teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


されどスキー

 投稿者:着ぶくれ&息切れ  投稿日:2011年 2月 1日(火)19時50分4秒
  長い年月(50年以上)いろんな山にて、スキーを楽しんで来ましたが、最近年とともに少し疲れが出たのか、以前のように毎週スキーに出かけることが出来なくなってきました、特に仕事が忙しいわけでもないし、スキーが嫌いになった訳でもないのですが、やはり滑る回数が少なくなれば技術も衰えるものですね、以前のように長いコースを滑る事が出来ない、又急斜面に行けば腰が引けて、ついコブ斜面は避けるようになり、少し滑ればすぐに疲れコーヒータイムばかりです、されどスキーはやめられません、素晴らしい白銀の世界を忘れることはできません、出来る限りゆっくりと年齢にあったスキーを、今後も楽しみたいと思います、機会がありましたら、是非ご一緒に滑りたいてすね。  
 

「尾瀬国立公園」特別保護地区「会津駒ケ岳」へどうぞ

 投稿者:檜枝岐温泉 清水屋  投稿日:2008年 5月 6日(火)19時29分44秒
  昨年誕生した「尾瀬国立公園」なかでも特別保護地区に指定された・会津駒ケ岳(2133m)とは日本のほぼ中央、大江山(1882m)に源を発し、群馬、新潟県との県境を蛇流し、尾瀬沼、尾瀬ヶ原、平滑の滝、三条ヶ滝等の景勝地を形成し、只見川となって銀山湖に注ぎ、更に北流を続ける。
一方、栃木、群馬県との県境、黒岩山(2051m)に源を発し、高倉の宮の伝説が多い矢櫃平、平家の落人説が色濃く、秘境の面影が今に残る「檜枝岐村」を北流し、やがて只見川と合流し豊かな流れは阿賀野川と川名を改め、その豊富な発電量が、近代日本の礎を築き、やがて日本海に注ぐ。
 この銀山湖と檜枝岐村落の間にそびえる名峰が、この度・特別保護地区・に指定された「会津駒ケ岳」で、その眺望は素晴らしく南に日光連山、南西に燧ヶ岳、至仏山、谷川連峰、西に越後連峰、眼下に銀山湖を眺め、北東に会津磐梯山、飯豊連峰等会津の山々、東には那須連峰と360度の大パノラマと中門岳に至る、なだらかな丘陵一面に咲く白山小桜を初め高山植物の饗宴は天上の楽園と呼ぶに相応しく、訪れる人を魅了する。
 是非一度お出でになってみて下さい、 一度この山を訪れた方は必ず2~3度と訪れると云う。

      詳しくは ℡ 0241-75-2208番へどうぞ。

http://sk28.com/shimizuya/

 

クラブ納会

 投稿者:良いところの坊ちゃん  投稿日:2008年 4月 5日(土)22時38分14秒
  例年行われるクラブ納会は志賀高原スキー場での春スキーを楽しみと、バアーベキューそしてみんなで焼きたてのパンを食べに行きませんか。皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしております。  

掲示板の記載に付いて

 投稿者:ENY  投稿日:2007年11月24日(土)21時20分58秒
編集済
  この掲示板はスキーに関するものだけであり、スキー関係以外はこの掲示板に投稿しないでください。管理者  

メンバー募集

 投稿者:新日本スポーツ連盟豊橋市連盟  投稿日:2007年11月11日(日)22時19分10秒
  スノーサークル「ゆきばか」は豊橋を中心に活動し、明るく楽しいサークルであることを意識しています。
一緒にスキー・スノーボードをもっともっと楽しんでみませんか?
「ゆきばか」になれるあなたからの、アクセスをお待ちしております。

http://www.toyoren.com/

 

フリースタイル部合宿の御案内

 投稿者:千葉県スキー連盟FS部専門委員メール  投稿日:2007年11月 7日(水)15時46分30秒
  はじめまして、県連フリースタイル部専門委員の吉田と申します。
あっという間に今年も11月になりシーズンインも間もなくとなりました。
フリースタイル部では12月14日~16日にかけて苗場スキー場にて合宿を行います。シーズン始めと言う事もあり、モーグルレース向けだけの練習ではなく基本の部分からコブ斜面へのトレーニングになる予定です。
昨年はフリースタイル部所属クラブ以外の参加もあり、ビデオ撮影など有効に利用して行いました。宿泊も苗場プリンスを予定(ちょっとリッチな気分)しております。
モーグルだけではなく、基礎スキーで今年はコブチャレンジしたいスキーヤーにも対応した合宿となりますので、お気軽に参加お待ちしております。
参加方法はURL参照にて、参加されるようでしたら吉田までご一報下さる助かります。
yossy0233@ybb.ne.jp

http://sports.geocities.jp/sajchiba/file/07freestyleGasyuku.pdf

 

