投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 12月マカオマラソン参加仲間募ってます(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2017年ホノルルマラソンの記録がノーカウント扱いなのは?

 投稿者:くろまき  投稿日:2020年 2月17日(月)15時06分49秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  WA(IAAF)のサイトを見ていると、各ランナーの過去の成績を示している中で、UNC(アンカウント?)の記号が時々ついていて、その場合タイムリストからは除かれており無効扱いとなっています。

2018年のアブダビ(Abu Dhabi)などはショートコースの報道があるのでわかるのですが、特に報道がない(ネットで検索しても不明)場合、なぜ無効扱いにされたのかがわかりません。

たとえばホノルル、2017年に男女とも大会新(2.08.27 2.22.15)がでて、1位のタイムがホノルルにしては良かったとは思いましたが、2位以下はさほどではなく、1位のLawrence Cherono(女)Brigit Kosgei二人とも出して不思議のないタイムで、ショートコースだったとは思えません。

さらに、AllTime Track&Fields Performancesのリストからは2018,19年にTitus Ekiruが出したタイムもリストから外れており(WAの方はリストにあるのですが)2017年以降のホノルルマラソンを認めていないようです。

私がつかんでいないだけかもしれませんが、どなたか無効になった理由をご存じですか。

 

マラソン歴(hirachanさんの指摘を受けさらに訂正)

 投稿者:くろまき  投稿日:2020年 2月16日(日)19時17分43秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  hirachanさんへ ご無沙汰しております。訂正ありがとうございます。
少し調べればわかる日付をさぼっていたことでもお分かりのように、最近は抜けが多くなりました。

山口遥
2:48:35  4位 11.11.27 つくば
2:50:40 32位 12.02.26 東京
2:59:43 51位 12.11.18 横浜
2:54:55 34位 13.01.27 大阪
2:51:47 26位 13.02.24 東京
2:55:50 21位 13.11.17 横浜
2:41:56  1位 14.02.02 大分
2:46:03 18位 14.02.23 東京
2:54:23  1位 14.08.24 ヌメア
2:45:34  3位 14.10.26 大阪
2:42:33 14位 14.11.16 横浜
2:44:55  1位 14.12.14 奈良
2:58:30 58位 15.02.22 東京
2:52:58  1位 15.08.23 ヌメア
2:49:54  7位 15.10.25 大阪
2:46:59 11位 15.11.15 さいたま
2:58:39  2位 15.12.13 奈良
2:48:27  2位 16.02.07 大分
2:55:39 35位 16.02.28 東京
2:52:30 12位 16.11.13 さいたま
2:47:53  1位 16.12.11 奈良
2:51:22  8位 16.12.18 台北
2:40:31  1位 17.02.05 大分
2:43:17 18位 17.02.26 東京
2:43:58 31位 17.03.12 名古屋
2:42:20  1位 17.08.27 ヌメア
2:38:43  7位 17.11.26 大阪
2:47:22  2位 17.12.10 奈良
2:38:18  2位 18.02.04 大分
2:39:42 15位 18.02.25 東京
2:43:26  9位 18.08.26 札幌
2:34:12  2位 18.11.25 大阪
2:40:50  1位 18.12.09 奈良
2:42:39  9位 19.01.06 Xiamen
2:36:51  1位 19.02.03 大分
2:33:41 15位 19.03.03 東京
2:34:04  2位 19.06.01 ストックホルム
2:36:56  1位 19.08.25 ヌメア
2:33:09  4位 19.09.15 シドニー
2:27:39  1位 19.11.17 神戸
2:37:29  5位 19.12.01 シンガポール
2:33:22  1位 19.12.08 奈良
2:26:35  8位 20.01.26 大阪

兼重(里中)志帆
2:47:22  6位 16.10.30 大阪
2:44:27  1位 16.11.20 つくば
2:46:38 14位 17.08.27 札幌
2:44:44 10位 17.11.26 大阪
2:50:42 29位 18.02.25 東京
2:41:38  3位 18.10.13 水戸
2:40:49 23位 19.01.27 大阪
2:36:37 19位 19.03.03 東京
2:33:16 14位 19.10.13 シカゴ
2:31:16  5位 19.11.17 神戸
2:28:51 16位 20.01.26 大阪
 

山口遥、兼重志帆のマラソン歴(追加)

 投稿者:hirachan  投稿日:2020年 2月16日(日)12時31分47秒 M106072132032.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  みなさん、お久しぶりです。

お二人とも、記録の伸びがすごいですね。
レースに出る回数も多いので、今後も楽しみです。

いくつか追加が見つかりました。

山口遥
2:59:43 51位 12.11.18 横浜
2:55:50 21位 13.11.17 横浜
2:55:39 35位 16.02.28 東京
2:52:30 12位 16.11.13 さいたま

以下、記録が違っているようです。
2:43:36 31位 17.03.12 名古屋 → 記録は2:43:58
2:43:56  9位 18.08.26 札幌  → 記録は2:43:26

以下、日付の変更お願いします。
2:42:20  1位 17.08.-- ヌメア   → 日付は17.08.27

兼重(里中)志帆(生年月日は、世界陸連のページでは1989.6.7)
2:46:38 14位 17.08.27 札幌

以下、日付の変更お願いします。
2:44:27  1位 16.11.-- つくば → 日付は16.11.20

よろしくお願いします。
 

山口遥のマラソン歴(すまろうさんのご指摘を受け訂正)

 投稿者:くろまき  投稿日:2020年 2月13日(木)20時40分56秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用
  すまろうさん、ありがとうございます。

山口遥
2:48:35  4位 11.11.27 つくば
2:50:40 32位 12.02.26 東京
2:54:55 34位 13.01.27 大阪
2:51:47 26位 13.02.24 東京
2:41:56  1位 14.02.02 大分
2:46:03 18位 14.02.23 東京
2:54:23  1位 14.08.24 ヌメア
2:45:34  3位 14.10.26 大阪
2:42:33 14位 14.11.16 横浜
2:44:55  1位 14.12.14 奈良
2:58:30 58位 15.02.22 東京
2:52:58  1位 15.08.23 ヌメア
2:49:54  7位 15.10.25 大阪
2:46:59 11位 15.11.15 さいたま
2:58:39  2位 15.12.13 奈良
2:48:27  2位 16.02.07 大分
2:47:53  1位 16.12.11 奈良
2:51:22  8位 16.12.18 台北
2:40:31  1位 17.02.05 大分
2:43:17 18位 17.02.26 東京
2:43:36 31位 17.03.12 名古屋
2:42:20  1位 17.08.-- ヌメア
2:38:43  7位 17.11.26 大阪
2:47:22  2位 17.12.10 奈良
2:38:18  2位 18.02.04 大分
2:39:42 15位 18.02.25 東京
2:43:56  9位 18.08.26 札幌
2:34:12  2位 18.11.25 大阪
2:40:50  1位 18.12.09 奈良
2:42:39  9位 19.01.06 Xiamen
2:36:51  1位 19.02.03 大分
2:33:41 15位 19.03.03 東京
2:34:04  2位 19.06.01 ストックホルム
2:36:56  1位 19.08.25 ヌメア
2:33:09  4位 19.09.15 シドニー
2:27:39  1位 19.11.17 神戸
2:37:29  5位 19.12.01 シンガポール
2:33:22  1位 19.12.08 奈良
2:26:35  8位 20.01.26 大阪
 

徐州

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 2月13日(木)20時27分45秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○徐州馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)・奥運会馬拉松選抜賽(3/22)
http://www.xuzhoumarathon.cn

延期通告 | 2020徐?将延期??
http://www.xuzhoumarathon.cn/html/page-19627.html
(2/13)

