います。
https://worldathletics.org/athletes/pr-of-china/wuxia-he-14862415
 

心配なニュース

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 4月24日(日)16時30分25秒 219.109.62.114.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  ボストンの後、スペインでの10kmロードレースにエントリーしていた川内優輝選手、入国審査のPCR検査で陽性反応と報じられました。

1日も早い回復と、後遺症の無きことを祈ります。
 

Re: 久しぶりにクイズを出題します。

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 4月21日(木)15時18分31秒 219.109.62.208.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  かんちゃん@管理人さんへのお返事です。

> 過去にも同様のクイズを出題したかもしれませんが、よろしければチャレンジしてみてください。
>
> 以下に挙げるランナーの共通点は?
>
> 中尾隆行
> 重松森雄
> 児玉泰介
> 藤田敦史
> 高岡寿成
> 小島和恵
> 山本佳子
> 朝比奈美代子
> 渋井陽子
>
> 正解発表は明日の夜の予定です。

正解発表が遅れましたが、正解は
「五輪のマラソン代表になれなかったマラソン日本最高記録保持者」
です。

現在のマラソン記録保持者である「愛媛の星」鈴木健吾選手がジンクスを破ってくれますように。
 

ボストンマラソンの結果

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 4月19日(火)08時20分25秒 42.231.214.202.rev.vmobile.jp
返信・引用
  男子
優勝 エヴァンス・チェベト 2時間6分51秒
2位 ローレンス・チェロノ
2時間7分21秒
3位 ベンソン・キプルト 2時間7分27秒
20位 川内優輝 2時間12分55秒

女子
優勝 ペレス・ジョプチルチル 2時間21分01秒
2位 アバベル・イェシャナー 2時間21分5秒
3位 メアリー・ワクラ・グギ 2時間21分32秒

東京五輪金メダリストのジェプチルチル、ファトゥマ・ロバ以来の五輪とボストンの二冠達成です。
 

ルーマニアの復活?

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 4月18日(月)20時38分28秒 236.198.214.202.rev.vmobile.jp
返信・引用
  昨日のソウルマラソン、女子の優勝は昨年ケニアからルーマニアに国籍を移した、ジョセフ・チェリモ・メリーが2時間18分2秒の大会新記録で優勝。メリーは再来年のパリ五輪にはルーマニア代表としての出場資格を得ます。

ルーマニアと言えば、日本でも人気者だったリディア・シモンや北京五輪金メダルのコンスタンティナ・ディタ・トメスクらを思い出しましたが、彼女たちは社会主義体制の時代の、ステートアマチュア養成所育ち。国の体制が変わり、彼女たちの後継者が育っていない中、久しぶりに女子マラソン界でルーマニアの名前を耳にしました。
 

ソウルで南米最高記録

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2022年 4月18日(月)20時17分41秒 236.198.214.202.rev.vmobile.jp
返信・引用
  4月に入って、各地のマラソン大会の結果が伝わってきてますが、昨日のソウルマラソンで大きな記録が生まれました。

優勝はドーハ世界陸上銀メダルのモシネト・ゲレメウで2時間4分43秒。その8秒後にブラジルの23歳のランナー、ダニエル・ド・ナシメントが3位でゴール。

鈴木健吾の日本最高記録を5秒上回る2時間4分51秒の南米最高記録をマークしました。

ナシメントは今回が4回目のマラソン。昨年の東京五輪にも出場していましたが、途中棄権。12月のバレンシアで2時間6分11秒の自己記録をマーク。今後の成長ぶりに注目です。

今回より、投稿者名を、昔のように「かんちゃん」に戻します。
 

久しぶりにクイズを出題します。

 投稿者:かんちゃん@管理人メール  投稿日:2022年 4月18日(月)13時15分42秒 236.198.214.202.rev.vmobile.jp
返信・引用
  過去にも同様のクイズを出題したかもしれませんが、よろしければチャレンジしてみてください。

以下に挙げるランナーの共通点は?

中尾隆行
重松森雄
児玉泰介
藤田敦史
高岡寿成
小島和恵
山本佳子
朝比奈美代子
渋井陽子

正解発表は明日の夜の予定です。
 

バラノフスキーを知っていますか?

