投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 12月マカオマラソン参加仲間募ってます(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


中国陸連と雲南省がナショナルマラソンチーム創設、斐訊体育がサポート

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 5月 4日(金)08時00分11秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  中国田?与云南省体育局?? 共建国家?拉松?
http://www.athletics.org.cn/training/news/2018-04-28/531225.html
(中国陸連 4/28)
?局田管中心与云南体育局共建?拉松国家?
http://www.sport.gov.cn/n316/n343/n1195/c856643/content.html
(国家体育総局/中国体育報 5/2)

中国田?与斐?体育?略合作 共?改革新模式
http://www.athletics.org.cn/training/news/2018-04-28/531186.html
(中国陸連/華奥星空 4/28)
中国?拉松海外??首期成?今?奔赴肯尼?
http://news.sina.com.cn/c/2018-04-28/doc-ifzvpatq6237665.shtml
(新浪網/新京報 4/28)

中国陸連と雲南省体育局がナショナルマラソンチーム創設につき合意・調印。
雲南省の男女選手7名がナショナルチーム(雲南組)第1期選手となります。
中国陸連(国家体育総局陸上管理センター)はナショナルチームのために海外コーチ招聘、装備の提供、練習経費の保障、選手およびコーチへの奨励金支給をおこなうとあります。

技術・資金提供は中国陸連と戦略的パートナーシップを締結した斐訊体育(斐訊(上海)体育管理有限公司)がうけもちます。
斐訊体育は今年からケニア・エチオピアで展開する計画の中国マラソンナショナルチーム海外練習キャンプの冠スポンサーとなるとのこと。28日の記事には、当日早くも張国偉コーチや選手がケニア合宿に出発とあります。

さきにマラソンクラブを設立したように(http://8021.teacup.com/kanchan/bbs/8848 )中国で今最も勢いのあるチームというとたしかに雲南省で、人材も豊富、海抜も優性、練習基地が整っているのも間違いないですが、陸連と雲南省単独の提携によるナショナルチームには驚きました。
今後、陸連はほかのチームともこうした提携を結ぶんでしょうか。
チーム・陸連に資金援助をする企業があればということかもしれません。

いずれにしても、2020年五輪にむけて陸連未登録のランナーだけでなく専業選手強化の動きも目立ち始めました。

なお前回斐訊体育を雲南省の地元企業と書きましたが、モバイル・データ通信などをてがける斐訊の拠点は上海で、関連会社のひとつが雲南にもあるということのようです。



○Volkswagen Maraton Praha(5/6)
https://www.runczech.com/en/events/volkswagen-marathon-weekend-2018/races/volkswagen-prague-marathon/index.shtml


○Virgin Money London Marathon

Dave Bedford says farewell to the London Marathon
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/news-media/latest-news/item/dave-bedford-says-farewell-to-the-london-marathon/
(5/2)



Kenyan marathon star rules out another race this year
http://www.xinhuanet.com/english/2018-05/03/c_137154147.htm
(Xinhua 5/3)
Kenya's marathon sensation Eliud Kipchoge, on Thursday said he does not plan to compete in another race this year and will instead concentrate on training for a world record attempt.
 

マラソン歴(2017.04.28現在)4

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 4月28日(土)13時31分14秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  五郎谷俊(コモディイイダ 1993.3.31) 日本・海外マラソン優勝者
2:32:14   1位 18.04.08 グアム

※2017スカイランニング・ジャパンカップ優勝



鈴木健吾(神奈川大~富士通、宇和島東高卒) アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:10:21  19位 18.02.25 東京 *愛媛県最高記録

※2017ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル



濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所 1988.7.4)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野
2:16:18   6位 17.08.27 札幌
2:20:19   8位 17.10.15 ブエノスアイレス
2:20:30   1位 17.12.03 那覇
2:11:16   2位 17.12.17 防府
棄権       18.02.25 東京
2:25:42  16位 18.04.22 ロンドン



森橋完介(大東文化大~ラフィネ 1993.5.27)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:11  29位 16.03.06 大津
2:17:42  11位 16.08.28 札幌
2:23:23   2位 16.11.23 大田原
2:15:59  33位 17.02.26 東京
2:18:22  20位 17.04.09 パリ
2:17:35   9位 17.08.27 札幌
2:30:28  109位 17.12.03 福岡
2:16:51   1位 18.01.28 勝田
2:14:25  27位 18.02.25 東京
--:--:--  --位 18.03.18 ソウル
2:34:23*  41位 18.04.16 ボストン



岡山春紀(東農大走好会~早稲田同好会~コモディイイダ 1994) 愛媛マラソン優勝or入賞者
2:37:16   1位 15.04.26 佐渡
2:25:00   2位 15.11.22 つくば
2:28:20   3位 15.11.29 河口湖(富士山)
2:29:40  58位 16.02.07 大分
2:47:52  532位 16.02.28 東京
2:42:12   1位 16.04.16 サイパン
2:26:10   1位 16.10.09 新潟
棄権       16.10.30 水戸
2:24:56  43位 16.12.04 福岡
2:23:47  15位 16.12.18 防府
2:22:45   1位 17.02.19 熊本
2:22:57   1位 17.10.29 水戸
2:18:33   4位 17.11.26 つくば
2:23:00  15位 17.12.17 防府
2:26:02   5位 18.02.05 松山(愛媛)
2:26:24  109位 18.02.25 東京
2:29:28  36位 18.04.15 長野

https://www.youtube.com/watch?v=GTz2RROESAU



市田宏(旭化成 1992.6.16) 国内AIMS公認大会入賞者
2:15:15  17位 17.03.05 大津
2:14:42   3位 18.04.15 長野



出口和也(旭化成 1988.8.14) 世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島
2:18:44   1位 17.10.29 金沢
棄権       17.12.03 福岡(国際)
2:14:24   5位 18.02.11 延岡
2:17:06   4位 18.04.15 長野

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝



古瀬麻美(京セラ 1988.3.17) 国内AIMS公認大会優勝者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:58   9位 18.01.28 大阪(国際)
2:36:34   2位 18.03.04 鹿児島
2:34:09   1位 18.04.15 長野

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



床呂沙紀(関西外国語大~京セラ 1994.5.23) 国内市民マラソン大会優勝者
2:37:08  14位 16.01.31 大阪(国際)
2:54:50   1位 16.11.13 揖斐川
2:50:24   1位 16.11.23 福知山
2:44:05   1位 16.12.11 奈良
2:36:32  22位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:41   1位 18.03.04 鹿児島
2:34:21   2位 18.04.15 長野



小田切亜希(天満屋~竹村製作所 1990.8.20)ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋
2:41:26   4位 17.04.16 長野 *日本人1位
2:46:44   2位 17.10.01 松本
2:49:29  38位 18.01.28 大阪(国際)
2:44:16   5位 18.04.15 長野

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋
2:36:44   3位 18.04.15 長野

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル



岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン~熊本陸協 1984.7.4)国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野
2:56:20  10位 18.04.15 長野



甲斐大貴(順天堂大~ラフィネ 1994.8.5)海外マラソン優勝者
2:22:09   1位 17.01.29 勝田
2:18:17  43位 17.02.26 東京
2:35:51*  96位 17.04.17 ボストン
2:26:19   2位 17.07.02 函館
2:19:56  21位 17.08.27 札幌
2:18:20   1位 17.11.23 大田原
2:29:37   1位 17.12.10 プーケット
2:19:05  59位 18.02.25 東京
2:25:01  28位 18.04.08 パリ



八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ
2:25:57  18位 17.07.02 ゴールドコースト
2:18:41  10位 17.12.17 防府
棄権       18.04.08 ロッテルダム

※2007世界クロスカントリー代表



加藤岬(九電工 1991.6.15) 国内ローカル大会優勝者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)
2:28:12   1位 17.12.17 防府
2:29:22  10位 18.03.11 名古屋
2:47:26  15位 18.04.08 ロッテルダム



折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:--  --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山
3:20:13  14位 18.03.25 徳島



坂本智史(プレス工業~チームエース 1986.7.21) 国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15  34位 13.03.03 大津
2:15:13  22位 14.02.23 東京
棄権       15.03.01 大津
2:13:49   7位 15.04.19 長野
2:24:04  13位 15.07.05 ゴールドコースト
2:16:25   2位 15.11.23 大田原
棄権       16.03.06 大津
2:20:07  16位 16.04.03 パリ
2:15:56  32位 17.02.26 東京
2:14:21   1位 18.03.04 静岡
2:19:27   1位 18.03.18 板橋



児玉雄介(コモディイイダ~朝霞市役所 1986.8.10)国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京
2:18:22  45位 18.02.25 東京
2:27:40   2位 18.03.11 古河



岩出玲亜(ノーリツ~ドーム 1994.12.8) MGC出場権獲得者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋
2:31:11   5位 17.11.12 さいたま *日本人1位
2:26:28   4位 18.03.11 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表