五輪選考会でもある徐州マラソンが大会サイトで延期の公告。

徐州?拉松宣布延期 奥运?拔?将成?数
https://sports.sina.com.cn/run/2020-02-13/doc-iimxxstf1044007.shtml
(新浪体育 2/13)
 

台北、武漢

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 2月11日(火)19時01分34秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  マラソン資料館ファンさん、くろまきさんへ

山口遥選手ですが、2016年台北マラソンの成績を確認しました。
2:51:22  8位 16.12.18 台北
https://www.sportsnet.org.tw/score_detail_utf8.php?Id=161
https://www.sportsnet.org.tw/score.php




○東風雷諾武漢馬拉松(4/12)  ※World Athletics Silver Label Road Race
http://www.wuhanmarathon.org

マラソン・ロードレースを含む4/30以前に開催予定の各種大会は、国家体育総局・省体育局の要求により延期または取消(中止)と湖北省陸協が発表。
これをうけて、4/12に開催予定の武漢マラソンは延期または取消の可能性に直面と湖北日報が報道。新浪跑歩の微博は延期または取消確定と報じています。
(大会サイトには該当発表は出ていません)
中国マラソンメジャーズ構成大会の1つでもあります。

2020年武??拉松,面?延期或取消可能!
http://news.cnhubei.com/content/2020-02/08/content_12704474.html
(荊楚網/湖北日報 2/8)

https://www.weibo.com/5693194807/IsXNPpbhA?refer_flag=1001030103
(新浪跑歩 2/6)

湖北田?最新公告:2020武??拉松将延期
https://sports.sina.com.cn/run/2020-02-06/doc-iimxxste9349758.shtml
(新郎体育 2/6)
 

山口遥、兼重志帆のマラソン歴

 投稿者:くろまき  投稿日:2020年 2月10日(月)12時22分23秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用
  マラソン資料館ファンさんへ

おっしゃるとおり、最近の成績の伸びには驚かされます。
とてもすべては把握できてないと思いますが、つかんでいる範囲で

山口遥
2:48:35  4位 11.11.27 つくば
2:50:40 32位 12.02.26 東京
2:54:55 34位 13.01.27 大阪
2:51:47 26位 13.02.24 東京
2:41:56  1位 14.02.02 大分
2:46:03 18位 14.02.23 東京
2:54:23  1位 14.08.24 ヌメア
2:45:34  3位 14.10.26 大阪
2:42:33 14位 14.11.16 横浜
2:44:55  1位 14.12.14 奈良
2:58:30 58位 15.02.22 東京
2:52:58  1位 15.08.23 ヌメア
2:49:54  7位 15.10.25 大阪
2:46:59 11位 15.11.15 さいたま
2:58:39  2位 15.12.13 奈良
2:48:27  2位 16.02.07 大分
2:47:53  1位 16.12.11 奈良
2:40:31  1位 17.02.05 大分
2:43:17 18位 17.02.26 東京
2:43:36 31位 17.03.12 名古屋
2:42:20  1位 17.08.-- ヌメア
2:38:43  7位 17.11.26 大阪
2:47:22  2位 17.12.10 奈良
2:38:18  2位 18.02.04 大分
2:39:42 15位 18.02.25 東京
2:43:56  9位 18.08.26 札幌
2:34:12  2位 18.11.25 大阪
2:40:50  1位 18.12.09 奈良
2:42:39  9位 19.01.06 Xiamen
2:36:51  1位 19.02.03 大分
2:33:41 15位 19.03.03 東京
2:34:04  2位 19.06.01 ストックホルム
2:36:56  1位 19.08.25 ヌメア
2:33:09  4位 19.09.15 シドニー
2:27:39  1位 19.11.17 神戸
2:37:29  5位 19.12.01 シンガポール
2:33:22  1位 19.12.08 奈良
2:26:35  8位 20.01.26 大阪

兼重(里中)志帆
2:47:22  6位 16.10.30 大阪
2:44:27  1位 16.11.-- つくば
2:44:44 10位 17.11.26 大阪
2:50:42 29位 18.02.25 東京
2:41:38  3位 18.10.13 水戸
2:40:49 23位 19.01.27 大阪
2:36:37 19位 19.03.03 東京
2:33:16 14位 19.10.13 シカゴ
2:31:16  5位 19.11.17 神戸
2:28:51 16位 20.01.26 大阪

 

“くろまき”様へ

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2020年 2月 8日(土)17時39分57秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  山口 遥(旧姓・大原 1987.7.7) PB 2:26:35(2020.1.26 大阪国際)
兼重志帆(旧姓・里中 1989.-.-) PB 2:28:51(2020.1.26 大阪国際)

上記の二選手の、これまでのマラソン歴が分かりましたらお教えください。

この二人のここ数年の記録の伸びには目を見張るものがありますが、お二人とも市民ランナーゆえにフルマラソンのキャリアがいつからなのか、どれくらいあるのかというのが把握できていません(ローカル大会や海外マラソンも相当数走っているのではないかと思います)。

よろしくお願いします。
 

丸亀

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 2月 2日(日)15時34分42秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  2/5追記
野口みずき育てた名伯楽、教え子の韓国選手が五輪へ
https://www.asahi.com/articles/ASN2461MGN24UTQP00H.html
(朝日新聞 2/4)
--------------------------------------------------------

○香川丸亀国際ハーフマラソン(2/2)
https://www.km-half.com
http://gold.jaic.org/kagawa/2020/2020KMIHM/kyougi.html

忠清北道陸上女帝Choi Kyung-Sun、ハーフマラソン韓国記録更新
http://www.jbnews.com/news/articleView.html?idxno=1277277
(中部毎日 2/2)
......................................
Choi Kyung-Sunは「1時間09分時のレースを展開するという計画だった」とし「後半17㎞から勝負を見る戦略が重要だった」と話した。 続いて「世界的なハーフマラソン記録は1時間6分台」と「一歩ずつ記録を成長させて、東京オリンピックでのメダルをかけることができるように最善を尽くしたい」と念を押した。
......................................


東京オリンピック狙ったマラソン代表、孫基禎記念館で発足式
https://www.yna.co.kr/view/AKR20180523179100007
(聯合ニュース 2018/5/23)

2018年のものですが、2020年五輪マラソン上位を目標に大韓陸連がマラソン代表選手団を結成という記事。
男子指導者にScott Simmons氏(USA)と金在龍監督、女子指導者にK-waterの監督と藤田信之氏。
女子代表選手はChoi Kyung-Sun選手、この年韓国マラソン記録を出したKim Do-Yeon選手など。
その後も引き続きこの体制かどうかは未確認です。
 

すまろうさん、くろまきさん、ありがとうございました。

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2020年 1月28日(火)01時01分4秒 124-144-95-197.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  やはりこういうネタはツイッターよりこちらと思いました。(^^;)
ロンドン五輪がダントツに多いのですね。

大阪国際女子マラソンの公式サイトに今年の結果が上がっていました。

https://www.osaka-marathon.jp/wp-content/uploads/2020_owm_result.pdf

今年の大阪は海外招待選手が全員完走し、しかも全員がサブ30を達成しました。
国内招待選手も2名の棄権があるものの完走者は全員26位以内と優秀です。
後続集団含めペースメーカーが良い仕事をし、後半随分ペースを上げた選手が何人かいたようです。

女子のMGCファイナルチャレンジは小原に代わって松田が暫定で代表3番手となりましたが、
名古屋でこれを超えるタイムが出る可能性は大いにあると思います。
 

やはりロンドン五輪が最多ですね

 投稿者:くろまき  投稿日:2020年 1月27日(月)22時34分33秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  HEYTAKさん、すまろうさんへ