 投稿者:かんちゃん@管理人メール  投稿日:2022年 4月 8日(金)13時34分44秒 153.198.214.202.rev.vmobile.jp
返信・引用
  100日(プラスα)後に消え去る当掲示板ですが、思い出話だけでなく、「旬の話題」も取り上げていこうと思います。

連日、ウクライナの惨状がメディアで報じられていますが、ウクライナと言えばドミトロ・バラノフスキーの名前を思い出すマラソンファンも少なくないと思います。

2005年の福岡国際マラソンで2時間8分29秒で初優勝。「伏兵」と言われましたが翌年の福岡では、当時の世界記録保持者ハイレ・ゲブレシラシエや世界チャンピオンのジャウアド・ハリブらと真っ向勝負を挑み、ハイレ皇帝に次いで2時間7分15秒で2位でゴール。2009年の福岡では2時間8分19秒で3位。マラソンキャリアの中で、3度のサブテンが全て福岡でマーク、というランナーでした。

女子ランナーにも、大阪国際女子マラソンで「火を噴くような走り」を見せたウクライナのランナーもいましたが、彼女はその後「妖精」となり、その記録と共にマラソン界から去って行ってしまいました。

ともあれ、彼ら日本のマラソンロードを沸かせたランナー達の無事と、ウクライナに平和な日常が戻る日が1日も早く訪れる事を祈ります。
 

くろまきさんへ

 投稿者:かんちゃん@管理人メール  投稿日:2022年 4月 5日(火)13時28分16秒 103.178.138.210.rev.vmobile.jp
返信・引用
  お久しぶりです。そしてありがとうございました。この約20年、様々なご教授を賜りありがとうございました。僕自身も、この20年をふりかえっていく所存です。  

管理人より

 投稿者:かんちゃん@管理人メール  投稿日:2022年 4月 5日(火)13時25分48秒 103.178.138.210.rev.vmobile.jp
返信・引用
  当掲示板の管理人でございます。この数年は管理人とは名ばかりで放置状態が続いておりました。2022年が明けても何ら書き込みもせず、そんな中に届いたteacup掲示板サービス終了のお知らせ。

申し訳ない気持ちになりました。僕が放置し続けたことが閉鎖の原因ではないにせよ。

かくなる上がサービスが終了するその時まで、往時の賑わいを取り戻していこうかと思います。これまで、この掲示板を利用して下さった人たちのためにも。

終了までに世界陸上もあることですし、「有終の美」を飾りたいと思います。
 

泣くな友よ、今惜別のとき

 投稿者:くろまき  投稿日:2022年 4月 4日(月)23時53分15秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  上のお知らせによれば、ついにこの掲示板サービスも8月1日をもって幕を閉じるようです。

もう半年近くも投稿のないこの掲示板、この文を見る方もいないのだろうと思います(管理人さん自体がなかなか戻ってこられない)が、18年余りつき合わせていただいた私にとって思い出多いこの掲示板がなくなるというのは感慨深いものがありますので、「送辞」をしたためてみようかと思います。

私がこの掲示板を訪れたのはたしかアテネ五輪の前年。その少し前から本家の「MOMA」掲示板にお邪魔するようになっていましたが、そちらの常連だった管理人さんの掲示板にも、という風に記憶しています。

いろいろな方とおつきあいができました。
お世話になったといえばまずこの方、すまろうさん。
中国を中心とする外国マラソン界の様々な情報は本当に助かりましたし、同名異人のランナーの調査などすまろうさんでなければ対応してくれる方なんていませんでしたから。
あなたとのいろいろなやりとりができたことが最大の喜びでした。

長い付き合いと言えば、まずこの方。HEYTAKさん。
私が時に出すクイズに一番くらいついてくれたのもあなたですし、あなたからも挑戦しがいのある骨のある問題をたくさんいただきました。

たいがあさん、がじゃっちさんも回数は少ないけれど「先輩」でした。
「予想屋つぐわね」たいがあさんだったかなあ。一番笑ってくれたような気が。

広島県人(M-Dream)さん。近年はすっかりご無沙汰ですが、お元気ですか。
マラソン資料館ファンさん。広島県人さんとかばついちさんと同じテイストの方(ちょっと乱暴なくくりですけど)記録収集への「情熱」は昔の私を見ている感じです。