白根山の山頂付近はうっすらと雪化粧しました。

 投稿者:ペンション風雪と樹メール  投稿日:2007年10月21日(日)09時00分59秒
  奥日光丸沼高原スキー場至近のペンション風雪と樹です。
昨日10月20日朝、日光白根山の山頂付近はうっすらと雪化粧しました。
丸沼高原の人口造雪も順調なようで、昨日20日の朝には、雪が11の山を作っていました。
今年、紅葉がまだ残る丸沼高原スキー場付近。ロープウエーの夏期シーズンの運行期間が11月11日(日)まで延長されました。
そうはいっても、皆さんの楽しみは、雪・ゆき・ユキのゲレンデ。11月10日(土)のオープンまで約3週間となりました。

http://homepage3.nifty.com/fuusetsu-to-ki/

 

丸沼高原スキー場の人工造雪が始まりました。

 投稿者:ペンション風雪と樹メール  投稿日:2007年10月11日(木)19時12分54秒
  尾瀬の郷かたしな 奥日光・丸沼高原のペンション風雪と樹 です。
私どもペンション風雪と樹のある丸沼高原ペンション村辺りでも、紅葉が進んできています。
 丸沼高原スキー場ではサマーゲレンデのクローズを待って、人工造雪機が可動を始めました。
 2008ウインターシーズンの11月10日オープンに向けて、アルミの断熱シートで覆われた雪の山は、これから一晩にほぼ一山という感じで作られて行きます。
 周囲の紅葉とシートに覆われた雪の山のなんとも奇妙な取り合わせ。シーズン前に一度ご覧になられると、シーズンへの期待が膨らむことになるのではないでしょうか。

http://homepage3.nifty.com/fuusetsu-to-ki/

 

丸沼高原スキー場至近のペンション風雪と樹です。

 投稿者:ペンション風雪と樹メール  投稿日:2007年 9月30日(日)22時14分26秒
   掲示板にお邪魔して、PRさせていただきます。
 不都合がございましたら、管理者の方にはお手数ですが、削除をお願い致します。
 私どもペンション風雪と樹は、丸沼高原第1ペンション村入口すぐのところにあります。
 丸沼高原の2008ウインターシーズンは11月10日にオープン。
 蛇足です。紅葉はまだですが、木の葉も少しずつ黄色味や赤味がかってきていて、10月の中旬頃はあでやかな衣も見られるようになるだろうと思います。そして、紅葉時には早くも初雪。うかうかしているとウインターシーズンはすぐそこに来てしまいます。

http://homepage3.nifty.com/fuusetsu-to-ki/

 

生涯スキ-を目指して

 投稿者:ENY  投稿日:2007年 7月12日(木)22時07分44秒
                      生涯スキーへ                          10 Oct 2007
                                                         全日本スキー連盟公認
                                千葉県スキ-連盟加盟
                               ウル・スキークラブ


    最近のスキー事情は、我々の子供のころとは大変なちがいである。高速道路が山岳地にも入り込み、一昔のように地域の団体や一般募集でバスを貸切スキー場へでかけることが大変少なくなり、個人個人が自家用車で乗り合わせ、家族や友達同士で行く方が多くなった様に見受けられる。

     スキー用品に関しても同様で以前とは大変な違いである、スキーウエアーはファションを第一にカッコ良く、軽くて保温性にもすぐれ、男女共にカラフルな色やデザインでゲレンデが華やかである、毎年新しいデザインが発売されている、しかし流行にとらわれると非常にお金がかかることになる。

     ゲレンデ内の設備などもとても豪華でほとんど必要なものが整っている、一部のスキー場では日帰りスキーヤーの為に早朝から営業しているところもあるので、今時スキーをかついでゲレンデを登る姿は殆ど見えなくなった。

     スキー板もショ-トで軽いカービングスキーを使用する、回転性能が増しターンがしやすく、スキー自体が短かく扱いやすいので、筋力への負担が少なく疲労度も少ない、このように現代スキー技術の進歩は非常にめざましいものがある、しかしスキ-板が進歩してもそれなりにスキ-技術の習得は必要である、いずれにしてもとても便利になった事は確かです。