すまろうさんがおっしゃるようにロンドン五輪の28人(失格となったGamera-Shmyrkoを入れると29人)が最多、2位が昨年の名古屋の18人、今度の大阪が11年のロンドン、15年のドバイと並んで3位と思われます。

ロンドン五輪の場合、1位が23分台で25分以内は4人(失格を入れても5人)しかいないのに下位の層の厚さでダントツの1位(サブ40は76人)となりました。

実は11年のロンドンは20人いたのですが、その後ロシア勢が3人も失格(Abitova,shobukhova、Konovalova)してしまいました。
 

17人がサブ30、豪華ですね

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 1月27日(月)21時21分23秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  最多かどうかはあれですが、ロンドン五輪でのち失格となった選手をのぞいても28位までサブ30というのがありました。
https://www.worldathletics.org/competitions/olympic-games/the-xxx-olympic-games-4871/results/women/marathon/final/result
去年の名古屋では18位までがサブ30でした。

それにしても17人が30分を切るとは壮観ですね。第2集団もいいペースを保って選手が力を発揮できたということでしょうか。
まだざっと見ですが、今年は外国招待選手もみんなサブ30の中にいるでしょうか?
Lisa WEIGHTMAN選手は30kmから16:57ー17:04ー7:22ですか。さすがです。
 

昨日の大阪国際女子マラソン

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2020年 1月27日(月)18時54分38秒 mno6-ppp743.docomo.sannet.ne.jp
返信・引用
  サブ30が17人出た模様です。 史上最多ということは無いと思いますが上位にくるのではないでしょうか。  

ボストン、大阪、常州

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 1月25日(土)20時19分51秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○Boston Marathon(4/20)
https://www.baa.org/races/boston-marathon

John Hancock Announces 2020 Boston Marathon Elite Team
75 ELITE ATHLETES, INCLUDING OLYMPIANS, PARALYMPIANS, WORLD CHAMPIONS, OLYMPIC MEDALISTS AND ABBOTT WORLD MARATHON MAJORS WINNERS, FROM 17 COUNTRIES INVITED FOR 124TH RUNNING ON APRIL 20
https://www.baa.org/john-hancock-announces-2020-boston-marathon-elite-team
(1/22)

大阪の持ちタイムナンバーワンHaftamnesh Tesfay選手、ナンバーツーMeskerem Assefa選手がいますね。


○大阪国際女子マラソン(1/26)

Katharina Steinruck beim Osaka-Marathon mit Olympia im Blick
https://www.leichtathletik.de/news/news/detail/72920-katharina-steinruck-beim-osaka-marathon-mit-olympia-im-blick
(Leichtathletik 1/24)

Katharina Steinruck選手の記事。
五輪で走れる証明として、6月末までにハーフ1:13:30かフル2:32:00を出しておくことが必要とのこと。
サンスポの記事↓にある、ドイツ陸連が設定した五輪派遣記録がこれですね。

母は浪速路V4レジェンド!スタインラック、東京五輪ドイツ代表へ独走よ 大阪国際女子マラソン26日号砲
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000020-sanspo-spo
(Yahoo!ニュース/サンケイスポーツ 1/23)


Tilastopajaは、昨年エチオピアから国籍変更したMelat Kejeta Yisak選手の2:23:57 Debut(2019Berlin)を2019年のドイツリスト1位としていますが、World Athleticsのリストでは Steinruck選手の2:27:26(2019Frankfurt)が2019年のドイツ1位ですね。Yisak選手のプロフィールでも国籍はエチオピアのままです。
Yisak選手も五輪出場を希望しているようですが、間に合いますでしょうか。



中国?拉松?肯尼????? 力争奥运会跑?前八  ※中国マラソンチーム、ケニアでトレーニング 五輪Top8へ
http://sports.cri.cn/20200122/47eef86f-a2e1-6867-5dbb-586d552638f6.html
(CMG(Voice of China) 1/23)

We have had a great media week in Kenya with journalists from all over the world, thank you for visiting us!
https://twitter.com/NNRunningTeam/status/1218106755185594369
(NN Running Team 1/17)

Kipchoge: Bring on Bekele, sport is about challenges
https://www.nation.co.ke/sports/athletics/Eliud-Kipchoge-Bring-on-Bekele-sport-is-about-challenges/1100-5423314-1g63moz/index.html
(Daily Nation 1/19)

NN Running Team/GSCの取材日に中国メディアも参加。
この日董国建選手・彭建華選手はEldoretで当地のランナー3~40名とインターバルトレーニング。
最前面にKipchoge選手。
週3度Kipchoge選手たちと練習するとのことです。
董国建選手は五輪でナショナルレコードを破り、Top8に入りたいとコメント。

Kipchoge選手
「一緒に練習し、意見交換もできる。年齢、人種、肌の色が違う人々がともに練習するのはいいこと。技術交流もできる。中国のように、米国など各国の選手もここで練習するといい。外国選手の練習のためにスタッフを用意することも可能」


○中国馬拉松精英排名賽曁我要上奥運万人賽(江蘇・常州 4/19)
https://www.carmmarathon.com/

陸連登録未経験者が五輪マラソン代表枠やナショナルチームの練習参加権を獲得できる企画として2018年にスタートした「我要上奥運」の総決算となる大会です。China Annual Ranking Marathonの英名がついています。
参加資格があるのは「我要上奥運」の企画で「万人大名単」に登録された1万人+応募者より抽選で2000人。
事情の変化でこの大会で上位になっても五輪代表は難しいと思いますが、ナショナルチーム合宿への参加は可能な模様。

田??急通知:4月30日前要??的?拉松?注意
https://sports.sina.com.cn/run/2020-01-23/doc-iihnzhha4276135.shtml
(新浪網/体育綜合 1/23)
?于加???拉松?事新型冠状病毒防控工作的通知
http://www.runchina.org.cn/portal.php?mod=download&id=264
(中国馬拉松/中国陸連 1/23)
?防控新型冠状病毒感染的肺炎疫情,多??拉松等大型体育活?将延期或取消
https://tech.sina.com.cn/roll/2020-01-24/doc-iihnzhha4452734.shtml
(新浪科技 1/24)

しかし、新型コロナウイルス発生でまた状況が変わってしまうかもしれません。

新型コロナウイルスの予防・管理のため、4/30以前に開催の大会に対し、陸連が開催地変更・延期・取消も視野に対策確認を指示。
無錫・香港など実際に延期や取消になった大会もあります。
体育綜合の記事は2月から4月までの大会リストつき。大会数が本当に多いです。
4/19の常州の大会も、3/23の徐州(五輪選考会)もこの時期に含まれます。
 

ロンドン、ヒューストン、トリーア

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 1月18日(土)11時12分45秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○Virgin Money London Marathon(4/26)

It's on! Bekele takes on Kipchoge at the 2020 Virgin Money London Marathon
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/news-media/latest-news/item/it-s-on-bekele-takes-on-kipchoge-at-the-2020-virgin-money-london-marathon/
(1/17)
https://london-marathon.s3.amazonaws.com/vmlm2014/live/uploads/cms_page_media/1093/2020_Elite_week_fields.pdf  ※2020 Elite Field


○Chevron Houston Marathon(1/19)
○Aramco Houston Half Marathon(1/19)
https://www.chevronhoustonmarathon.com

2020 Houston Marathon Elite Athlete Field
https://www.chevronhoustonmarathon.com/2020-houston-marathon-elite-athlete-field-2/
(1/7 Elite Field as of Jan. 12, 2020)


○Bitburger 0,0% Silvesterlauf(男子8km 女子5km Trier, GER 2019/12/31)
http://silvesterlauf.de/event/silvesterlauf/
https://www.chiplauf.de/api/pdf/results?id=3361&lang=de