反面で、アテネ五輪代表選考に伴う「炎上」この掲示板はどうなってしまうんだと思えたこともありました。また「荒らし」とでもいうのか無意味な書き込みを手を変え品をかえ行う人。「喧嘩を売っているのでは」とも思えた投稿を繰り返した人(まさはんさん、あなたのことです)。見解が独特すぎるのだけれどやがてそれが「味」になっていた、なのにハンドルネームを変え他人格を装った(私はこれも遊びと許容してもいいかとも思いましたが)ことで退場せざるを得なくなった人(アビビさんのままだったら)。
 そう、ハンドルネームを変えたといえば留鳥さん、ほかの掲示板である方と衝突、この掲示板でも(何の問題だったかなあ、もう記憶が薄れてしまって)結局自主退場のように去って行かれてしまいました(彼なりの正義感のあまりの衝突だった、と思いましたし、この掲示板での問題も真偽もはっきりしない面、はっきり言って糾弾する側の誤解(曲解)としか思えないところもありました)。最後だし誰も読まないでしょうから書くと、私は糾弾の動きには反対で(管理人さんにも伝えました)残ってほしくて彼とも個人的にメールのやり取りをしたんです。でも彼から「もういいんです。くろまきさん」と去っていきました。

ただそんなことがあったにせよ、今となってはどの人も、というかこの掲示板全体がもう老境を迎えた私にとっての素晴らしい思い出です。「日本の土を駆け抜けたランナー」シリーズ。「3傑平均、5傑平均、歴代10傑推移」など、この掲示板でしか「吐き出せなかった」ことがたくさんありました。少数とはいえ、私の書いた内容を興味を持って読んでくれる方が
世の中にいたということが単純に嬉しかったのです。(承認欲求というやつ)

最後に、何よりもこの「場」を与えてくださった管理人さんである「かんちゃん」さんにお礼を言いたい、本当にありがとうございました。

 

最後の福岡なのに

 投稿者:たいがあ  投稿日:2021年12月 6日(月)14時35分53秒 FL1-119-242-170-151.szo.mesh.ad.jp
返信・引用
  マラソン自体は熱戦だったのだが、残念だったのは中継側の問題、とりわけ一般参加選手の扱いが雑すぎた。全国ネットの中継が実際の競技より30分遅れていたというのは、大会運営上の都合でわからなくもない。とりわけ、中継するアナウンサーの不勉強ぶりはひどかった。一般参加選手でも竹ノ内選手のようにMGC6位の実績を持つ選手もいる。気が付いたのはカメラ中継はきちんと竹ノ内選手を大写しにした場面が何度かあった。が伝える側がそのタイミングを生かせず、ただ提供された情報のみを頼りに中継では白けるのも無理はない。中継者がきちんと対応しないと解説者も何ともしがたいのだ。MGCの国内の対象レースはあと3つ。これらのレースはきちんとやってほしい。  

2020東京男女マラソン

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2021年 8月 9日(月)12時02分29秒 124-144-90-131.rev.home.ne.jp
返信・引用
  日本選手は男女ともMGCで先行されなかった選手が最上位となりました。
4選手にとって2年もの準備期間はあまりにも長過ぎたということでしょうか…
パリ五輪代表選考もMGCで行うらしいです。

女子マラソン総合順位(スプリットあり)

https://www.jiji.com/jc/tokyo2020?page_id=og2020_slh_result_slh_res_slh_ATHWMARATHON----------FNL-000100--.html&s=data

男子マラソン総合順位(スプリットあり)

https://www.jiji.com/jc/tokyo2020?s=data&page_id=og2020_slh_result_slh_res_slh_ATHMMARATHON----------FNL-000100--.html
 

大迫選手の記録

 投稿者:SATOTAX  投稿日:2021年 8月 9日(月)11時08分34秒 34.215.232.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  順位では、昔でも入賞の6位
記録では、ロサンゼルス4位の宗猛さんの2:10:55を上回って歴代最高
走りっぷりも、アフリカ勢と互角
実力は発揮できたんだろうと思います
 