         以前より便利になった反面、我々のように地域スキーの普及、及び発展を目指す者にとってはコミニケイションの場が少なくなったように感じる、第一にバスを使わなくなった為に団体意識が薄れ同調性に乏しくなりやすい、第二にスキー用品や用具が良くなったことや、スキー場が整備され快適になった反面、金銭的出費が大きくなるなど、我々が目指す地域スキー普及のための企画作りにあたり参加会費等で頭を悩ますような時代でもある。

         我々のスキークラブは、全日本スキー連盟に加盟し、公認スキー教室の開催と検定会を毎年おこなっています、公認指導員6名、外部公認指導員3名、公認パトロール3名、公認技能検定員9名、アシスタント5名により、正月と3月に2回開催、その他技術強化合宿及びクラブ納会等も一般参加者をまじえて行っています。

         クラブを結成するメンバーは、外部のスタッフを含めると、20代前半から60代まで、その年齢層は多様です、その中には社会人になって間もない者から40~50代と職場ではベテランといわれるいわゆる中間管理職となり、家庭を持ちながら指導員や上級者を目指している人達もいます、スキー教室に参加する生徒の方々を含めれば、おのずと幼児から高年齢者までを考慮に入れなければなりません、それらの多様な年齢層の方々が、その年代ごとに目標や楽しみを見い出しながら、冬季に限られたシーズンを目いっぱい楽しむ・・ 特に高年齢化社会を迎えた現代人にとってスポーツは日常生活から切り離せないものとなりました、生涯を通しての「楽しみ」、そして豊かな人生を送るための「生きがい」これが我々の目指す『生涯スキー』なのです。


         クラブを結成して以来30年以上、生涯スキーを目指す我々のスキークラブは一貫して遊び心の中にも、最新のスキー技術を学び、会員が互いに研修をしながら、より安全でカッコ良く、疲れの少ない楽しい滑りを実現するため頑張っております、多様性と生涯スポーツと題して、全日本スキー教程にも次のように記載されています。

    【スキー活動は自然の山岳地帯をベースに、レジャーやレクリェーションのスキー、山岳ツァー・スキー、競技スキー、健康増進のためのスキーなど、さまざまな形態がある、しかもその活動は老若男女を問わず、また身障害者であっても参加できる、スキーこそは、その動機や好みに応じて、生涯行うことができる幅広さ、奥行きを持つスポーツである。】

以上を念頭におきながら、我々指導者は生徒の学習意欲を引き出し、安全面に配慮をしながら生涯スキーを楽しむ方々のための指導を心がけて参ります。
スキー教室に参加される方々も、地域のスキー愛好者及び基本技術を学び基礎スキー指導者を目指す方、公認検定員を目指す方、又は楽しみのスキーや日頃のストレス解消のためなど、その人によって動機はさまざまなのです。

    我々のスキー教室では家族スキー教室やエクスパート特別指導などをはじめ、特に子供スキー教室では、公認指導員が午前2時間と午後2時間、雪に接しながら楽しく遊ぶことから始め、雪になれ親しみながら徐々にスキーの楽しさを教え、「生涯スキーとなるよう」担当指導員は献身的な努力していますリフト待ちの列への割り込みや、無謀なスピードなどゲレンデにおけるルールやマナーの指導も徹底し基本から学ぶことが一番大事なことだと考えます。

    雪無し県である千葉県の学校教育の一環として子供達に雪国の厳しさや反面、楽しさ、素晴らしさをスキーを通じて体験させて上げたいものだと思います、健全なスポーツとして、スキーを安全に楽しむためにスキー場でのルール・マナーや基本技術及び基礎技術を身につけた上で、安全で傷害の無い楽しいスキーを体で覚えたら、どなたでも、生涯その年齢や体力、そして斜面に適応したスキー技術を駆使し自然の地形を無理なく滑走することが可能なのです。

    そのためにも我々公認指導員は安全で楽しいスキー技術をさらに研修しながらスキー教室や検定会を継続的に開催し、地域のスキー普及発展に勤め、生涯スキーとして、この素晴らしい大自然とスキ-の楽しさを、一人でも多くの方々に体験して頂きたいと願う次第です。
キラキラと朝日に輝く白銀の美しさと、大自然の素晴らしさに心を奪われることでしょう。                       シ-ハイル

クラブ名の由来
欧州神話として「スキーの男神ウル」と「きらめく霜の花嫁でスキーを使い狩りをする女神を「スカディ」などが伝承されていますこの男神の名前でを付けました。
※【日本スキー教程に記載されています】
クラブ設立: 昭和49年10月(01.Oct.1974)
2008年度ラブ企画事業への参加希望者はこのホ-ムペ-ジ(WWW.mynet-jp.net/USC/)からお申し込み下さい。
 

レンタル掲示板
/10