31.12.19 - 30. Bitburger 0,0% Silvesterlauf Trier
https://www.laufreport.de/bericht/1219/trier-silvesterlauf.htm
(Lauftreff.de)

Katharina Steinruck選手が1秒差で優勝。
大会出場経験のあるKatrin Dörre-Heinig選手、Irina Mikitenko選手もレース前の記者会見に出席。

Katharina Steinruck läuft im Januar den Osaka-Marathon
https://www.leichtathletik.de/news/news/detail/72819-katharina-steinruck-laeuft-im-januar-den-osaka-marathon
(Leichtathletik.de 2019/12/21)
1月はスペインで合宿。
大阪ではPBと同じくらいかもう少し速いタイムが目標と。
 

御礼

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2020年 1月13日(月)14時48分29秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  "HEYTAK"様、"すまろう"様、"くろまき"様

田中華絵さんのマラソン歴の補充、ありがとうございました。
 

マラソン元世界記録保持者キプサング、ドーピングで暫定的に資格停止

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2020年 1月11日(土)19時55分5秒 124-144-95-197.rev.home.ne.jp
返信・引用
  新年早々残念なニュースが入ってきました。
過去の記録はどこまで抹消されるでしょうか…

https://www.afpbb.com/articles/-/3263086
 

厦門速報

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 1月 5日(日)13時08分1秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  大会サイトに男女Top20が出ましたね。
楊定宏選手は9位、 李芷萱選手・何引麗選手はそれぞれ10位と11位。
16位に2:49:10でVolha Mazuronak選手。
http://www.xmim.org/homes/clomunDetails.html?color=dc3b1d&imgDocId=ff8081816f6f9090016f74c6da3e00bd
------------------------

○建発厦門馬拉松(1/5)
http://www.xmim.org/homes/home.html

https://www.weibo.com/3156320714/Io3szCmGR?refer_flag=1001030103
男子
1. Birhan Tesfaye Nebebew (ETH) 2:08:16
2. Reuben Kiprop Kerio (KEN) 2:08:46
3. Girmay Birhanu Gebru (ETH) 2:08:52
4. Abdisa Teshome Duber (ETH) 2:10:21
5. Dejene Debela Gonfa  (ETH) 2:11:07
6. Robert Kipkorir Kwanbai (KEN) 2:11:10
7. Mohamed Ziani (MAR) 2:11:15
8. Seroi Anderson Saitoti (KEN) 2:13:47
  楊定宏 (CHN) 2:13:50 ※Net Time
女子
1. Medina Deme Armino (ETH) 2:26:12
2. Mesera Hussen Dubsio (ETH) 2:26:28
3. Afera Godfay Berha (ETH) 2:26:42
4. Hiwot Ayalew Yemer (ETH) ) 2:26:54
5. Yebrgual Melese Arage (ETH) 2:27:03
6. Birhan Mhretu Gebrekidan (ETH) 2:27:20
7. Tsehay Gebre Getiso (ETH) 2:27:22
8. Zinash Debebe Getachew (ETH) 2:27:41
  李芷萱 (CHN) 2:32:44 ※Net Time
  何引麗 (CHN) 2:33:40 ※Net Time

Shura Kitata Tola選手、Salah Eddine Bounasr選手も序盤には集団にいました。とくにKitata選手は先頭をうかがう走りでしたが、DNFでしょうか。
とりあえず選手面では、エントリーリストの選手・スタートした選手ともにプラチナラベルの条件はみたしたと思いますが、どうなりますでしょうか。
中国の大会では上海、厦門がプラチナラベル獲得に意欲的です。

昨年末に発表された中国籍Eliteのリストが豪華でしたが、3日の陸連通知の影響か、通知に名前があった有力選手は少なくとも中国籍上位にはいないようです。

大会の正式発表ではないのでしょうが、スタート直前の厦門市の気温15.3℃、湿度98%の記事もありました。
https://www.weibo.com/2109185642/Io25MfgsJ?refer_flag=1001030103
(厦門網 1/5)
 

厦門、ドバイ、ムンバイ

 投稿者:すまろう  投稿日:2020年 1月 4日(土)16時52分21秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  厦門のLiveはここで見ることができます。
http://news.xmnn.cn/gdbd/live30/index.shtml
------------------------------

○建発厦門馬拉松(1/5)
http://www.xmim.org/homes/home.html

2020建?厦??拉松?特邀运??名?  ※2020建発厦門マラソンElite List
http://www.xmim.org/homes/clomunDetails.html?color=dc3b1d&imgDocId=ff8081816f4148b1016f454892d0000c

このあたりでLiveがいければ……
https://www.55zhibo.com/zonghe/tiyu/live-26874.html
http://www.78zhibo.com/h/l/2020/0105/83225.html

厦?前瞻:???冲奥运达?? 李芷萱PK何引?  ※厦門展望:楊紹輝、標準記録突破へ 李芷萱VS何引麗
http://www.sohu.com/a/364622728_314192
(捜狐跑歩 1/4)

厦?逐“?”大?黄了?众多高手或都无法参加! ※厦門の大一番、実現ならず? 複数選手に出場不可の可能性も
https://k.sina.com.cn/article_5899395856_15fa1a31001900n9sl.html?cre=tianyi&mod=pcpager_focus&loc=2&r=9&rfunc=62&tj=none&tr=9
(新浪網 1/4)

厦門の豪華な中国籍Elite Listに驚いていたところ、↑こちらの記事が3日付陸連通知を報道。
いわく「適切に2020年五輪にむけて準備し選手に選考会参加のための十分な準備を与えるため、一部優秀選手の大会参加について、陸連の書面同意を得て参加可能とするなど厳格に管理することを決定。同意なく参加の場合は選考会参加資格を取り消す」と。

たしかに出ています↓。
そしてこの通知があげる該当選手は、一部の厦門出場予定者や西蔵チームの選手を含んでいます。
合宿の通知でも名前を見た面々ですね。

?于加??拉松?目部分?秀运??参?管理的通知
http://www.athletics.org.cn/marathon/tzgg/2020/0103/308377.html
(中国陸連 1/3)



藏族跑者多布杰:?京奥运会?拉松力争?前八
http://sports.xinhuanet.com/c/2020-01/03/c_1125417798.htm
(新華網体育 1/3)
Chinese marathoner Duobujie targets top 8 at Tokyo Olympics
http://www.xinhuanet.com/english/2020-01/03/c_138676232.htm
(Xinhua 1/3)

アフリカ合宿に向かう前の多布傑選手に新華社が単独インタビュー。
2つめの記事はその英語版です。

10分台で優勝した2019徐州前の合宿で一緒に練習した選手としてあげられている中のLelisa Desisa選手はHaji Adillo Robaコーチの縁でと見当がつきますが、Kenenisa Bekele選手の名前もありますね。
「Since 2013, Duobujie has trained in Africa for several months a year.」は陸連が実施した(実施中の)「高地人材開発計画(高原人才開発計画)」の一環となります。

国外の英文記事ではしばしばDuo Bujieと表記される多布傑選手ですが、おそらく多布傑でひとまとまりの名前だと思われます。XinhuaではDuobujieの表記です。(もっと言うと、漢字表記に左右されない固有名があるのでしょう)


○Standard Chartered Dubai Marathon(1/24)
http://www.dubaimarathon.org/

Elite Men Athletes 2020
http://www.dubaimarathon.org/news-media/elite-men-athletes/
Elite Women Athletes 2020
http://www.dubaimarathon.org/news-media/elite-women-athletes/


○Tata Mumbai Marathon(1/19)
https://tatamumbaimarathon.procam.in

ELITE ATHLETES
https://tatamumbaimarathon.procam.in/race-categories/marathon/information/elite-athletes
 