王者の走り

 投稿者:くろまき  投稿日:2021年 8月 8日(日)20時42分47秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用
  女子に続いてケニアのワンツーフィニッシュになるのかと思いましたが、ソマリアからの移住者同士が、銀、銅メダル。アフリカ系のランナーが圧倒的位置を占める現在のマラソン界を示す結果と言え、その中で6位入賞を遂げた大迫は健闘といっていいでしょう。
それにしても「やはりキプチョゲはキプチョゲ」、集団走の段階ですでにオーラを感じさせていた王者が30kからの5kを14分28秒であっさり勝負をつけました。昨年のロンドンマラソンで敗れ一抹の不安を持っていたのですがそれを吹き飛ばす圧勝でした。

レースに向けての調整がしっかり出来ていたランナーにとっては多少の気象条件の悪さの中でも力通りの結果を出せたのだと思います。
真夏の開催で「蒸し暑さに慣れている日本選手が有利」なんてことをほざいていた人は自らの不明を恥じてもらいたいですね。

中村、服部は調整の段階ですでに勝負ができる状態ではなかったようです。補欠を決める意味がないじゃないか。と言う気持ちもあるのですが、折角つかんだオリンピックの舞台を諦めたくない、という気持ちはわからないではない。外野からあれこれ言うのはやめましょう。

とにかく王者の走りが日本で見られた、それだけで十分に満足です。
 

東京(札幌)五輪女子マラソン

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2021年 8月 8日(日)06時53分25秒 219.109.62.196.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  二ヶ月くらい前には、中止も覚悟していた東京五輪。マラソン開催地の札幌への変更、コロナ禍の中、開催の1年延長(なぜ、この時に2021年10月開催に出来なかったのか?)、緊急事態宣言の中での開幕、そして大会前日の中でのスタート時間変更、様々なゴタゴタの中、女子のマラソンがスタートしました。

結果はやはり、というかジェプチルチルにコスゲイという、現在のケニアの最速女子ランナーがワン・ツーフィニッシュ。そして、アメリカの自己ベスト25分台のセレインが銅メダル。

日本勢では一山選手が8位入賞。4大会ぶりの入賞は高く評価したいです。(鈴木選手の日本人トップを期待していました。)

今回の五輪開催自体に様々な意見がありますが、選ばれたランナーが活躍出来る場が失われなかった、その一点だけで胸を撫で下ろしています。今は。

まもなく男子がスタート。大迫選手の突然の「ラストラン」宣言に驚かされましたが、何を見せてくれるでしょうか?そして、
「やはりキプチョゲはキプチョゲでした。」
と唸るような走りが見られるでしょうか?
 

二ヶ月遅れの「さらば、フクオカ」

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2021年 5月30日(日)17時14分38秒 219.109.62.112.user.e-catv.ne.jp
返信・引用 編集済
  遅ればせながら、福岡国際マラソン終了について。

言うまでもなく、「びわ湖毎日マラソン終了」と並ぶ2021年最大のショッキングなニュースです。(もし、東京五輪中止が確定しても、さほどのショックは受けないでしょう。僕は開催をほぼ諦めています。)びわ湖終了について、twitterにて、

「他のスポーツで例えたら、『日本一を決める大会は年に一回で十分』という理由で、高校野球の春の選抜大会を終了させるか、『Jリーグが始まった今ではもう役割を終えた』という理由でサッカーの天皇杯を終了させるようなものだ。」
と書いたのですが、福岡国際の終了は、さしづめ、プロ野球を1リーグに再編させて日本シリーズを無くすか、大相撲の本場所を年四場所に減らすようなものではないかと思います。

「これも時代の流れ」の一言ではとても片づけられませんが、そういった「想い」を語るのは別の機会にさせていただき、皆さんのセレクト以外の。僕個人の「ベスト・フクオカ」を語らせていただきます。

僕とフクオカの最初の出会いは、小学生の頃に父親の郷里のみかん山で、取り入れを手伝いながらラジオで聞いた1972年の大会での、大槻憲一さんと、フィンランドのニッカリとの3位争いでした。
「大槻、ニッカリと並んだ、並んだ。」
というラジオの実況は今も耳に残っています。独走で優勝したのは、フランク・ショーター。その3ヶ月後の、彼が途中でコースアウトをして、用を足しながら優勝したびわ湖毎日マラソンが、僕が初めてスタートからゴールまで通して見たマラソンレースでした。