野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6) MGC出場権獲得者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋
2:30:11   2位 17.08.27 札幌
2:29:05   2位 17.11.26 東莞・アジア選手権
2:26:33   5位 18.03.11 名古屋



下門美春(第一生命~しまむら~ニトリ 1990.4.24) 国内AIMS公認大会優勝者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋
棄権       17.08.27 札幌
2:37:30   2位 17.11.23 大田原
2:37:18  25位 18.03.11 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝



小原怜(天満屋 1990.8.10)五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋
2:27:44   8位 18.03.11 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



前田彩里(佛教大学~ダイハツ 1991.11.7) 日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権
2:26:33   5位 18.03.11 名古屋
2:30:54  15位 18.03.11 名古屋



田中華絵(第一生命グループ~資生堂 1990.2.12) アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪
2:32:16   3位 17.08.27 札幌
2:27:40   6位 18.03.11 名古屋

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル



水口侑子(デンソー 1985.5.24) 世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌
2:34:04   4位 17.08.27 札幌
2:32:14  17位 18.03.11 名古屋

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝



新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3) ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋
2:42:31  10位 17.08.27 札幌
2:38:33  27位 18.03.11 名古屋

※2015ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表



清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12) 日本・世界陸上代表
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋
2:30:36  16位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:28:58   9位 18.03.11 名古屋



竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18) ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋
2:39:46  29位 18.03.11 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋
2:31:33   2位 17.05.14 リガ
2:36:37  18位 18.03.11 名古屋

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



沼田未知(豊田自動織機 1989.5.6) ランナー個人成績(日本)
2:27:27   9位 16.03.13 名古屋
2:30:07  12位 18.03.11 名古屋



土井友里永(スターツ~富士通 1988.12.08) 国内AIMS公認大会入賞者
2:51:04   5位 16.11.23 大田原
2:41:27  25位 17.03.12 名古屋
2:36:28   6位 17.08.27 札幌
2:29:49  11位 18.03.11 名古屋
 

マラソン歴(2017.04.28現在)3

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 4月28日(土)13時29分37秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・海外マラソン優勝者
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京
2:08:59   1位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本最高(4:37:31)
2:11:48  10位 18.03.04 大津

※2010世界クロスカントリー代表



竹ノ内佳樹(NTT西日本 1992.5.25) MGC出場権獲得者
2:13:33  11位 17.03.05 大津
2:10:01   7位 17.12.03 福岡(国際)
2:20:29  30位 18.03.04 大津



鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡
2:16:33   1位 17.10.29 島田(大井川)
2:13:11  14位 17.12.03 福岡(国際)
2:35:58  113位 18.03.04 大津



森田知行(カネボウ 1984.7.8)日本・国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津
2:24:49    8位 17.09.17 シドニー
2:28:46  73位 18.03.04 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝



阿部豊幸(NTT西日本 1986.7.28) 日本・海外マラソン入賞者
2:15:48  15位 11.04.18 ボストン
2:19:58   2位 14.02.16 オースティン
2:18:59  11位 16.10.30 大阪
2:39:19  33位 17.02.12 延岡
2:26:02  43位 17.08.27 札幌
2:29:11  78位 18.03.04 大津



馬場圭太(Honda 1986.4.28) ランナー個人成績(日本)
2:14:36  14位 17.03.05 大津
2:22:42  28位 17.08.27 札幌
2:22:56  39位 18.03.04 大津



倉田翔平(日立物流~GMO 1992.8.5) ランナー個人成績(日本)
2:21:35  14位 2017.02.12 延岡
2:13:16   7位 2017.12.17 防府
2:22:02  35位 2018.03.04 大津



飯沼健太(SGHグループ 1988.2.1)日本・海外マラソン入賞者
2:15:05  19位 14.03.02 大津
2:23:12   4位 14.09.14 ケルン
2:44:42  183位 14.03.01 大津
2:16:36.1  8位 15.05.17 リガ
2:13:43  15位 16.12.04 福岡(国際)
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
2:16:52  10位 17.04.23 ハンブルグ
2:24:25  49位 18.03.04 大津



岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分
2:24:00  46位 18.03.04 大津



鈴木洋平(早稲田大~愛三工業、新居浜西高卒 1994.5.23) 愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:14:56   2位 17.02.12 松山 *従来の大会記録を更新
2:15:16  14位 18.03.04 大津



田中佳祐(富士通 1988.9.6) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:41   4位 18.02.11 延岡
2:14:50  12位 18.03.04 大津

※2007世界クロスカントリー代表
※2012・2014日本選手権1500m優勝



村山謙太(旭化成 1993.2.23)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:58  30位 16.02.28 東京
2:17:43  21位 18.03.04 大津

※2013ユニバーシアード10000m代表
※2014世界ハーフマラソン代表
※2015世界陸上10000m代表



窪田忍(駒澤大学~トヨタ自動車 1991.12.12) ランナー個人成績(日本)
2:15:48  27位 13.03.03 大津
2:19:18  28位 18.03.04 大津



福田穣(八千代工業~西鉄 1990.12.31) 日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:06  35位 16.03.06 大津
2:16:30   9位 16.08.28 札幌
2:16:16  20位 17.02.05 大分
2:15:11   3位 17.08.27 札幌
2:18:16  23位 18.03.04 大津



北澤健太(八千代工業 1990.11.18) 日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:25  77位 16.03.06 大津
2:22:15  52位 17.03.05 大津
2:16:52   8位 17.08.27 札幌
2:24:47  52位 18.03.04 大津



設楽啓太(コニカミノルタ~埼玉陸協~日立物流 1991.12.18) 日本・国内ローカル大会優勝者
2:28:29  79位 17.12.03 福岡
2:18:39  26位 18.03.04 大津

※2016熊日30kmロードレース優勝



設楽悠太(Honda 1991.12.18) 世界or日本最高記録保持者
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位
2:09:03   6位 17.09.24 ベルリン
2:06:11①  2位 18.02.25 東京

※ハーフマラソン日本記録保持者(1:00:17/2017.9.16)
※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表



井上大仁(MHPS 1993.1.6) 日本・世界陸上代表
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位
2:16:54  26位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:23:47   2位 17.10.01 岩沼
2:06:54④  5位 18.02.25 東京

※2014世界ハーフマラソン代表



佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
棄権       17.12.03 福岡(国際)
2:08:58  10位 18.02.25 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表



宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28) MGC出場権獲得者
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津
2:13:23  11位 17.10.08 シカゴ
2:08:45   8位 18.02.25 東京

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表



木滑良(MHPS 1991.1.22) MGC出場権獲得者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分
2:08:08⑳  7位 18.02.25 東京



山本憲二(東洋大学~マツダ 1989.11.17) MGC出場権獲得者
2:29:50  68位 12.02.26 東京
2:15:19  18位 17.03.05 大津
2:08:48   9位 18.02.25 東京



荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分
2:24:55  41位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:36  12位 18.02.25 東京



一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津
2:15:43   8位 17.12.17 防府
2:09:43  13位 18.02.25 東京

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



村澤明伸(日清食品グループ 1991.03.28) MGC出場権獲得者
2:17:51  27位 17.03.05 大津
2:14:48   1位 17.08.27 札幌
2:09:47  14位 18.02.25 東京

※2008・2009・2010世界クロスカントリー代表
※2009ユニバーシアード5000m代表



山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京
棄権       18.02.25 東京



田中飛鳥(富士通~西鉄~ゆとりRC 1989.11.5) 国内市民マラソン大会優勝者
2:20:44  11位 17.02.12 延岡
2:20:05   1位 17.11.12 福岡
2:12:17   3位 17.12.17 防府
2:10:13  16位 18.02.25 東京



山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津
2:21:44  25位 17.08.27 札幌
2:10:14  17位 18.02.25 東京

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



神野大地(コニカミノルタ~ 1993.9.13) ランナー個人成績(日本)
2:12:50  13位 17.12.03 福岡(国際)
2:10:18  18位 18.02.25 東京



大石港与(トヨタ自動車 1988.5.19) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:39   4位 17.02.05 大分
棄権       18.02.25 東京

※2010世界クロスカントリー代表
※2016世界ハーフマラソン代表



村上康則(富士通~リスタート 1983.12.30)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:33:43  127位 15.03.01 大津
2:19:30   1位 15.10.18 長井(未公認)
2:23:57   7位 17.11.23 大田原
2:21:55  66位 18.02.25 東京

※2010アジア大会1500m代表
※リスタートランニングクラブコーチ



治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC~ラフィネ 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京
2:18:11  11位 17.08.27 札幌
2:22:11  15位 18.01.25 ドバイ
2:14:48  31位 18.02.25 東京

※ラフィネグループ陸上部コーチ



市田孝(旭化成 1992.6.16) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:19:24  50位 17.02.26 東京
(ペースメイカー)    18.02.11 延岡
2:15:09  35位 18.02.25 東京