Kipchogeが2年連続のAthlete of the year

 投稿者:くろまき  投稿日:2019年12月31日(火)17時42分58秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用
  昨年、Kipchogeが男子マラソンランナーとして初めてIAAF(現WA)のAthlete of the year(年間最優秀選手)に選出されたことを伝えましたが、今年も彼が選ばれ2年連続の快挙となりました。

最大の「理由」はやはり非公認とはいえ、2時間切りの達成でしょう。オリンピック種目では世界新記録が一つも誕生しなかったことも、「選出の後押し」になったと思います。

ただ、「どんな手を使ってでも達成させよう」(もちろん、それを可能にするだけの走力がKipchogeにあったからですが)とはいえ、あまりのやり方に、「もうこれは陸上競技ではない」と思ったのも事実です。

多数のペースメーカーの存在は昨今の流れからまだいいとして(本来ペースメーカーはルールを厳密に解釈すればアウト)、そのペースメーキングのため一定の速度で光が点滅する装置がコース脇に設置されていたとなると、「これはちょっと」と思います。

もちろん、主催者の思惑は「2時間切りの事実の前にはそんな批判は無用」というものでしょうし、繰り返しになりますがKipchogeが自分の脚で達成したことは間違いのないことで彼が稀代のランナーであることを示してくれたわけではありますが。


 

厦門

 投稿者:すまろう  投稿日:2019年12月30日(月)18時31分19秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○建発厦門馬拉松(2020/1/5)
http://www.xmim.org/homes/home.html

2020建?厦??拉松《官方手册》?子版
http://www.xmim.org/homes/regnotice.html?color=0&relevancyMenu=ff8081816f4148b1016f46c24df90021&locale=zh_CN
2020 C&D Xiamen Marathon Official Manual
http://www.xmim.org/homes/clomunDetails.html?color=dc3b1d&imgDocId=ff8081816f4148b1016f5247e042011c

中国語版のOfficial Manualから招待Elite、中国籍Eliteのリストが確認できます。
中国籍Eliteには名前がありませんでしたが、李芷萱選手がBib23として招待Eliteのリストにいます。

プラチナステータスの選手が男女3名ずつ計6名、ゴールドの選手が同じく5名ずつ計10名いますね。
 

中国陸連マラソン合宿通知12/27付版など

 投稿者:すまろう  投稿日:2019年12月30日(月)01時38分23秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  くろまきさんへ

くろまきさん、ご確認ご教示ありがとうございます。
はい、Caitriona Jennings選手のWorld Athletics Profileにはロッテルダムの記載がないですよね。
あらためて確認しました。ご教示いただいたように彼女は40kmとハーフ通過のタイム記載がないですね。



?于???拉松?目集??外?通知    ※マラソン種目合宿外国練習通知
http://www.athletics.org.cn/marathon/tzgg/2019/1227/304986.html
(中国陸連 12/27)

期間:2019/12/29ー2020/3/20
場所:北京オリンピックスポーツセンター、ケニア外国合宿など
外国コーチ:Patrick Sang
中国コーチ:董国建(兼 雲南)
男子選手:董国建(雲南)、彭建華(江西)、楊楽(江蘇)、趙長虹(貴州)、許王(遼寧)
女子選手:李丹(遼寧)、張徳順(雲南)、潘銀麗(雲南)、羅霞(雲南)、夏雨雨(清華大学)、馬玉貴(八一(=解放軍))
科学研究スタッフ:董維鵬(長春師範大学)
健康・体力スタッフ:于興邦(長春師範大学)


↓こちらで紹介した10/18付の通知とメンバーの異同がありますが、詳細は未確認です。
今回の通知に記載のない西蔵チームの選手たちも例年通りエチオピア合宿を張っているものと思いますし、10月の陸連通知に記載があった以上西蔵チーム単独ではなく中国陸連も支援ないし関与する形での合宿と推測していますが。
五輪選考会は3/22の徐州となります。
https://8021.teacup.com/kanchan/bbs/8993


https://www.weibo.com/7047673207/ImGLleiaK?from=page_1006067047673207
(易居馬拉松倶楽部 12/27)

成都で標準記録突破目前までいった楊紹輝選手も易居マラソンクラブに加入。
(といっても成都の結果がまだWorld Athleticsに反映されていません(;_;)。AIMS公認はすでに受けている大会です。なお3月の徐州の結果がIAAFサイトに反映されたのはかなりあとのこと、世界選手権直前くらいにようやくでした)
 

田中華絵のロッテルダム順位

 投稿者:くろまき  投稿日:2019年12月29日(日)23時14分28秒 fp5cca7568.knge205.ap.nuro.jp
返信・引用 編集済
  すまろうさん、HEYTAKさんへ

なぜかはわかりませんが、すまろうさんのおっしゃる通り、WA(IAAF)のタイムリストでは16位に入っていたJenningsが除かれ、以下の順位が1位ずつ繰り上がり、田中華絵の順位が18位(resultのページではすまろうさんもチェックされた通り19位のまま)になっています。

resultのページは大会からのファイルでの報告をそのまま載せているので訂正が困難なことを考えれば、WAの立場はタイムリストの方に現れている、とみるべきで、何らかの理由でJenningsのロッテルダムの記録は無効とされたのでしょう。(ロッテルダムの40Kのタイムが彼女だけ空白なのがそれと関係している?)

そして、このことは彼女(Jennings)のプロフィルのリザルトにロッテルダムのことが書かれていないことからも裏付けられるのではないでしょうか。(ほかのランナーは出場したラベルレースすべての結果が出ている)


資生堂のサイトに17位とされている理由は私にはわかりません。憶測をたくましくすれば、彼女より上位に40歳以上のランナーが2人います。40歳以上をマスターズとして、別建てで表彰される例は結構あり、順位もオーバーオールの順位と別に、40歳以上、未満とカテゴリーを分けて発表される場合があるので、それかもしれません(あくまでも憶測)
 

HEYTAKさんへ

 投稿者:すまろう  投稿日:2019年12月28日(土)16時16分11秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  HEYTAKさん、田中選手の順位について資生堂サイトに17位の報告がある旨ご教示ありがとうございます。

高島選手のハンブルクは大会サイトでも残念ながら途中棄権となっています。
https://hamburg.r.mikatiming.de/2019/?content=detail&fpid=search&pid=search&idp=00001715DBE18B000030C843&lang=EN_CAP&event=HML&event_main_group=custom.meeting.marathon&search%5Bname%5D=takashi&search_event=HML
 

Re: 田中華絵選手の2019ロッテルダム順位

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2019年12月28日(土)15時14分43秒 124-144-95-197.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.9003[元記事へ]

すまろうさんへのお返事です。

> 大会サイトで確認しますと19位で出てきます。

チームのサイトに結果報告がありました。そちらでは17位です。↓
私のネタ元は某ファンサイトですが、そちらでも17位とありました。

http://run.shiseidogroup.jp/result/page/3/

高島さんはエントリーのみだった可能性もありますね。
 

田中華絵選手の2019ロッテルダム順位

 投稿者:すまろう  投稿日:2019年12月28日(土)14時33分46秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  大会サイトで確認しますと19位で出てきます。
https://results.sporthive.com/events/6509035005995656960/races/450996
https://results.sporthive.com/events/6509035005995656960/races/450996/bib/F7

一方、16位Caitriona Jennings選手(IRL)をはずして以下の順位を1つずつ繰り上げる報告もあります。
その報告に従うと田中選手は18位となります。

World Athleticsのロッテルダム結果では19位、田中選手プロフィールでは18位となっていますね。
https://media.aws.iaaf.org/competitiondocuments/pdf/6628/CompetitionResults6628.pdf?v=-381482646
https://www.worldathletics.org/athletes/japan/hanae-tanaka-231888