印象に残るフクオカ、1990年代以降から選ばせてもらうと、小雪の舞う中のレースで、スペイン、ポルトガルの強豪を抑えて優勝した第50回記念大会の李鳳柱、そこではリタイアしたものの翌年、見事に「リベンジ」を果たしたジョサイア・チュグワネ。実況アナに
「アベラは何枚のギアを持っているのか?」
と言わしめた、シドニー五輪金メダリストのゲザハン・アベラに、ジャウアド・ハリブら五輪のメダリストたちが「ガチンコ本気」の走りを見せるのがフクオカの魅力でした。

日本人ランナーでは2000年の藤田敦史さんの日本最高記録。これは李やアベラとの対決から生まれたものでした。この時、地元の大会に出場していて、帰りにラジオで聞いたのですが、ここでも実況アナが一言、
「解説の宇佐美彰朗さんの目に光るものが浮かびました。」

そして、やはり「21世紀最高のフクオカの名勝負」と言えば、2003年のアテネ五輪選考レースでしょう。事実上、「高岡寿成さんの信任投票レース」と思われ(持ちタイムがサブテンの日本人ランナーは当時の日本記録保持者の高岡さんのみ)た中、国近友昭さんと諏訪利成さんが想像以上の実力を発揮し、3人がトラックまで優勝争いを見せ、国近さんと諏訪さんが「下剋上」を見せたレースでした。2位の諏訪さんを指導する白水監督、日産自動車時代の1987年のソウル五輪代表選考レースには工藤一良さんが日本人3位、1991年のバルセロナ五輪代表選考レースでは森田修一さんが優勝しながら、いずれも五輪代表に選ばれず、そんな監督の16年越しの無念を晴らしたレースでした。

余談ですが、諏訪さんはアテネでは6位でしたが、この方、「日本人2位」という結果の多い方です。

「世界のトップランナーがガチンコ本気の走りを見せる」と言えば、「皇帝」ハイレ・ゲブレセラシェも、フクオカに於いては「やはり、ハイレ皇帝はハイレ皇帝でした。」と唸らせる走りを見せてくれました。

今秋、開催される「福岡マラソン」の抽選に申し込みました。この大会は市民ハーフマラソンだった「シティマラソン福岡」をベースとした大会で、コースは全く異なりますが、当選すれば「聖地巡礼」に行きたいと思っています。ランナーの足型を見たり、大濠公園でジョギング出来ればいいなと思っています。
 

ロン・ヒル死去

 投稿者:かんちゃん(スマホ投稿)メール  投稿日:2021年 5月24日(月)13時39分32秒 44.200.49.163.rev.vmobile.jp
返信・引用
  詳細は不明ですが、1960年代の名ランナーで「英国の至宝」と称されたロン・ヒルが5月23日に亡くなったというニュースを知りました。享年84才。ご冥福をお祈りします。  

徐州、北京

 投稿者:すまろう  投稿日:2021年 4月24日(土)23時20分46秒 116-65-242-68.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○江蘇銀行・徐州馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)・奥運会馬拉松選抜賽(4/11)
http://www.xuzhoumarathon.cn/

大会サイトに男女各200位、およびハーフマラソンの部男女100位までが公開されていました。
http://www.xuzhoumarathon.cn/html/page-20500.html

深い順位までの発表とWAやTilastpajaなどのリストには載っていない選手もいるのがありがたいのですが、男子10位、女子8位あたりから大会発表のリストとWAなどのリストにタイムの食い違いが現れ始めるなどして痛し痒しです。


○中国銀聯北京国際長跑節-北京半程馬拉松(4/24)
http://www.beijingrun.cn/index.html?topicId=4972481593247702&appKey=bj-half

2019年には定員2万人で実施した大会です。
今年は1万人規模で開催。

https://weibo.com/2321263051/KclUZ6SR7?from=page_1005052321263051

女子
1. 金銘銘 1:10:35
2. 何巫呷 1:12:28
3. 史立瑩 1:12:40
男子
1. 彭建華 1:04:53
2, 楊克古 1:04:55
3. 楊定宏 1:04:56