※2010・2011世界クロスカントリー代表



塩川雄也 (SUBARU~ SUBARU RC 1983.1.20)国内市民マラソン大会優勝者
棄権       06.03.05 大津
2:33:54  84位 09.03.01 大津
2:25:42  19位 11.08.28 大津
2:17:29  41位 12.03.04 大津
2:14:49  24位 13.02.24 東京
2:24:47  13位 13.04.21 長野
2:18:41   5位 13.09.08 ミュンスター
2:30:23  23位 15.10.26 大阪
2:18:39   1位 16.11.20 つくば
2:16:38  35位 17.02.26 東京
3:05:38 1834位 18.02.25 東京



中野円花(ノーリツ 1990.8.14) 国内市民マラソン大会優勝者
2:40:00   1位 14.02.16 泉佐野
2:37:43   1位 15.02.15 泉佐野
2:33:39  11位 16.02.28 東京
2:33:00   7位 17.02.26 東京
2:31:41   7位 18.02.25 東京



今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州
2:42:59  12位 17.08.27 札幌
2:35:13   3位 17.11.26 大阪
2:32:00   9位 18.02.25 東京



坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋
2:38:29   4位 17.09.10 ミュンスター
2:37:36   5位 17.11.26 大阪
2:39:15  15位 18.01.28 大阪(国際)
2:35:40  12位 18.02.25 東京



松見早希子(第一生命~Go up 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋
2:59:05   8位 17.10.29 富山
3:05:55  18位 17.12.10 ホノルル
3:05:08  139位 18.02.25 東京

※2016熊日30kmロードレース優勝



辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分
2:22:03  15位 18.02.11 延岡



和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山
2:21:20   2位 17.03.26 徳島
2:34:41  57位 17.12.17 防府
2:25:01   2位 18.02.18 海陽(海部川)



正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋
3:09:50  37位 17.08.27 札幌
2:46:56   1位 18.02.04 松山

※2009世界ハーフマラソン代表
 

マラソン歴(2017.4.28現在)2

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 4月28日(土)13時28分42秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府
2:49:54   4位 18.02.04 大分



大谷健太(JFEスチール 1987.10.29) ランナー個人成績(日本)
(ペースメイカー)    13.03.03 大津
2:17:58  18位 15.02.01 大分
2:24:59  28位 16.02.07 大分
2:19:31  16位 16.08.28 札幌
2:18:06   5位 17.02.12 延岡
2:15:57  21位 18.02.04 大分



大谷康太(JFEスチール 1987.10.29) ランナー個人成績(日本)
(ペースメイカー)    13.03.03 大津
2:17:53  24位 16.03.06 大津
2:21:21  46位 17.03.05 大津
2:16:24  23位 18.02.04 大分



園田隼(黒崎播磨 1989.4.5) MGC出場権獲得者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津
2:12:04  11位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:34   2位 18.02.04 大分 *日本人1位

※2018世界ハーフマラソン代表



大塚祥平(駒澤大~九電工 1994.8.13)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:15:10  16位 17.03.05 大津
2:10:12   3位 18.02.04 大分



小山司(SUBARU 1992.1.21)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:13  11位 15.02.08 延岡
2:13:58  26位 17.02.26 東京
2:20:06   6位 17.09.17 シドニー
2:11:20   5位 18.02.04 大分



佐藤歩(MHPS 1988.2.25) ランナー個人成績(日本)
2:19:39  16位 13.02.10 延岡
2:16:17   3位 16.02.14 延岡
2:12:37  10位 18.02.04 大分



藤川拓也(中国電力 1992.12.27)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:24  24位 17.03.05 大津
2:11:59   6位 18.02.04 大分



大西一輝(カネボウ 1987.3.28)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:15:39   4位 17.04.16 長野
2:15:13  18位 18.02.04 大分



定方俊樹(MHPS 1992.3.4) ランナー個人成績(日本)
2:21:21  13位 17.02.12 延岡
2:16:21  22位 18.02.04 大分



中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京
2:12:36   5位 17.12.17 防府
2:13:45  14位 18.02.04 大分



兼実省伍(中国電力 1990.9.20)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:22   5位 15.02.08 延岡
2:20:40  22位 15.10.11 シカゴ
2:14:15  10位 16.02.07 大分
2:18:15   8位 16.12.17 防府
2:18:32   8位 17.04.16 長野
2:24:57  36位 17.08.27 札幌
2:16:51   6位 17.11.26 東莞・アジア選手権
2:12:58   6位 17.12.17 防府
2:15:57  20位 18.02.04 大分



日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11   9位 16.02.07 大分
2:19:08   7位 16.09.18 シドニー
2:12:42   9位 17.02.05 大分
2:25:14  37位 17.08.27 札幌
2:17:24  23位 17.12.03 福岡(国際)
2:19:02  29位 18.02.04 大分



千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分
2:19:42  19位 17.08.27 札幌
2:16:33   5位 17.12.03 マカオ
2:17:55  26位 18.02.04 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表



服部翔大(Honda 1991.10.28) 日本・海外マラソン優勝者
2:14:19    2位 17.02.12 延岡
2:15:16    1位 17.09.17 シドニー
2:14:11  15位 18.02.04 大分

※2013ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表



池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京
2:19:57  31位 18.02.04 大分

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



佐々木寛文(日清食品グループ~プレス工業 1990.11.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:16:32  18位 16.03.06 大津
2:14:16  13位 17.03.05 大津
2:19:38  17位 17.08.27 札幌
2:16:59  24位 18.02.04 大分

※2008世界クロスカントリー代表



谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4) 日本・海外マラソン優勝者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー
2:18:33  28位 18.02.04 大分



吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津
2:15:04   2位 17.08.27 札幌
2:18:09  27位 18.02.04 大分



前田穂南(天満屋 1996.07.17) MGC出場権獲得者
2:32:19  12位 17.01.29 大阪(国際)
2:28:48   1位 17.08.27 札幌
2:23:48   2位 18.01.28 大阪(国際)

※2018世界ハーフマラソン代表



安藤友香(ミズノ~時之栖~スズキ浜松AC 1994.3.16) 日本・世界陸上代表
2:21:36④  2位 17.03.12 名古屋 *初マラソン日本最高
2:31:31  17位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:27:37   3位 18.01.28 大阪(国際)

※2016世界ハーフマラソン代表



野村沙世(名城大~第一生命~ユニクロ 1989.4.18)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
(ペースメイカー)    12.03.11 名古屋
2:32:29  10位 14.01.26 大阪(国際)
2:48:31  16位 17.08.27 札幌
2:36:52  11位 18.01.28 大阪(国際)

※2009・2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル
※2014世界ハーフマラソン代表



高田晴奈(ヤマダ電機 1990.2.17)日本・海外マラソン優勝者
2:31:23  15位 15.03.08 名古屋
2:31:17  15位 16.03.13 名古屋
2:32:51  13位 17.01.29 大阪(国際)
2:41:31  26位 17.03.12 名古屋
棄権       17.08.27 札幌
2:40:49   1位 17.10.15 ポズナン
2:39:20  16位 18.01.28 大阪(国際)



堀正樹(大塚製薬 1990.8.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:39   5位 14.02.16 オースティン
2:18:55  12位 14.04.20 長野
2:19:53  12位 14.08.31 札幌
2:29:54  51位 15.02.01 大分
2:23:48  19位 15.08.30 札幌
2:36:46  34位 16.02.14 延岡
棄権       16.08.28 札幌
2:20:27   1位 17.03.26 徳島
2:29:19  50位 17.08.27 札幌
2:35:29  67位 17.12.17 防府



早狩実紀(三和銀行~トーラス~京都光華AC 1972.11.29)世界or日本最高記録保持者
2:53:43   9位 14.11.09 アテネ
2:52:06   1位 15.11.08 アテネ
3:09:32  12位 17.11.12 アテネ
3:03:21  16位 17.12.10 ホノルル

※3000mSC日本記録保持者(9:33.93/2008.7.20)
※1991世界選手権3000m代表
※2005・2007・2009世界選手権3000mSC代表
※2008五輪3000mSC代表
※2010アジア大会3000mSC銅メダル



ビダン・カロキ(ケニア/世羅高~エスビー食品~DeNA 1990.8.21)WMM大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.27 東京
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
2:07:41   3位 17.04.23 ロンドン
2:08:44   4位 17.12.03 福岡(国際)

※2012五輪10000m5位入賞
※2013世界陸上10000m6位入賞
※2015世界陸上10000m4位入賞
※2016五輪10000m7位入賞
※2017世界陸上10000m4位入賞



上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11) MGC出場権獲得者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津
2:09:27   6位 17.12.03 福岡(国際)

※2018世界ハーフマラソン代表



大迫傑(日清食品グループ~ナイキ・オレゴンプロジェクト 1991.5.23)世界or日本最高記録保持者
2:10:28*  3位 17.04.17 ボストン
2:07:19⑤  3位 17.12.03 福岡(国際) *日本人1位