Caitriona Jennings選手について
How An Olympian Combines Marathon Running With High Pressure Job
https://www.balls.ie/fuel/caitriona-jennings-high-pressure-job-marathon-413482
(Balls.ie 9/11)


The 17th Asian Marathon Championships RESULTS
http://www.dongguan-marathon.cn/news-temp.html?id=1938
(東莞国際マラソンサイト 12/25)
 

Re: マラソン歴

 投稿者:HEYTAK  投稿日:2019年12月27日(金)00時08分33秒 124-144-95-197.rev.home.ne.jp
返信・引用
  > No.9001[元記事へ]

マラソン資料館ファンさんへのお返事です。

なぜかチームの公式HPで報告が無いですが、資生堂の二人は下記の走歴があるようです。
二人ともMGCのワイルドカード狙いですね。

田中華絵
2:39:55  17位 19.04.07 ロッテルダム

高島由香
棄権        19.04.28 ハンブルク
 

マラソン歴(2019.12.26現在)3

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2019年12月26日(木)17時51分35秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  上杉真穂(スターツ 1995.8.16)
2:31:49   8位 18.02.25 東京
2:34:00   6位 18.07.01 ゴールドコースト
2:28:02  16位 19.03.10 名古屋
2:31:57   2位 19.12.22 東莞・アジア選手権



和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント 1995.7.1)
2:33:37  27位 19.03.10 名古屋
2:33:44   1位 19.08.25 札幌
2:33:03   4位 19.12.22 東莞・アジア選手権

※2016世界ハーフマラソン代表



今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18)
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州
2:42:59  12位 17.08.27 札幌
2:35:13   3位 17.11.26 大阪
2:32:00   9位 18.02.25 東京
2:29:35   4位 18.12.09 さいたま *日本人1位
2:49:22   1位 19.11.08 プーケット
2:42:24  11位 19.12.01 大阪
2:48:30   9位 19.12.22 東莞・アジア選手権



水口(川内)侑子(デンソー~高山市陸協 1985.5.24)
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌
2:34:04   4位 17.08.27 札幌
2:32:14  17位 18.03.11 名古屋
2:36:59   9位 18.12.09 さいたま
2:33:57  28位 19.03.10 名古屋
2:41:28   1位 19.05.05 バンクーバー
2:55:26  22位 19.07.07 ゴールドコースト
2:45:34   2位 19.08.25 ヌメア
2:53:29   5位 19.12.15 防府

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝



吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津
2:15:04   2位 17.08.27 札幌
2:18:09  27位 18.02.04 大分
2:17:11  19位 19.08.25 札幌
2:11:13   2位 19.12.15 防府 *日本人1位



中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京
2:12:36   5位 17.12.17 防府
2:13:45  14位 18.02.04 大分
2:19:42   3位 18.07.01 函館
2:18:20  14位 18.08.26 札幌
2:12:22   3位 19.12.15 防府



須河宏紀(DeNA~サンベルクス~ヴォラレスポーツ 1991.6.16)
2:24:14  13位 14.07.06 ゴールドコースト
棄権       17.04.17 ボストン
2:11:46   1位 19.02.10 延岡
2:22:43   1位 19.10.27 富山
2:13:01   4位 19.12.15 防府



濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所~なんじぃAC 1988.7.4)
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野
2:16:18   6位 17.08.27 札幌
2:20:19   8位 17.10.15 ブエノスアイレス
2:20:30   1位 17.12.03 那覇
2:11:16   2位 17.12.17 防府
棄権       18.02.25 東京
2:25:42  16位 18.04.22 ロンドン
2:32:12  71位 18.08.26 札幌
2:18:10  25位 18.12.02 福岡(国際)
2:20:17   8位 18.12.16 防府
2:24:29  20位 19.01.06 アモイ
2:23:57  81位 19.03.03 東京
2:16:24   16位 19.08.25 札幌
2:22:48   1位 19.12.01 那覇
2:17:15  11位 19.12.15 防府



下門美春(第一生命~しまむら~ニトリ~埼玉陸協 1990.4.24)
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋
棄権       17.08.27 札幌
2:37:30   2位 17.11.23 大田原
2:37:18  25位 18.03.11 名古屋
2:29:38   4位 18.07.01 ゴールドコースト
2:34:21   7位 18.12.09 さいたま
2:33:34  26位 19.03.10 名古屋
2:36:30   6位 19.03.24 無錫
2:36:14  16位 19.04.28 ハンブルグ
2:45:23   4位 19.12.08 ホノルル

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝



田中華絵(第一生命グループ~資生堂 1990.2.12)
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪(国際)
2:32:16   3位 17.08.27 札幌
2:27:40   6位 18.03.11 名古屋
2:42:35   9位 18.08.26 ジャカルタ・アジア大会
2:43:20   1位 18.12.02 那覇
2:28:42   6位 19.01.27 大阪(国際)
2:42:20   1位 19.12.01 那覇

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル



寺田夏生(JR東日本 1981.8.30)
2:19:10  16位 17.08.27 札幌
2:15:09  14位 18.03.18 ソウル
2:18:33  35位 19.03.03 東京
2:10:55   5位 19.12.01 福岡(国際)



佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
棄権       17.12.03 福岡(国際)
2:08:58  10位 18.02.25 東京
2:09:18   6位 18.09.16 ベルリン
2:15:07  16位 19.03.03 東京
2:20:13  23位 19.09.15 東京(MGC)
2:14:56  15位 19.12.01 福岡(国際)

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表



福田穣(八千代工業~西鉄 1990.12.31)
2:19:06  35位 16.03.06 大津
2:16:30   9位 16.08.28 札幌
2:16:16  20位 17.02.05 大分
2:15:11   3位 17.08.27 札幌
2:18:16  23位 18.03.04 大津
2:09:52   3位 18.07.01 ゴールドコースト
2:21:28  29位 18.08.26 札幌
2:10:54   7位 18.12.02 福岡(国際)
棄権       19.03.03 東京
2:19:55  22位 19.09.15 東京(MGC)
2:10:33   3位 19.12.01 福岡(国際)



設楽啓太(コニカミノルタ~埼玉陸協~日立物流 1991.12.18)
2:28:29  79位 17.12.03 福岡
2:18:39  26位 18.03.04 大津
2:14:41  14位 19.03.03 東京
2:14:31  14位 19.12.01 福岡(国際)

※2016熊日30kmロードレース優勝



市田孝(旭化成 1992.6.16)
2:19:24  50位 17.02.26 東京
(ペースメイカー)    18.02.11 延岡
2:15:09  35位 18.02.25 東京
2:12:32  12位 18.12.02 福岡(国際)
2:19:05  29位 19.12.01 福岡(国際)

※2010・2011世界クロスカントリー代表



土井友里永(スターツ~富士通~千葉陸協 1988.12.08)
2:51:04   5位 16.11.23 大田原
2:41:27  25位 17.03.12 名古屋
2:36:28   6位 17.08.27 札幌
2:29:49  11位 18.03.11 名古屋
3:25:20  506位 19.03.03 東京
3:04:20  30位 19.11.17 神戸



竹ノ内佳樹(NTT西日本 1992.5.25)
2:13:33  11位 17.03.05 大津
2:10:01   7位 17.12.03 福岡(国際)
2:20:29  30位 18.03.04 大津
2:12:31   6位 19.09.15 東京(MGC)
2:11:18   8位 19.11.03 ニューヨーク



五郎谷俊(コモディイイダ 1993.3.31)
2:32:14   1位 18.04.08 グアム
3:24:27  663位 18.12.09 宮崎(青島) *他選手のペーサー
2:36:35   1位 19.03.10 与論
2:40:54   3位 19.04.14 グアム
2:29:23  22位 19.04.21 長野
2:36:56   2位 19.11.08 プーケット
2:23:40   9位 19.11.23 大田原
2:23:54   2位 19.12.08 宮崎(青島)