金銘銘選手のタイムは実力者・張徳順選手が去年出した1:10:34(ただしWAはUNC扱いにしているようです)に1秒差にまで迫る記録でした。
2010年以降、今回の金銘銘選手・去年の張徳順選手より速く走った中国選手はWAのリストでは2010年の朱暁琳選手1:10:07のみとなります。

なお金銘銘選手は、徐州マラソンは2:29:37で5位でした。
 

徐州速報

 投稿者:すまろう  投稿日:2021年 4月11日(日)10時59分52秒 116-65-242-68.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○江蘇銀行・徐州馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)・奥運会馬拉松選抜賽(4/11)

男子
1. 彭建華(江西) 2:11:16 ※易居
2. 楊紹輝(雲南) 2:11:19 ※易居
3. 董国建(雲南) 2:11:20 ※易居
4. 粟国雄(雲南) 2:11:28
女子
1. 張徳順(雲南) 2:29:11 ※易居
2. 白麗 (遼寧) 2:29:12
3. 李芷萱(上海) 2:29:13 ※易居
4. 史立瑩(内蒙古)2:29:18

以上、すべて男子は2:11:30、女子は2:29:30以内。男女ともフィニッシュ直前まで接戦となりました。
多布傑選手(西蔵)は完走しましたが記録は2時間18分ほど。

女子、先頭集団の中では後方に控えていた張徳順選手が42km手前までに前に出て接戦を制しました。

男子は中盤から雲南選手が多数残っているのがわかりました。
彭建華選手も雲南・ケニアなどでよく雲南チームと合同練習をする選手。

男女Top9
https://weibo.com/7413279587/KanSu1FjX?from=page_1006067413279587_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment#_rnd1618116838106

フィニッシュの数百m前まで先頭集団に残った女子4位の史立瑩選手は初のサブ30です。

https://weibo.com/7047673207/Kaom4EFcN?from=page_1006067047673207_profile&wvr=6&mod=weibotime&type=comment#_rnd1618116004686

易居からはマラソン選手5人が代表資格を獲得しました。
このほか、クラブメンバーで先ごろ従来の20km競歩世界記録を上回った劉虹選手と同じく中国記録を更新した3000mSCの張新艶選手も事実上内定でしょう。


○COLMO洗衣機無錫馬拉松(4/11)
https://wuximarathon.com/

男子
1  李子成 2:16:19
2  関思楊 2:16:20
3  岑万江 2:17:01
女子
1  丁常琴 2:32:45
2  楊花  2:40:39
3  王悦  2:47:17
 

80年代のレース、厦門、徐州

 投稿者:すまろう  投稿日:2021年 4月10日(土)21時56分48秒 116-65-242-68.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  HEYTAKさん

たくさんご紹介くださりありがとうございます。

83年福岡、トップクラスが40km手前まで数人も残る大会は見応えがありますね。Ikangaa選手・瀬古選手の抜け出しも見事でした。Mekonnen選手はこの年4度目のマラソンですか。
そして第4コーナーからの瀬古選手が圧巻でした。

86年東京、面白いレースでした。
中盤で5km14分台連発の展開、野心的に集団を抜け出すDinsamo選手・Mekonnen選手、終盤の主導権を握るIkangaa選手と粘る中山選手など、見どころばかりでした。あの展開でも2位3位のDinsamo・Mekonnen両選手、強いですね。
Mekonnen選手、日本にいらっしゃるうちに専門誌でインタビューなど読めたらと思っているのですが……

85年広島W杯、中山選手が集団の中で走る姿には少し不思議な気もしましたが、まだ中山選手がホープの時期でこれが初のサブ10だったことを考えると納得でしょうか。当時の世界最高ペースだったのですね。
Ahmed Saleh選手と並ぶくらい長身の中山選手。黄永祚選手が「背が高くてかっこよかった」と中山選手への憧れを口にしていたのを思い出しました。
Saleh選手は余裕のレース運びでした。