※3000m日本記録保持者(7:40.09/2014.9.7)
※5000m日本記録保持者(13:08:40/2015.7.18)
※2011ユニバーシアード10000m金メダル
※2013世界選手権10000m代表
※2014アジア大会10000m銀メダル
※2015世界選手権5000m代表
※2016五輪5000m&10000m代表



池上秀志(アラタプロジェクト~京都陸協 1993.12.27)日本・国内AIMS公認大会入賞者
棄権       17.04.09 ハノーファー
2:13:41   2位 17.11.26 大阪 *日本人1位



菊地賢人(コニカミノルタ 1990.9.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:23  38位 17.02.26 東京
2:15:32  17位 17.09.24 ベルリン

※2014世界ハーフマラソン代表



竹内竜真(日立物流 1992.5.29)日本・海外マラソン入賞者
2:18:58    6位 16.02.14 延岡
2:14:28  14位 17.02.05 大分
2:16:00    4位 17.09.17 シドニー



大津顕杜(トヨタ自動車九州 1991.12.7) ランナー個人成績(日本)
2:22:39  19位 16.08.28 札幌
2:18:13  26位 17.02.05 大分
2:20:27  22位 17.08.27 札幌



鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分
2:15:44  10位 17.07.02 ゴールドコースト
2:22:52  29位 17.08.27 札幌



千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡
2:19:08  15位 17.08.27 札幌



池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)
2:44:47  118位 17.08.27 札幌



伊藤正樹(コニカミノルタ 1989.5.19)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:30:41  37位 15.08.30 札幌
2:24:43  35位 17.08.27 札幌

※2013青梅30kmロードレース優勝



五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター
2:15:41   5位 17.08.27 札幌

※城西大学男子駅伝部コーチ
 

マラソン歴(2018.4.28現在)1

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 4月28日(土)13時27分45秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)
2:28:32   3位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本最高(4:37:31)

※2014世界ハーフマラソン代表



橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京
2:10:19   4位 17.07.02 ゴールドコースト



大崎翔也(中電工 1991.8.1)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津
2:11:03   6位 17.07.02 ゴールドコースト



押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野

※2016青梅30kmロードレース優勝



佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川
2:43:57  69位 17.04.16 長野



鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌
2:27:41  22位 17.04.16 長野



内田梨絵(大塚製薬 1995.8.2)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:35   2位 15.03.22 徳島
2:32:25  20位 16.03.13 名古屋
2:33:46  15位 17.01.29 大阪(国際)
2:37:00   1位 17.03.26 徳島



桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋



岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝



高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津



梶原有高(プレス工業~厚木市陸協~ひらまつ病院 1988.6.16) ランナー個人成績(日本)
2:18:01  34位 13.03.03 大津
2:18:58  32位 14.02.23 東京
2:14:27  16位 16.12.04 福岡
2:21:18  45位 17.03.05 大津



藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高



田端沙紀(大塚製薬 1991.4.6)国内AIMS公認大会入賞者
2:50:14   4位 12.08.26 札幌
2:37:40  14位 13.02.24 東京
2:46:20   9位 13.08.25 札幌
2:34:35  17位 15.03.08 名古屋
2:51:04  19位 15.08.30 札幌
2:34:20  24位 16.03.13 名古屋
2:55:00  49位 17.02.26 東京



服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝



岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京



圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表



松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山



今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山



奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
(ペースメイカー)    15.02.22 東京
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡



堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 17.01.29 大阪(国際)



高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)



関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)



田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表
※2018まつえレディースハーフマラソン優勝



新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト



天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)国内AIMS公認大会入賞者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝



上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋



藤森憲秀 (中国電力 1985.2.15) ランナー個人成績(日本)
2:17:50  29位 11.03.06 大津
2:22:45  71位 12.03.04 大津
2:13:11  20位 13.02.24 東京
2:13:55  15位 13.10.13 シカゴ
2:20:34  29位 14.02.02 大分
2:27:38  77位 15.03.01 大津
2:33:20  149位 16.03.06 大津



柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表



高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表



上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝



大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表



長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督



出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表



橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ



城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表



森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ



箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋



板山学(日清食品グループ 1978.6.26)国内AIMS公認大会入賞者
2:21:36   4位 04.04.11 長野
2:19:50  32位 05.03.06 大津
2:17:01   8位 06.02.12 東京
2:17:29   8位 07.02.18 東京
2:14:13  14位 08.02.17 東京
2:22:19  29位 09.03.22 東京
2:24:09  25位 10.02.28 東京
棄権       11.12.04 福岡
2:20:59  43位 12.02.26 東京
2:16:24  30位 13.02.24 東京
2:18:54  30位 14.02.23 東京
2:18:32  31位 15.02.22 東京

※日清食品グループ陸上競技部コーチ



保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部コーチ



清水裕子(積水化学 1985.7.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    12.01.29 大阪(国際)
2:32:00  11位 14.04.13 ロンドン

※2009・2010・2011世界クロスカントリー日本代表



山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表



北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ



岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表



本多浩隆(中国電力 1985.7.30) 日本・陸上競技指導者
2:28:59  23位 10.08.29 札幌
2:19:30   4位 10.12.19 防府

※中国電力陸上競技部コーチ兼マネージャー



上岡宏次(日産自動車~エスビー食品~プレス工業 1977.7.20)日本・陸上競技指導者
2:18:19  14位 07.02.04 大分
2:15:03  13位 09.03.22 東京

※プレス工業陸上競技部監督
 

海外マラソンと日本代表ユニフォーム

 投稿者:かんちゃん@スマホメール  投稿日:2018年 4月24日(火)09時23分32秒 20.205.49.163.rev.vmobile.jp
返信・引用
  ツイッターとフェイスブックに夢中になってましたさんへのお返事です。

> ボストンマラソンで過去に優勝した日本人選手は、みな日本代表ユニフォームだったように思います。チームユニフォームでの優勝は今回が初めてなんでしょうね。
>
> https://blog.goo.ne.jp/ibepochi/e/11fb0e8a13ff2fd2b318fd80189f9bc4
>


ご指摘の通り、1990年代までは海外マラソンに日本陸連から派遣されるランナーは白に赤たすきの日本代表ユニフォームで走ってました。青梅や勝田マラソンからのボストン派遣や、大田原からのパリ派遣は所属チームのユニフォームでOKだったようです。

古い陸上競技専門誌で調べたら、1998年までは海外マラソンに日本代表ユニフォームで走ってました。1999年にボストンで3位に入賞した有森裕子さんはリクルート、ベルリンで日本最高記録で走った犬伏孝行さんは大塚製薬のユニフォームで走ってました。

「選手権大会や五輪以外の、賞金レースでナショナルチームのユニフォームで走るのは中国やキューバのような社会主義国だけ。」という指摘を受けての変更だったと記憶してます。
 

Re: 川内優輝、ボストンマラソン優勝!

 投稿者:ツイッターとフェイスブックに夢中になってました  投稿日:2018年 4月23日(月)11時43分42秒 p1018032-ipngn200809kobeminato.hyogo.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.8853[元記事へ]

かんちゃん@スマホさんへのお返事です。

> おはようございます。日本全国のマラソンファンの皆さんは爽やかな朝を迎えられたと思います。
>
> 日本人初のWMM優勝が大迫でも設楽でもなく、川内でした。彼にはベルリンやロンドンよりもボストンが似合うと思ったら、まさにボストンが「川内劇場」に奈りました。
>


ボストンマラソンで過去に優勝した日本人選手は、みな日本代表ユニフォームだったように思います。チームユニフォームでの優勝は今回が初めてなんでしょうね。

https://blog.goo.ne.jp/ibepochi/e/11fb0e8a13ff2fd2b318fd80189f9bc4
 

ボストン、ボストン

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 4月21日(土)13時59分16秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ○Boston Marathon(4/16)
http://www.baa.org/races/boston-marathon.aspx
http://boston-iframe.r.mikatiming.de/2018/?pid=leaderboard

Yuki Kawauchi Comes From Behind to Win Boston Marathon
http://www.baa.org/news-and-press/news-listing/2018/april/yuki-kawauchi-comes-from-behind-to-win-boston-marathon.aspx
(4/16)

After Winning The Boston Marathon, Yuki Kawauchi Heads Back To The Office
View Full 2018 Boston Marathon & B.A.A. 5k/Mile Coverage
https://www.flotrack.org/articles/6180706-after-winning-the-boston-marathon-yuki-kawauchi-heads-back-to-the-office
(Flo Track 4/20)

stars Boston Marathon 2018
https://www.youtube.com/watch?v=erswpH4s0Sk
Desiree Linden and Yuki Kawauchi 2018 Boston Winners Press Conference
https://www.youtube.com/watch?v=XZPUg0csrFU


川内選手、ボストン優勝おめでとうございます。

当日の戦略の巧みさ、レース運びの見事さもですが、事前の綿密な準備と意欲も光りました。
年末年始の休日を利用してボストン訪問・コース試走。
一昨年末にも同様に世界選手権のコース下見でロンドンを訪れていたことから、川内選手の今年前半のメインターゲットはボストンと踏んでいましたが、それにしても優勝とは。