※2017・2018富士登山競走(山頂の部)優勝
※2018スカイランニング世界選手権代表



金子晃裕(コモディイイダ 1994.3.7)
2:22:49  12位 17.04.16 長野
2:18:26   3位 17.11.26 つくば
2:29:24  138位 18.02.25 東京
2:17:57   4位 18.11.25 大阪
2:17:29  28位 19.03.03 東京
2:17:06   7位 19.11.17 神戸



岡山春紀(東農大走好会~早稲田同好会~コモディイイダ 1994)
2:37:16   1位 15.04.26 佐渡
2:25:00   2位 15.11.22 つくば
2:28:20   3位 15.11.29 河口湖(富士山)
2:29:40  58位 16.02.07 大分
2:47:52  532位 16.02.28 東京
2:42:12   1位 16.04.16 サイパン
2:26:10   1位 16.10.09 新潟
棄権       16.10.30 水戸
2:24:56  43位 16.12.04 福岡
2:23:47  15位 16.12.18 防府
2:22:45   1位 17.02.19 熊本
2:22:57   1位 17.10.29 水戸
2:18:33   4位 17.11.26 つくば
2:23:00  15位 17.12.17 防府
2:26:02   5位 18.02.05 松山(愛媛)
2:26:24  109位 18.02.25 東京
2:29:28  36位 18.04.15 長野
2:24:36   8位 18.10.28 水戸
2:29:58   4位 18.11.23 大田原
2:27:17   5位 19.02.10 松山
2:30:25  153位 19.03.03 東京
2:28:16   9位 19.03.17 板橋
2:30:22  26位 19.04.21 長野
2:22:27   1位 19.11.10 国東
2:28:40  13位 19.11.23 大田原

https://www.youtube.com/watch?v=GTz2RROESAU
 

マラソン歴(2019.12.26現在)2

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2019年12月26日(木)17時50分28秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  竹内竜真(日立物流 1992.5.29)
2:18:58    6位 16.02.14 延岡
2:14:28  14位 17.02.05 大分
2:16:00    4位 17.09.17 シドニー
2:33:53  78位 18.08.26 札幌
2:11:20  11位 19.02.03 大分
2:12:26  21位 19.10.13 シカゴ



早川翼(トヨタ自動車 1990.7.2)
2:26:28  46位 17.02.05 大分
2:14:05   6位 18.08.26 札幌
2:12:01  13位 19.03.10 大津
2:12:25  20位 19.10.13 シカゴ

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル



大石港与(トヨタ自動車 1988.5.19) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:39   4位 17.02.05 大分
棄権       18.02.25 東京
2:13:02  20位 19.03.10 大津
2:11:02  13位 19.10.13 シカゴ

※2010世界クロスカントリー代表
※2016世界ハーフマラソン代表



高橋裕太(大塚製薬 1993.4.4)
(ペースメーカー)    17.02.26 東京
棄権       17.07.02 ゴールドコースト
2:11:25  12位 19.03.10 大津
棄権       19.10.13 シカゴ

※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル



山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津
2:21:44  25位 17.08.27 札幌
2:10:14  17位 18.02.25 東京
2:10:42   6位 18.12.02 福岡(国際)
2:16:53  25位 19.10.06 ドーハ・世界選手権

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



日下佳祐(日立物流 1991.5.15)
2:14:11   9位 16.02.07 大分
2:19:08   7位 16.09.18 シドニー
2:12:42   9位 17.02.05 大分
2:25:14  37位 17.08.27 札幌
2:17:24  23位 17.12.03 福岡(国際)
2:19:02  29位 18.02.04 大分
2:14:27  29位 19.09.29 ベルリン



安井雄一(早稲田大~トヨタ自動車 1995.5.19)
2:18:09  39位 16.02.28 東京
2:22:08  67位 18.02.25 東京
2:12:39   2位 19.02.10 延岡
2:10:26  11位 19.09.29 ベルリン



兼実省伍(中国電力 1990.9.20)
2:14:22   5位 15.02.08 延岡
2:20:40  22位 15.10.11 シカゴ
2:14:15  10位 16.02.07 大分
2:18:15   8位 16.12.17 防府
2:18:32   8位 17.04.16 長野
2:24:57  36位 17.08.27 札幌
2:16:51   6位 17.11.26 東莞・アジア選手権
2:12:58   6位 17.12.17 防府
2:15:57  20位 18.02.04 大分
2:22:26  31位 18.08.26 札幌
2:16:32  20位 18.12.02 福岡(国際)
2:10:19   7位 19.02.03 大分
2:15:27  28位 19.03.10 大津
棄権       19.08.25 札幌
2:16:08  48位 19.09.29 ベルリン



中野円花(ノーリツ 1990.8.14)
2:40:00   1位 14.02.16 泉佐野
2:37:43   1位 15.02.15 泉佐野
2:33:39  11位 16.02.28 東京
2:33:00   7位 17.02.26 東京
2:31:41   7位 18.02.25 東京
2:27:39   4位 19.01.27 大阪(国際)
2:42:39  11位 19.09.28 ドーハ・世界選手権



池満綾乃(鹿児島銀行 1991.4.18)
2:36:18  10位 18.01.28 大阪(国際)
2:31:21  16位 18.03.11 名古屋
3:33:31  146位 18.08.26 札幌
2:26:07  12位 19.03.10 名古屋
棄権       19.09.28 ドーハ・世界選手権



橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京
2:10:19   4位 17.07.02 ゴールドコースト
2:11:40   9位 18.12.02 福岡(国際)
2:09:29   5位 19.02.03 大分
2:12:07   5位 19.09.15 東京(MGC)



荻野皓平(富士通 1989.12.8)
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分
2:24:55  41位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:36  12位 18.02.25 東京
2:16:04  18位 18.12.02 福岡(国際)
棄権       19.02.03 大分
2:10:15   9位 19.04.28 ハンブルク
棄権       19.09.15 東京(MGC)



園田隼(黒崎播磨 1989.4.5)
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津
2:12:04  11位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:34   2位 18.02.04 大分 *日本人1位
2:19:04   4位 18.08.25 ジャカルタ・アジア大会
2:10:31   5位 18.12.02 福岡(国際)
2:10:39   8位 19.02.03 大分
2:15:58*  18位 19.04.15 ボストン
2:21:51  26位 19.09.15 東京(MGC)

※2018世界ハーフマラソン代表



岩田勇治(MHPS 1987.7.9)
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分
2:24:00  46位 18.03.04 大津
2:15:09   7位 18.08.26 札幌
2:09:30   6位 19.02.03 大分
2:29:45  20位 19.09.15 東京(MGC)



宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28)
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津
2:13:23  11位 17.10.08 シカゴ
2:08:45   8位 18.02.25 東京
棄権       19.09.15 東京(MGC)

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表



村澤明伸(日清食品グループ 1991.03.28)
2:17:51  28位 17.03.05 大津
2:14:48   1位 17.08.27 札幌
2:09:47  14位 18.02.25 東京
2:15:41  18位 18.10.28 フランクフルト
2:19:52  21位 19.09.15 東京(MGC)

※2008・2009・2010世界クロスカントリー代表
※2009ユニバーシアード5000m代表



谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4)
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー
2:18:33  28位 18.02.04 大分
2:12:02   3位 18.08.26 札幌
2:18:56  19位 19.09.15 東京(MGC)



