teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


論文の件

 投稿者:宮下貞美メール  投稿日:2010年 6月14日(月)17時09分2秒
  返信ありがとうございます。ciniiから「日本語の「不」と中国語の「不」 : 接頭辞を中心に」という論文をダウンロードすることができました。ありがとうございます。(大阪府立大学学術情報リポジトリからの検索ができず事務所の方にciniiからダウンロードできることを教えていただきました。)  
 

お答え:修士論文について

 投稿者:野田尚史メール  投稿日:2010年 4月28日(水)00時51分43秒
  修士論文の閲覧についてのご質問,ありがとうございます。お返事が遅くなって,申し訳ありません。

修士論文は貸し出しや複写はできませんが,閲覧だけなら可能です。ご希望の場合は,人間社会学部図書室(A4棟2階)で閲覧の請求をする必要があります。修士論文は別の棟の書庫に置いてあるため,図書室員が書庫に行って取ってきますので,時間に余裕を持ってお越しください。事前に電話かメールで問い合わせてから来ていただくほうが確実だと思います。人間社会学部図書室の連絡先は,次のページにあります。

 http://www.lib.osakafu-u.ac.jp/gakubu/human/index.htm

なお,鄒善軍さんの「日本語の「不」と中国語の「不」 : 接頭辞を中心に」という公刊された論文は,大阪府立大学学術情報リポジトリの次のページからPDFファイルがダウンロードできます。

 http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/handle/10466/3437

一般的に申しますと,修士論文は公刊されたものではありませんので,先行研究として読む必要は特にありません。修士論文ではなく公刊された論文を読んで,必要に応じて引用していただくのがよいと思います。
 

修士論文にていて

 投稿者:宮下貞美メール  投稿日:2010年 4月25日(日)14時31分45秒
  鄒 善軍先生の『 否定接頭辞の「不」と「無」──日本語と中国語を対照して── 』という2005年の修士論文を拝見したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか。私は関西大学大学院に在籍しているものです。否定接頭辞について勉強しています。  

お答え:虚性モダリティについて

 投稿者:野田尚史(のだひさし)メール  投稿日:2006年 7月 1日(土)03時27分56秒
  深田秀樹 さま

「虚性モダリティ」についてのご質問,ありがとうございました。

すでにどのような知識をお持ちで,何がきっかけで,何のためにお知りになりたいのかがわからないため,どういうお答えをしたらよいのか,悩みます。

とりあえず「次の文献を読んでいただければ」とお答えしておきます。

野田尚史「真性モダリティをもたない文」,仁田義雄・益岡隆志(編)『日本語のモダリティ』pp.131-157,くろしお出版,1989年.

もう少し具体的に質問していただければ,もっとマシなお答えができるかもしれません。きょうのところは,これくらいで。すみません。
 

虚性モダリティについて

 投稿者:深田秀樹メール  投稿日:2006年 6月29日(木)21時34分3秒
  「虚性モダリティ」とはどういうことでしょうか?よければ教えてください。  

さようなら

 投稿者:王 崗メール  投稿日:2006年 3月13日(月)21時17分4秒
  野田研、張研、西尾研のみなさま

どうもお久しぶりです。野田研の修了生である王崗です。

まずは、野田研のスーさん、李さん、中俣さん、博士後期入試の
ご合格おめでとうございます。これからいっそうのご活躍を期待
しております。

それから、金さん、スーさん、権さん、陳さん、李さん、浦原さん、
僕のためにわざわざ送別会を開いてくださり、たいへん感動でした。
ご一緒に楽しませていただいた送別パーティの情景は、僕にとって
たいへん貴重な思い出になっております。ほんとにどうもありがとう
ございました。

きたる3月17日に帰国の途にたちます。就職先がまだ決まっており
ませんので、とりあえず実家の天津に戻る予定です。これから就職が
決まりましたら、またお知らせします。

駒井さん、嶋津さん、中俣さん、府大在学の間に、日本語のチェック
も含め、いろいろお世話になりました。この場を借りて、あらためて
ご感謝の意を表させていただきます。

府大在学の期間では、これまでの人生の中でもっとも充実した
暮らしを送りました。素晴らしい先生方、素晴らしい仲間たち
に恵まれ、学問だけではなく、価値観、生活観などいろいろな
面で確かに成長してまいりました。ほんとに最高のところだと
思っております。みなさまからの温かいお世話、ご指導どうも
ありがとうございました。

それでは、みなさま、お元気で!!
 

研究会のお知らせ

 投稿者:なかやまえいじメール  投稿日:2005年 4月30日(土)12時20分52秒
  野田研究室の皆様

府大の非常勤講師をしております中山英治です。
研究会のお知らせをします。

研究会名:中部・日本語学研究会(第40回)
日時  :5月7日(土) 午後1:30~5時15分
場所  :愛知県刈谷市 刈谷市産業振興センター
            (3F305号室)
発表者:藤田保幸(滋賀大学)
     「文法論における複合辞研究の位置」
    前田富祺(神戸女子大学)
     「今、なぜ日本語文化史か」

 会の終了後に懇親会もありますので、研究者の皆さんと
 気軽にお話しすることもできます。
 はじめて参加しても大丈夫な雰囲気です。

 今回、参加できなくても年4回ありますので、興味の
ある方は、中山までお知らせください。

以上、研究会のお知らせでした。
 

中国の事、中国語興味ある方へ

 投稿者:keiメール  投稿日:2005年 4月12日(火)13時17分4秒
  ここの掲示板を利用して、ゴメンなさい。
初めましてここは中国広州の日本語専門学校です。
2001年から今まで2000人くらい卒業しました。
今再校生徒は600人くらい、18歳~28歳で中国人です。
生徒達は日本人と会話などをしたいんです。
もし中国へ来たいの方がいましたら寮と食はうちから提供します、無料。
いい旅ですよ!勉強も旅行も寮と食は無料でチケットだけの分。
長期、短期、一週間でもok。(アルバイトしたいなら紹介します)
詳しいことは keiko679@hotmail.com までメールして。
 

お答え:卒論についてお問い合わせ

 投稿者:野田尚史(のだひさし)メール  投稿日:2005年 3月24日(木)12時04分54秒
  お問い合わせいただいた白さんと片岡さんの卒業論文のことですが,卒業論文は執筆者本人の了解がないと複写などができないことになっています。どちらも10年以上前の卒業生で,大学院に進学したわけでもないですので,連絡先がわからなくなっています。

10年以上前の学部の卒論ですので,ご参考になることはないでしょう。見ていただく必要はないと思います。
 

祝い会のお礼

 投稿者:王崗メール  投稿日:2005年 3月24日(木)01時29分1秒
  野田先生、張先生、西尾先生及び野田研究室のみなさま

野田研の王崗です。

修了生の金さん、鄭さん、嶋津さんと僕のために、盛大な祝いパーティを
開催していただきまして、ホントに感動&感激でした。忘れられない一時
を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

このたび無事に終了できたのは、もっぱら先生方、研究室の仲間の方々の
おかげです。あらためてご感謝を申し上げます。

これから就活に取りかかりますが、就職先が決まるまでは、とりあえず、
しばらくの間、日本にとどまります。いつか、そして、どこかで、必ず
お目にかかるときがありますので、みて見ぬふりのないようにどうぞよ
ろしくお願いします。

これから、何か異動とかがありましたら、ご報告させていただきますが、
今回、とりあえず祝い会のお礼するまで。
 

レンタル掲示板
/10