川内優輝の海外挑戦を支え続けたカナダ人
プロ転向へ「彼の自由を守ることが大事」
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804200003-spnavi
(スポーツナビ 4/20)
How it Happened
http://japanrunningnews.blogspot.jp/2018/04/how-it-happened.html
(Japan Running News 4/20)

Brett Larnerさんのすばらしいサポートにもいつも注目しています。
本当におめでとうございます。

川内選手をボストンに出場させたがっていたエリートチームコーディネーター・Mary Kate Shea氏の招きに応じてLarnerさんがレッドソックスの試合に行くと、Bill Rodgers選手やGreg Meyer選手も来ており(^^;)そしてBill Rodgers選手のYou have to run Boston動画に、となるわけですね。
ボストン近郊のMarshfield Road Runners New Year's Day Marathonが川内選手のボストン下見&レース参加にうってつけであること、たまたまShea氏が同大会主催クラブのメンバーであったことなど、幸運も重なりましたがLarnerさんもその幸運を見事に活用しました。同大会が川内選手sub-20の回数世界記録樹立の大会となるよう手を尽くして(IAAF標準コースにして)同大会に花をもたせるところもいいです。
寒いコンディションという幸運をいかして優勝をつかみ取った川内選手といい、たしかに2人の考え方は似ているのかもしれません。


ここ何年か、WMMの時期にはケーブルTVのオプションチャンネルにフジNEXTを追加していました。
フジNEXTのWMMと日テレジータスのダイヤモンドリーグは、試合中にはCMを入れない理想的な放送でした。ダイヤモンドリーグは今年も放送してくれます。
WMMの方も何とか復活してほしいですね。私は、地上波放送よりは従来の形態で放送を望みます。
 

川内優輝、ボストンマラソン優勝!

 投稿者:かんちゃん@スマホメール  投稿日:2018年 4月17日(火)07時15分48秒 203.253.149.210.rev.vmobile.jp
返信・引用
  おはようございます。日本全国のマラソンファンの皆さんは爽やかな朝を迎えられたと思います。

日本人初のWMM優勝が大迫でも設楽でもなく、川内でした。彼にはベルリンやロンドンよりもボストンが似合うと思ったら、まさにボストンが「川内劇場」に奈りました。

これを見たさにフジテレビNEXTに加入したのに、今年から中継無し!この局が低迷するのも分かります。

 

パリ、ロッテルダム

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 4月 9日(月)06時47分45秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ○ Schneider Electric Marathon de Paris(4/8)
http://www.schneiderelectricparismarathon.com/en
https://track.rtrt.me/e/ASO-PARISMARATHON-2018#/leaderboard/top-women

○NN Marathon Rotterdam(4/8)
http://www.nnmarathonrotterdam.org
https://results.sporthive.com/events/6386505967023513344

福士選手は回避のようですね。
 

ボストン、ロンドン

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 4月 4日(水)18時26分51秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ○Boston Marathon(4/16)
http://www.baa.org/races/boston-marathon.aspx

Media Guide
https://www.johnhancockmarathonhub.com/wp-content/uploads/2018/03/Complete_2018_Boston_Marathon_Media_Guide.pdf


○Virgin Money London Marathon(4/22)
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/

Media Guide
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/news-media/media-resources/
http://london-marathon.s3.amazonaws.com/vmlm2014/live/uploads/cms_page_media/206/2018-Virgin-Money-London-Marathon-Media-Guide.pdf

濱崎達規選手も出場。

Charlotte Purdue to miss London Marathon
https://www.fastrunning.com/events-and-races/events-news/charlotte-purdue-to-miss-london-marathon/14316
(Fast Running  4/3)
 

パリ、ゴールドコースト、徐州

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月31日(土)16時48分6秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○ Schneider Electric Marathon de Paris(4/8)
http://www.schneiderelectricparismarathon.com/en

Elite。高島選手も出場。
http://netstorage.lequipe.fr/ASO/egp/marathon-de-paris/semip-2018-homme.pdf
http://netstorage.lequipe.fr/ASO/egp/marathon-de-paris/semip-2018-femme.pdf


○Gold Coast 2018 Commonwealth Games(4/4-15 陸上4/8-15)
https://www.gc2018.com
https://results.gc2018.com/en/all-sports/competition-schedule.htm
https://results.gc2018.com/en/all-sports/athletes.htm
https://results.gc2018.com/en/athletics/sport-entries.htm


○江蘇銀行徐州国際馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)曁2018雅加達亜運会馬拉松選抜賽(3/25)
http://www.xuzhoumarathon.cn

最后?刻??多布杰 徐州?拉松董国建?冠!
https://sports.sina.com.cn/run/2018-03-25/doc-ifysqqrv8194465.shtml
(新浪網 3/25)

雲南省の董国建選手がただ1人残った多布傑選手を残り2km付近でふるい落として2:14:18で優勝。2位多布傑選手は13秒差。

2:10のpacerが1人いましたが14km付近で脱落。
本命選手だけ残ったと思って見ていましたら、ハーフ付近で2:10のナンバーをつけた選手が新たに1人集団の中から前に出てきて引っ張り始めました。リレー方式のpacerでした。
たぶん前半後半をそれぞれが受け持つ予定だったのでしょうが、前半担当は予定よりも早く脱落してしまったのでしょう。ともに10分切るペースには見えませんでした。
なお第2番目のpacerは途中から参加したわけではなく、集団の中にもぐっていました。
 

バレンシア、徐州、重慶

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月24日(土)15時55分32秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○IAAF/Trinidad Alfonso World Half Marathon Championships Valencia 2018(Valencia 3/24)
https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-half-marathon-championships
https://www.iaafvalencia2018.com


○江蘇銀行徐州国際馬拉松賽曁全国馬拉松錦標賽(徐州站)曁2018雅加達亜運会馬拉松選抜賽(3/25)
http://www.xuzhoumarathon.cn

中国マラソン選手権兼ジャカルタアジア大会選考会エントリーリスト(中国籍のみ)
http://www.xuzhoumarathon.cn/html/page-14832.html#cnt
東京でPB張美霞選手、ソウルを走ったばかりの宮麗華・金銘銘両選手もいます。
重慶の張新選手はコーチ兼任でしょうか。


全程2:10,梦想会在徐州????
http://www.sohu.com/a/225576507_100033731
(捜狐体育 3/15)
徐州?拉松高手?聚 国内?手突破210或?不是梦_跑??道_新浪?技?暴_新浪网
https://sports.sina.com.cn/run/2018-03-23/doc-ifysnevk9458205.shtml
(新浪跑歩 3/23)

今年は2:10のナンバーをつけた公式pacerが走るそうで、中国の記事や微博では「サブ2:10:00のpacerを用意!」と盛り上がっています。
楊定宏選手は、今年厦門でも途中までサブ10用のpacerについていったとのこと。
また、西蔵中長距離チームは春節の期間にエチオピアで64日間の合宿をしてきたとあります。


○長安汽車重慶国際馬拉松賽(3/25)
http://www.cqmarathon.com

中国マラソンメジャーズの1つ。CMMもAPM同様、李子成選手と何引麗選手が現在首位に立っています。
女子は李丹選手も同点首位で、さらにそれに続く選手の逆転もまだ可能。
https://www.chinamarathonmajors.com.cn/sites/dist/index.html#/champions


○比仏利無錫馬拉松(3/25)
http://wuximarathon.com

その李子成選手は、明日は重慶ではなくこちらに出場。

无??拉松国内?手前瞻:李子成或无人能?  ※男女Eliteリストあり(中国籍のみ)
http://www.kaixian.tv/gd/2018/0323/487010.html
http://www.kaixian.tv/gd/2018/0323/487010_2.html
(新浪跑歩 3/23)


“我要上奥运”万人跑?名?公布
http://www.athletics.org.cn/competition/news/2018-02-26/529463.html
(中国陸連 2/26)

中国陸連は、東京五輪マラソン代表のうち男女各1名ずつを陸連登録未経験者にあてると発表しています。
その第一段階として、該当大会で条件をみたしたタイム上位ランナー男女各5000名、計1万名を公開。
ここから数段階をへてこの枠の代表を確定します。
 

ニューヨーク、ソウル、新北

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月21日(水)21時08分18秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○United Airlines NYC Half(3/18)
http://www.nyrr.org/races-and-events/2018/united-airlines-nyc-half
https://liveresults.nyrr.org/e/NYH2018#/leaderboard/top-men-halfmarathon/FINISH
http://www.nyrr.org/sites/default/files/UANYCH18%20Media%20Guide_FNL_digital2_0.pdf ※MediaGuide