口町亮(SUBARU 1994.7.11)
2:18:26   5位 18.04.15 長野
2:15:15  10位 18.07.01 ゴールドコースト
2:31:03   3位 18.09.02 稚内
2:13:30  12位 19.03.03 東京
3:16:34   5位 19.08.25 バンコク
2:34:47  14位 19.09.15 シドニー



山崎翔太(ヤクルト 1990.5.11)
2:12:15   1位 18.02.11 延岡
2:13:48   8位 18.07.01 ゴールドコースト
2:13:44   5位 19.08.25 札幌



岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋
2:42:15  11位 18.12.09 さいたま
2:47:14   1位 19.03.17 徳島
2:35:02   2位 19.08.25 札幌

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝



橋本奈海(デンソー~三井住友海上 1991.8.8)
2:34:18   1位 19.01.27 勝田
2:33:22  25位 19.03.10 名古屋
2:40:41*  28位 19.04.15 ボストン
2:37:24   3位 19.07.07 ゴールドコースト



赤坂よもぎ(名城大~埼玉医科大AC~スターツ 1995.11.20)
2:32:28  18位 18.03.11 名古屋
2:34:05  29位 19.03.10 名古屋
2:41:48  14位 19.07.07 ゴールドコースト



一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津
2:15:43   8位 17.12.17 防府
2:09:43  13位 18.02.25 東京
2:14:49  17位 18.10.28 フランクフルト
2:12:21  10位 19.03.03 東京
2:11:23  11位 19.04.28 ハンブルク

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



下田裕太(青山学院大~GMO 1996.3.31)
2:11:34  10位 16.02.28 東京 *10代での日本最高
2:25:02  44位 18.08.26 札幌
2:17:53  32位 19.03.03 東京
2:13:42  19位 19.04.28 ハンブルク



菊地賢人(コニカミノルタ 1990.9.18)
2:17:23  38位 17.02.26 東京
2:15:32  17位 17.09.24 ベルリン
棄権       18.08.26 札幌
2:11:53  14位 19.02.03 大分
2:18:56  47位 19.03.10 大津
2:23:22  42位 19.04.28 ハンブルク

※2014世界ハーフマラソン代表



野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京
2:08:59   1位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本最高(4:37:31)
2:11:48  10位 18.03.04 大津
2:10:15   4位 18.07.01 ゴールドコースト
2:18:37   1位 18.10.14 岩沼
2:13:21  14位 18.12.02 福岡(国際)
棄権       19.04.28 ハンブルク

※2010世界クロスカントリー代表



押川裕貴(トヨタ自動車九州~NTN 1990.6.2)
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野
2:12:19  16位 19.03.10 大津
2:14:35  24位 19.04.28 ハンブルグ

※2016青梅30kmロードレース優勝



竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18) ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋
2:39:46  29位 18.03.11 名古屋
2:29:12  17位 19.03.10 名古屋
2:42:12  20位 19.04.28 ハンブルグ

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



大森菜月(ダイハツ 1994.6.22)
2:29:15   8位 19.01.27 大阪(国際)
2:29:58   7位 19.04.07 ロッテルダム

※2015ユニバーシアード5000m代表
 

マラソン歴(2019.12.26現在)1

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2019年12月26日(木)17時49分42秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山
2:32:22  22位 19.03.10 名古屋



沼田未知(豊田自動織機 1989.5.6) 日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:27:27   9位 16.03.13 名古屋
2:30:07  12位 18.03.11 名古屋
2:34:35   4位 18.08.26 札幌
2:38:30  39位 19.03.10 名古屋

※2015全日本実業団ハーフマラソン優勝



津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋
2:31:33   2位 17.05.14 リガ
2:36:37  18位 18.03.11 名古屋
2:35:03   5位 18.05.20 リガ
2:46:57  12位 18.08.26 札幌
2:42:09  46位 19.03.10 名古屋

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



阿部有香里(しまむら 1989.8.21) 日本・海外マラソン入賞者
2:35:47  20位 15.03.08 名古屋
2:39:18   8位 18.07.01 ゴールドコースト
2:28:02   5位 19.01.27 大阪
2:34:59  34位 19.03.10 名古屋

※2016日本選手権クロスカントリー優勝



堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:51  13位 19.01.27 大阪
2:32:01  21位 19.03.10 名古屋



水口瞳(大阪学院大~ダイハツ 1996.8.12)
2:33:10   8位 18.01.28 大阪(国際)
2:34:15  14位 19.01.27 大阪(国際)
2:35:02  35位 19.03.10 名古屋



藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高
2:35:48   7位 18.07.01 ゴールドコースト
2:32:30  12位 19.01.27 大阪(国際)
2:34:57  37位 19.03.10 名古屋



石井寿美(ヤマダ電機 1995.8.10)
2;27;35   5位 17.03.12 名古屋
2:38:33  20位 19.01.27 大阪(国際)
2:30:44  19位 19.03.10 名古屋

※2016世界ハーフマラソン代表



市田宏(旭化成 1992.6.16)
2:15:15  17位 17.03.05 大津
2:14:42   3位 18.04.15 長野
2:24:05  46位 18.12.02 福岡(国際)
2:12:23  15位 19.02.03 大分
2:19:05  49位 19.03.10 大津



池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京
2:19:57  31位 18.02.04 大分
2:23:33  37位 18.08.26 札幌
2:22:24  62位 19.03.10 大津

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津
2:13:28  22位 19.03.10 大津



本田匠(旭化成 1991.7.25)
2:12:18   2位 18.02.11 延岡
2:20:50   6位 18.09.16 シドニー
2:16:05  31位 19.03.10 大津

※2010・2013世界クロスカントリー代表



古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:58   9位 18.01.28 大阪(国際)
2:36:34   2位 18.03.04 鹿児島
2:34:09   1位 18.04.15 長野
2:41:36  10位 18.12.09 さいたま
2:44:07   2位 19.03.03 鹿児島

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



高島由香(デンソー~資生堂 1988.5.12)
2:26:13   8位 18.04.07 パリ
棄権       19.03.03 東京

※2016五輪10000m代表



大崎翔也(中電工 1991.8.1)
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津
2:11:03   6位 17.07.02 ゴールドコースト
2:25:44  28位 18.07.01 ゴールドコースト
2:10:48  10位 19.02.03 大分
棄権       19.03.03 東京



田中佳祐(富士通 1988.9.6) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:41   4位 18.02.11 延岡
2:14:50  12位 18.03.04 大津
2:18:57  28位 18.12.02 福岡(国際)
2:16:39  22位 19.03.03 東京

※2007世界クロスカントリー代表
※2012・2014日本選手権1500m優勝



大津顕杜(トヨタ自動車九州 1991.12.7)
2:22:39  19位 16.08.28 札幌
2:18:13  26位 17.02.05 大分
2:20:27  22位 17.08.27 札幌
2:12:32  16位 19.02.03 大分



田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック
2:28:42   6位 19.01.27 大阪

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表
※2018まつえレディースハーフマラソン優勝



加藤岬(九電工 1991.6.15)
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)
2:28:12   1位 17.12.17 防府
2:29:22  10位 18.03.11 名古屋
2:47:26  15位 18.04.08 ロッテルダム
2:37:36   6位 18.08.26 札幌



森田知行(カネボウ 1984.7.8)日本・国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津
2:24:49    8位 17.09.17 シドニー
2:28:46  73位 18.03.04 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝



関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船~ユニバーサルエンターテインメント 1990.7.18)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)



山ノ内みなみ(郡山萌世高~RUNS~京セラ 1992.12.21)
2:53:10   2位 11.01.30 勝田
2:47:41   6位 11.11.23 大田原
2:54:25   3位 12.11.23 大田原
2:46:45   3位 16.01.01 勝田

※2018アジア大会5000m代表
※2019世界選手権10000m代表
 

/182