87年福岡は別の機会に申し上げます。




○建発厦門馬拉松(4/10)
https://www.xmim.org/homes/static/home.html?locale=zh_CN
Top 10
https://www.xmim.org/homes/clomunDetails.html?color=0068b7&imgDocId=40288d8678b43cab0178bbbc6e610058

Top 12
https://weibo.com/1895876352/Kaea8dB46?from=page_1006061895876352&type=comment#_rnd1618057563705
https://weibo.com/1895876352/Kaeif5Yyy?from=page_1006061895876352&type=comment#_rnd1618057649236

中国ランナーのみの大会として実施。

Official Manual
https://www.xmim.org/homes/regnotice.html?relevancyMenu=ff80818175d5190a0175e49aa81402e8&color=01b4bb



○江蘇銀行・徐州馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)・奥運会馬拉松選抜賽(4/11)
http://www.xuzhoumarathon.cn/
http://www.xuzhoumarathon.cn/html/guicheng.html

https://weibo.com/5693194807/K9X84dN24?type=comment#_rnd1618058370656  ※Elite
(4/8)
一?定?? ?拉松奥运?拔?最全??指南
https://sports.sina.com.cn/run/2021-04-08/doc-ikmyaawa8466246.shtml
(新浪網/特歩跑歩 4/8)  ※展望
?京奥运会?拉松?拔??灯 大众跑者能上奥运会??
https://sports.sina.com.cn/run/2021-04-02/doc-ikmyaawa4231449.shtml
(新浪網/北京青年報 4/2)  ※展望 五輪代表選考要項の引用あり


○Xiamen Marathon & Tuscany Camp Global Elite Race(Ampugnano, ITA 4/11)
https://drive.google.com/drive/folders/16DfFjs_4mC0pJGsbTwjknA_Cea1y1Hlv
https://tds.sport/it/race/12028

この豪華なメンバーは、1月から4月に延期になったElite Platinum Labelの厦門で集めた外国選手が結局厦門出場を認められず同じ日のイタリアのレースにスライドした(レースを設定した?)ということでしょうか。
 

福岡国際マラソンベスト3

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2021年 3月29日(月)21時14分5秒 124-144-90-131.rev.home.ne.jp
返信・引用
  〇くろまきさん

私が選ぶと①1983②1987③1979でしょうか…(五輪代表選考ばっかだ…)
1983年大会は初めてテレビで最初から最後までちゃんと見た大会で、激レースにしびれました。
瀬古さんはイカンガーに勝てないのではないかとラストの競技場直線まで思ったものです。
1987年大会は瀬古さん不参加に端を発するスタート前の異様な雰囲気がとにかく印象に残ってますが、
中山さんの驚異的ペースでの独走がそれを吹き飛ばしてくれたと思います。
1979年大会は部分的鑑賞になりますが、瀬古さん宗さん兄弟の競技場まで持ち込まれた争いが見応えありました。
リアルタイムでちゃんと見ていたらもっと上位だったかも…
クレイトン、ショーター、ドレイトンといった海外の強豪もリアルタイムで見られていたら…と思います。

〇すまろうさん

youtubeで「1987 福岡国際マラソン」で検索するだけで色々出てきます。

1987年福岡国際マラソン(比較的長時間です)↓

https://www.youtube.com/watch?v=4eiYCJj9n00&t=3407s

1983年福岡国際マラソン(20分程度ですが上手い編集で楽しめます)↓

https://www.youtube.com/watch?v=flRinYi-4eg

1986年東京国際マラソン(33分程度ロペスは期待倒れでしたがレースはなかなか面白かったです)

https://www.youtube.com/watch?v=Zm10bRtI_VU

1985年広島ワールドカップマラソン(19分程度ですがこれもなかなか楽しめます)

https://www.youtube.com/watch?v=-oFya8DtVOE
 

福岡

 投稿者:すまろう  投稿日:2021年 3月27日(土)18時39分31秒 116-65-242-68.rev.home.ne.jp
返信・引用
  「国際マラソン選手権大会」と名乗ることができる大会が(のちに世界選手権が創設されたので事情は異なりますが)今後現れるかどうか。寂しいです。