Two First-Time Winners and Two Repeat Winners Lead United Airlines NYC Half
https://blog.nyrr.org/home/2018/3/18/united-airlines-nyc-half-winners-true-diriba-van-dyk-schar
(3/18)
Ben True Outkicks Dathan Ritzenhein To Win 2018 NYC Half in His Half Marathon Debut, Buze Diriba Edges Emily Sisson For Women’s Title
http://www.letsrun.com/news/2018/03/ben-true-outkicks-dathan-ritzenhein-win-2018-nyc-half-half-marathon-debut-buze-diriba-edges-emily-sisson-womens-title/
(LetsRun 3/18)
Athletics: Saucony’s Athlete Ben True Becomes First American Man To Win NYC Half Marathon
American 5K record holder Ben True, running in the Saucony Type A8, dominates field stacked with Olympians in his 13.1-mile debut
https://www.runnersweb.com/running/news_2018/rw_news_20180320_Saucony_Ben_True.html
(RunnersWeb 3/18)

Emily Sisson選手、去年練習パートナーMolly Huddle選手に2秒差で敗れましたが今年も1秒差の2位。
女子の優勝記録は大会史上最も遅かったそうで、スタート時氷点下の寒さと強風のためと思ったのですが、新コースをよく見ると結構上り下りがありますね。


○ソウル国際マラソン大会兼東亜マラソン大会(3/18)
http://seoul-marathon.com
https://media.aws.iaaf.org/competitiondocuments/pdf/6384/CompetitionResults6384.pdf?v=21726064

'マラソン韓国新' Kim Do-Yeon "10,000m 韓国新+AG マラソン 金 挑戦"
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2018/03/18/0200000000AKR20180318032600007.HTML
(聯合ニュース 3/18)
Kim Do-Yeon, 21年泊った韓国女マラソン最高記録更新
http://news.joins.com/article/22450833
(中央日報 3/18)

女マラソン ‘21年ぶりの春便り’
http://news.donga.com/3/all/20180319/89160591/1
(東亜日報 3/19)
‘21年ぶりの韓国記録’ ソウル国際マラソン女帝Kim Do-Yeon, “世界最高に向けて”
http://news.donga.com/Top/3/05/20180318/89158923/4
(東亜日報 3/19)
韓国女マラソン記録の産室東亜マラソン
http://sports.donga.com/3/01/20180318/89158871/3
(東亜日報 3/19)
臥薪嘗胆エルペ, ぱっと笑った
http://news.donga.com/Top/3/05/20180319/89160755/1
(東亜日報 3/19)

キム・ドヨンが21年ぶりに女子マラソン韓国記録を更新、ソウル国際マラソン
http://japanese.donga.com/List/3/06/27/1256927/1
(東亜日報(日本語) 3/19)

ソウル国際マラソンの時期になると、女子については毎年のように「○年ぶりの韓国記録更新に挑戦」というプレビュー記事が出るのが恒例でほとんど見飽きるほどでしたが、今年とうとう達成ですね。
1人になった35km以降、とくに40kmからがすばらしいです。
アジア大会を予定しているようですが、その後のレース選択もふくめて楽しみです。
順調にのびてほしいです。


キム・ジェフンとキム・ドヨン、APMポイント上位入り
http://japanese.donga.com/List/3/06/27/1259537/1
(東亜日報(日本語) 3/21)
男子では李子成選手、女子では何引麗選手が現在APM首位なんですね。



○新北市万金石馬拉松(新北 3/18)
http://www.wanjinshi-marathon.com.tw/index.html
http://bao-ming.com/wjs/
http://www.wanjinshi-marathon.com.tw/news/Detail/530606b9-ec85-4320-aeda-ab1bcb92fb16?type=0

台湾初のIAAFシルバーラベルのフルマラソンですね。
大会名は新北市の万里、金山、石門を走ることから。

萬金石馬/奪冠累癱 最強素人跑者川?優輝不支倒地
https://udn.com/news/story/7270/3037505
(聯合新聞 3/18)
臺灣首場IAAF銀標馬 40位世界菁英 3/18決戰萬金石 日本最強市民跑者川?優輝 V.S. 肯亞科依克 2分鐘的對決
https://www.t-sports.ntpc.gov.tw/link_data/index.php?mode=detail&id=47005&type_id=2&parent_id=10021
(新北市政府体育処 3/16)

万金石?拉松川内???冠 冲?后昏倒被送医
http://www.sohu.com/a/225788503_314192
(捜狐体育 3/18)
大陸のメディア・捜狐のこの記事では、川内選手が走ったMarshfield Road Runners New Year's Day Marathonやsub2:20の話題も比較的詳しく報道。
大陸の大会も走ってほしいと思っています。


中国第一家???拉松??部成立 ?国?任主教? ※中国初の職業マラソンクラブ成立 張国偉、ヘッドコーチへ
http://sports.people.com.cn/n1/2018/0321/c401892-29880326.html
(人民網 3/20)
?放?体育 云南斐??拉松??部成立
http://www.sport.gov.cn/n318/n352/c851397/content.html
(国家体育総局/中国体育報 3/21)
助力本土?拉松运??展 云南斐??拉松??部成立
http://www.kmzscc.com/index.php?m=home&c=index&a=detail&id=138093
(掌上春城/昆明日報 3/21)

地元・斐訊体育の出資を受け、雲南斐訊マラソンクラブが雲南省呈貢(昆明、海抜1900m)を拠点に成立。中国最初の職業マラソンクラブと報道されています。
雲南省チーム総コーチ・マラソンヘッドコーチの張国偉コーチがこのクラブのヘッドコーチに就任。

民營?樂部跑出亞洲冠軍 田徑好苗子有了新土壤
http://www.sportsonline.com.cn/BIG5/35862/143318/10490551.html
(人民網 2009/12/2)
?宁田径新出了个敖家? 新科?洲冠?就出自其?下
http://sports.sina.com.cn/o/2009-11-17/07324700296.shtml
(新浪網/瀋陽晩報 2009/11/7)

敖大偉氏が2002年に私費を投じて設立し、初期は大会賞金などで運営→のち遼寧省体育局から援助を受けるようになる北京遠中倶楽部が、中国初の民営陸上クラブと報道されていました。
今でも、大会結果などでここの所属選手を見ることがあります。
 

マラソン歴(2018.3.14現在)4

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 3月14日(水)18時05分36秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  児玉雄介(コモディイイダ 1986.8.10)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京
2:18:22  45位 18.02.25 東京
2:27:40   2位 18.03.11 古河



岩出玲亜(ノーリツ~ドーム 1994.12.8) MGC出場権獲得者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋
2:31:11   5位 17.11.12 さいたま *日本人1位
2:26:28   4位 18.03.11 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表



野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6) MGC出場権獲得者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋
2:30:11   2位 17.08.27 札幌
2:29:05   2位 17.11.26 東莞・アジア選手権
2:26:33   5位 18.03.11 名古屋



下門美春(第一生命~しまむら~ニトリ 1990.4.24)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋
棄権       17.08.27 札幌
2:37:30   2位 17.11.23 大田原
2:37:18  25位 18.03.11 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝



小原怜(天満屋 1990.8.10)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋
2:27:44   8位 18.03.11 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



前田彩里(佛教大学~ダイハツ 1991.11.7)日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権
2:26:33   5位 18.03.11 名古屋
2:30:54  15位 18.03.11 名古屋



加藤岬(九電工 1991.6.15)国内ローカル大会優勝者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)
2:28:12   1位 17.12.17 防府
2:29:22  10位 18.03.11 名古屋



土井友里永(スターツ~富士通 1988.12.08)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:51:04   5位 16.11.23 大田原
2:41:27  25位 17.03.12 名古屋
2:36:28   6位 17.08.27 札幌
2:29:49  11位 18.03.11 名古屋



田中華絵(第一生命グループ~資生堂 1990.2.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪
2:32:16   3位 17.08.27 札幌
2:27:40   6位 18.03.11 名古屋

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル



水口侑子(デンソー 1985.5.24) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌
2:34:04   4位 17.08.27 札幌
2:32:14  17位 18.03.11 名古屋

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝



新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋
2:42:31  10位 17.08.27 札幌
2:38:33  27位 18.03.11 名古屋

※2015ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表



清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12)日本・世界陸上代表
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋
2:30:36  16位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:28:58   9位 18.03.11 名古屋



竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋
2:39:46  29位 18.03.11 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋
2:31:33   2位 17.05.14 リガ
2:36:37  18位 18.03.11 名古屋

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



沼田未知(豊田自動織機 1989.5.6) ランナー個人成績(日本)
2:27:27   9位 16.03.13 名古屋
2:30:07  12位 18.03.11 名古屋



古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:58   9位 18.01.28 大阪(国際)
2:36:34   2位 18.03.04 鹿児島

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



床呂沙紀(関西外国語大~京セラ 1994.5.23)国内市民マラソン大会優勝者
2:37:08  14位 16.01.31 大阪(国際)
2:54:50   1位 16.11.13 揖斐川
2:50:24   1位 16.11.23 福知山
2:44:05   1位 16.12.11 奈良
2:36:32  22位 17.01.29 大阪(国際)
2:33:41   1位 18.03.04 鹿児島



竹ノ内佳樹(NTT西日本 1992.5.25) MGC出場権獲得者
2:13:33  11位 17.03.05 大津
2:10:01   7位 17.12.03 福岡(国際)
2:20:29  30位 18.03.04 大津



鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡
2:16:33   1位 17.10.29 島田(大井川)
2:13:11  14位 17.12.03 福岡(国際)
2:35:58  113位 18.03.04 大津



森田知行(カネボウ 1984.7.8)国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津
2:24:49    8位 17.09.17 シドニー
2:28:46  73位 18.03.04 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝



阿部豊幸(NTT西日本 1986.7.28) 日本・海外マラソン入賞者
2:15:48  15位 11.04.18 ボストン
2:19:58   2位 14.02.16 オースティン
2:18:59  11位 16.10.30 大阪
2:39:19  33位 17.02.12 延岡
2:26:02  43位 17.08.27 札幌
2:29:11  78位 18.03.04 大津



野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・海外マラソン優勝者
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京
2:08:59   1位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本最高(4:37:31)
2:11:48  10位 18.03.04 大津

※2010世界クロスカントリー代表



馬場圭太(Honda 1986.4.28) ランナー個人成績(日本)
2:14:36  14位 17.03.05 大津
2:22:42  28位 17.08.27 札幌
2:22:56  39位 18.03.04 大津



倉田翔平(日立物流~GMO 1992.8.5) ランナー個人成績(日本)
2:21:35  14位 2017.02.12 延岡
2:13:16   7位 2017.12.17 防府
2:22:02  35位 2018.03.04 びわ湖



飯沼健太(SGHグループ 1988.2.1)日本・海外マラソン入賞者
2:15:05  19位 14.03.02 大津
2:23:12   4位 14.09.14 ケルン
2:44:42  183位 14.03.01 大津
2:16:36.1  8位 15.05.17 リガ
2:13:43  15位 16.12.04 福岡(国際)
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
2:16:52  10位 17.04.23 ハンブルグ
2:24:25  49位 18.03.04 大津



岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分
2:24:00  46位 18.03.04 大津



鈴木洋平(早稲田大~愛三工業、新居浜西高卒 1994.5.23) 愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:14:56   2位 17.02.12 松山 *従来の大会記録を更新
2:15:16  14位 18.03.04 大津



田中佳祐(富士通 1988.9.6) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:41   4位 18.02.11 延岡
2:14:50  12位 18.03.04 大津

※2007世界クロスカントリー代表
※2012・2014日本選手権1500m優勝



村山謙太(旭化成 1993.2.23)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:58  30位 16.02.28 東京
2:17:43  21位 18.03.04 大津

※2013ユニバーシアード10000m代表
※2014世界ハーフマラソン代表
※2015世界陸上10000m代表



窪田忍(駒澤大学~トヨタ自動車 1991.12.12) ランナー個人成績(日本)
2:15:48  27位 13.03.03 大津
2:19:18  28位 18.03.04 大津



福田穣(八千代工業~西鉄 1990.12.31) 日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:06  35位 16.03.06 大津
2:16:30   9位 16.08.28 札幌
2:16:16  20位 17.02.05 大分
2:15:11   3位 17.08.27 札幌
2:18:16  23位 18.03.04 大津



北澤健太(八千代工業 1990.11.18) 日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:25  77位 16.03.06 大津
2:22:15  52位 17.03.05 大津
2:16:52   8位 17.08.27 札幌
2:24:47  52位 18.03.04 大津



阿部豊幸(NTT西日本 1986.7.28) 日本・海外マラソン入賞者
2:15:48  15位 11.04.18 ボストン
2:19:58   2位 14.02.16 オースティン
2:18:59  11位 16.10.30 大阪
2:39:19  33位 17.02.12 延岡
2:26:02  43位 17.08.27 札幌
2:29:11  78位 18.03.04 大津



設楽啓太(コニカミノルタ~埼玉陸協~日立物流 1991.12.18) 日本・国内ローカル大会優勝者
2:28:29  79位 17.12.03 福岡
2:18:39  26位 18.03.04 大津

※2016熊日30kmロードレース優勝
 

マラソン歴(2018.3.14現在)3

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 3月14日(水)18時02分0秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  設楽悠太(Honda 1991.12.18) 世界or日本最高記録保持者
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位
2:09:03   6位 17.09.24 ベルリン
2:06:11①  2位 18.02.25 東京

※ハーフマラソン日本記録保持者(1:00:17/2017.9.16)
※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表



井上大仁(MHPS 1993.1.6) 日本・世界陸上代表
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位
2:16:54  26位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:23:47   2位 17.10.01 岩沼
2:06:54④  5位 18.02.25 東京

※2014世界ハーフマラソン代表



佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
棄権       17.12.03 福岡(国際)
2:08:58  10位 18.02.25 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表



宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28) MGC出場権獲得者
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津
2:13:23  11位 17.10.08 シカゴ
2:08:45   8位 18.02.25 東京

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表



木滑良(MHPS 1991.1.22)日本・国内AIMS公認大会優勝者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分
2:08:08⑳  7位 18.02.25 東京



山本憲二(東洋大学~マツダ 1989.11.17) MGC出場権獲得者
2:29:50  68位 12.02.26 東京
2:15:19  18位 17.03.05 大津
2:08:48   9位 18.02.25 東京



荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分
2:24:55  41位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:36  12位 18.02.25 東京



一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津
2:15:43   8位 17.12.17 防府
2:09:43  13位 18.02.25 東京

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル



村澤明伸(日清食品グループ 1991.03.28) MGC出場権獲得者
2:17:51  27位 17.03.05 大津
2:14:48   1位 17.08.27 札幌
2:09:47  14位 18.02.25 東京

※2008・2009・2010世界クロスカントリー代表
※2009ユニバーシアード5000m代表



山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京
棄権       18.02.25 東京



田中飛鳥(富士通~西鉄~ゆとりRC 1989.11.5) 国内市民マラソン大会優勝者
2:20:44  11位 17.02.12 延岡
2:20:05   1位 17.11.12 福岡
2:12:17   3位 17.12.17 防府
2:10:13  16位 18.02.25 東京



山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津
2:21:44  25位 17.08.27 札幌
2:10:14  17位 18.02.25 東京

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



神野大地(コニカミノルタ 1993.9.13) ランナー個人成績(日本)
2:12:50  13位 17.12.03 福岡(国際)
2:10:18  18位 18.02.25 東京



大石港与(トヨタ自動車 1988.5.19) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:39   4位 17.02.05 大分
棄権       18.02.25 東京

※2010世界クロスカントリー代表
※2016世界ハーフマラソン代表



濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所 1988.7.4)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野
2:16:18   6位 17.08.27 札幌
2:20:19   8位 17.10.15 ブエノスアイレス
2:20:30   1位 17.12.03 那覇
2:11:16   2位 17.12.17 防府
棄権       18.02.25 東京



村上康則(富士通~リスタート 1983.12.30)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:33:43  127位 15.03.01 大津
2:19:30   1位 15.10.18 長井(未公認)
2:23:57   7位 17.11.23 大田原
2:21:55  66位 18.02.25 東京

※2010アジア大会1500m代表
※リスタートランニングクラブコーチ



甲斐大貴(順天堂大~ラフィネ 1994.8.5)日本・海外マラソン優勝者
2:22:09   1位 17.01.29 勝田
2:18:17  43位 17.02.26 東京
2:35:51*  96位 17.04.17 ボストン
2:26:19   2位 17.07.02 函館
2:19:56  21位 17.08.27 札幌
2:18:20   1位 17.11.23 大田原
2:29:37   1位 17.12.10 プーケット
2:19:05  59位 18.02.25 東京



治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC~ラフィネ 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京
2:18:11  11位 17.08.27 札幌
2:22:11  15位 18.01.25 ドバイ
2:14:48  31位 18.02.25 東京

※ラフィネグループ陸上部コーチ



森橋完介(大東文化大~ラフィネ 1993.5.27)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:11  29位  16.03.06 大津
2:17:42  11位 16.08.28 札幌
2:23:23   2位 16.11.23 大田原
2:15:59  33位 17.02.26 東京
2:18:22  20位 17.04.09 パリ
2:17:35   9位 17.08.27 札幌
2:30:28  109位 17.12.03 福岡
2:16:51   1位 18.01.28 勝田
2:14:25  27位 18.02.25 東京



市田孝(旭化成 1992.6.16) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:19:24  50位 17.02.26 東京
(ペースメイカー)    18.02.11 延岡
2:15:09  35位 18.02.25 東京

※2010・2011世界クロスカントリー代表



中野円花(ノーリツ 1990.8.14) 国内市民マラソン大会優勝者
2:40:00   1位 14.02.16 泉佐野
2:37:43   1位 15.02.15 泉佐野
2:33:39  11位 16.02.28 東京
2:33:00   7位 17.02.26 東京
2:31:41   7位 18.02.25 東京