当時87年大会も見ていたはずですが、録画もしておらず残念ながら記憶がほぼありません。
Ceron選手が終盤の強さを見せつけ印象的な選手が何人も10分台でフィニッシュした93年大会、藤田選手日本最高の2000年大会、そしてレースそのものの魅力とは違ってエントリー選手の話になりますが、その年春の主要海外マラソン上位、別大とびわ湖の優勝者、さらにバルセロナ五輪入賞Salah Kokaich選手までそろえた92年大会が特に忘れられません。

 

びわ湖に続き福岡までが

 投稿者:くろまき  投稿日:2021年 3月27日(土)09時05分9秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用
  また一つマラソン大会が消えていくことになりました。それもあの「福岡」が。

もちろん、「事実上の世界選手権」といっても許される内容を誇っていた、あの「福岡」ではとうになくなっていましたし、駅伝シーズンのとの兼ね合いで国内の有力ランナーの参加も少なくなっていた近年の状況を考えれば、今回の発表は「青天の霹靂」ではありません。

それでも、経済的な理由(記事によれば)でびわ湖に続き「伝統」を誇る大会がこうもあっさりと終わりを告げざるを得ないというのはさびしいことです。日本経済の低迷(コロナ禍が追い打ちをかけた)がいろいろな場面で「伝統の維持」を難しくしてるのですね。

雁ノ巣、名島橋、大濠公園、行ったこともない福岡の地名をいつの間にか覚えてしまった福岡のレース。せめて記憶の中にはこの後もとどめておきたいもの。

数多くの忘れられないレースが福岡ではありました。そのなかで私が選ぶ3大レースは、何度も書かせてもらった史上初のサブ10レースの67年、瀬古、宗兄弟、伊藤、喜多らがオリンピック代表をかけ争った83年、氷雨中の中山の激走の87年。皆さんにとってはどうでしょうか。
 

鈴木健吾選手のびわ湖終盤のペース

 投稿者:すまろう  投稿日:2021年 3月 6日(土)22時21分21秒 116-65-242-68.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  鈴木健吾選手の日本記録にはしびれましたね。

目を引いたのはやはり終盤のペースアップです。
テレビ中継が字幕で報告した終盤1kmラップにあわせて、その1kmラップで残り距離を走破した場合のフィニッシュ予想を書き出してみます。

36km 1:47:05 3:04→2:06:05
37km 1:49:58 2:53→2:04:57
38km 1:52:50 2:52→2:04:52
39km 1:55:41 2:51→2:04:47
40km 1:58:40 2:59→2:05:13
41km 2:01:31 2:51→2:04:55
※30~40km 14:39 40kmからの残りを5km14:39ペースで走った場合のフィニッシュ予想2:05:06


WTW: The Japanese Men and Athing Mu Run Fast, NAU Loses and Much More
https://www.letsrun.com/news/2021/03/wtw-the-japanese-men-and-athing-mu-run-fast-nau-loses-and-much-more//
(LetsRun 3/1)

?木健吾?新?? 日本?拉松?入“204”?代  ※鈴木健吾、新記録達成 日本マラソン2:04時代へ
https://sports.sina.com.cn/run/2021-02-28/doc-ikftssap9209570.shtml
(新浪網/新京報 2/28)
8年47秒,川内??追逐的梦? ※8年で47秒、川内優輝が追う夢とは?
https://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309404610994742624389#_0
(3/4)


○江蘇銀行・徐州馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)・奥運会馬拉松選抜賽(4/11)
http://www.xuzhoumarathon.cn/
http://www.xuzhoumarathon.cn/html/guicheng.html

徐州の開催時期はこれまで3月でしたが、今年は4月11日に開催と大会サイトで公表されました。五輪選考会もかねて実施です。
なおこの前日4/10にはWorld Athletics Road Race Elite Platinum Labelを獲得した厦門マラソンが開催予定。


李芷萱解决注册??,管油?重返体制内! ※李芷萱の陸連登録問題解決 管油勝「体制内」に復帰
https://k.sina.com.cn/article_5693194807_15357423701900xl98.html
(新浪跑歩 2/1)

内蒙古チーム離脱以降移籍がスムーズに進まなかった李芷萱選手でしたが、上海チームとして陸連に登録復帰となりました。
今年は全国運動会の開催年です。
 

/186