今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州
2:42:59  12位 17.08.27 札幌
2:35:13   3位 17.11.26 大阪
2:32:00   9位 18.02.25 東京



坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋
2:38:29   4位 17.09.10 ミュンスター
2:37:36   5位 17.11.26 大阪
2:39:15  15位 18.01.28 大阪(国際)
2:35:40  12位 18.02.25 東京



松見早希子(第一生命~Go up 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋
2:59:05   8位 17.10.29 富山
3:05:55  18位 17.12.10 ホノルル
3:05:08  139位 18.02.25 東京

※2016熊日30kmロードレース優勝



和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山
2:21:20   2位 17.03.26 徳島
2:34:41  57位 17.12.17 防府
2:25:01   2位 18.02.18 海陽(海部川)



辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分
2:22:03  15位 18.02.11 延岡



出口和也(旭化成 1988.8.14) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島
2:18:44   1位 17.10.29 金沢
棄権       17.12.03 福岡(国際)
2:14:24   5位 18.02.11 延岡

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝



正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋
3:09:50  37位 17.08.27 札幌
2:46:56   1位 18.02.04 松山

※2009世界ハーフマラソン代表
 

マラソン歴(2018.3.14現在)2

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 3月14日(水)18時00分16秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府
2:49:54   4位 18.02.04 大分



大谷健太(JFEスチール 1987.10.29) ランナー個人成績(日本)
(ペースメイカー)    13.03.03 大津
2:17:58  18位 15.02.01 大分
2:24:59  28位 16.02.07 大分
2:19:31  16位 16.08.28 札幌
2:18:06   5位 17.02.12 延岡
2:15:57  21位 18.02.04 大分



大谷康太(JFEスチール 1987.10.29) ランナー個人成績(日本)
(ペースメイカー)    13.03.03 大津
2:17:53  24位 16.03.06 大津
2:21:21  46位 17.03.05 大津
2:16:24  23位 18.02.04 大分



園田隼(黒崎播磨 1989.4.5) MGC出場権獲得者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津
2:12:04  11位 17.12.03 福岡(国際)
2:09:34   2位 18.02.04 大分 *日本人1位



大塚祥平(駒澤大~九電工 )日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:15:10  16位 17.03.05 大津
2:10:12   3位 18.02.04 大分



小山司(SUBARU )日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:13  11位 15.02.08 延岡
2:13:58  26位 17.02.26 東京
2:20:06   6位 17.09.17 シドニー
2:11:20   5位 18.02.04 大分



佐藤歩(MHPS 1988.2.25) ランナー個人成績(日本)
2:19:39  16位 13.02.10 延岡
2:16:17   3位 16.02.14 延岡
2:12:37  10位 18.02.04 大分



藤川拓也(中国電力 1992.12.27)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:24  24位 17.03.05 大津
2:11:59   6位 18.02.04 大分



大西一輝(カネボウ 1987.3.28)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:15:39   4位 17.04.16 長野
2:15:13  18位 18.02.04 大分



定方俊樹(MHPS 1992.3.4) ランナー個人成績(日本)
2:21:21  13位 17.02.12 延岡
2:16:21  22位 18.02.04 大分



中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京
2:12:36   5位 17.12.17 防府
2:13:45  14位 18.02.04 大分



兼実省伍(中国電力 1990.9.20)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:22   5位 15.02.08 延岡
2:20:40  22位 15.10.11 シカゴ
2:14:15  10位 16.02.07 大分
2:18:15   8位 16.12.17 防府
2:18:32   8位 17.04.16 長野
2:24:57  36位 17.08.27 札幌
2:16:51   6位 17.11.26 東莞・アジア選手権
2:12:58   6位 17.12.17 防府
2:15:57  20位 18.02.04 大分



日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11   9位 16.02.07 大分
2:19:08   7位 16.09.18 シドニー
2:12:42   9位 17.02.05 大分
2:25:14  37位 17.08.27 札幌
2:17:24  23位 17.12.03 福岡(国際)
2:19:02  29位 18.02.04 大分



千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分
2:19:42  19位 17.08.27 札幌
2:16:33   5位 17.12.03 マカオ
2:17:55  26位 18.02.04 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表



服部翔大(Honda 1991.10.28) 日本・海外マラソン優勝者
2:14:19    2位 17.02.12 延岡
2:15:16    1位 17.09.17 シドニー
2:14:11  15位 18.02.04 大分

※2013ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表



池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京
2:19:57  31位 18.02.04 大分

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



佐々木寛文(日清食品グループ 1990.11.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:16:32  18位 16.03.06 大津
2:14:16  13位 17.03.05 大津
2:19:38  17位 17.08.27 札幌
2:16:59  24位 18.02.04 大分

※2008世界クロスカントリー代表



谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4) 日本・海外マラソン優勝者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー
2:18:33  28位 18.02.04 大分



吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津
2:15:04   2位 17.08.27 札幌
2:18:09  27位 18.02.04 大分


前田穂南(天満屋 1996.07.17) MGC出場権獲得者
2:32:19  12位 17.01.29 大阪(国際)
2:28:48   1位 17.08.27 札幌
2:23:48   2位 18.01.28 大阪(国際)



安藤友香(ミズノ~時之栖~スズキ浜松AC 1994.3.16) 日本・世界陸上代表
2:21:36④  2位 17.03.12 名古屋 *初マラソン日本最高
2:31:31  17位 17.08.06 ロンドン・世界選手権
2:27:37   3位 18.01.28 大阪(国際)

※2016世界ハーフマラソン代表



野村沙世(名城大~第一生命~ユニクロ 1989.4.18)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
(ペースメイカー)    12.03.11 名古屋
2:32:29  10位 14.01.26 大阪(国際)
2:48:31  16位 17.08.27 札幌
2:36:52  11位 18.01.28 大阪(国際)

※2009・2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル
※2014世界ハーフマラソン代表



小田切亜希(天満屋~竹村製作所 1990.8.20)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋
2:41:26   4位 17.04.16 長野 *日本人1位
2:46:44   2位 17.10.01 松本
2:49:29  38位 18.01.28 大阪(国際)

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



高田晴奈(ヤマダ電機 1990.2.17)日本・海外マラソン優勝者
2:31:23  15位 15.03.08 名古屋
2:31:17  15位 16.03.13 名古屋
2:32:51  13位 17.01.29 大阪(国際)
2:41:31  26位 17.03.12 名古屋
棄権       17.08.27 札幌
2:40:49   1位 17.10.15 ポズナン
2:39:20  16位 18.01.28 大阪(国際)



堀正樹(大塚製薬 1990.8.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:39   5位 14.02.16 オースティン
2:18:55  12位 14.04.20 長野
2:19:53  12位 14.08.31 札幌
2:29:54  51位 15.02.01 大分
2:23:48  19位 15.08.30 札幌
2:36:46  34位 16.02.14 延岡
棄権       16.08.28 札幌
2:20:27   1位 17.03.26 徳島
2:29:19  50位 17.08.27 札幌
2:35:29  67位 17.12.17 防府



八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ
2:25:57  18位 17.07.02 ゴールドコースト
2:18:41  10位 17.12.17 防府

※2007世界クロスカントリー代表



早狩実紀(三和銀行~トーラス~京都光華AC 1972.11.29)世界or日本最高記録保持者
2:53:43   9位 14.11.09 アテネ
2:52:06   1位 15.11.08 アテネ
3:09:32  12位 17.11.12 アテネ
3:03:21  16位 17.12.10 ホノルル

※3000mSC日本記録保持者(9:33.93/2008.7.20)
※1991世界選手権3000m代表
※2005・2007・2009世界選手権3000mSC代表
※2008五輪3000mSC代表
※2010アジア大会3000mSC銅メダル



ビダン・カロキ(ケニア/世羅高~エスビー食品~DeNA 1990.8.21)WMM大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.27 東京
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
2:07:41   3位 17.04.23 ロンドン
2:08:44   4位 17.12.03 福岡(国際)

※2012五輪10000m5位入賞
※2013世界陸上10000m6位入賞
※2015世界陸上10000m4位入賞
※2016五輪10000m7位入賞
※2017世界陸上10000m4位入賞



上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11) MGC出場権獲得者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津
2:09:27   6位 17.12.03 福岡(国際)



大迫傑(日清食品グループ~ナイキ・オレゴンプロジェクト 1991.5.23)世界or日本最高記録保持者
2:10:28*  3位 17.04.17 ボストン
2:07:19⑤  3位 17.12.03 福岡(国際) *日本人1位

※3000m日本記録保持者(7:40.09/2014.9.7)
※5000m日本記録保持者(13:08:40/2015.7.18)
※2011ユニバーシアード10000m金メダル
※2013世界選手権10000m代表
※2014アジア大会10000m銀メダル
※2015世界選手権5000m代表
※2016五輪5000m&10000m代表



池上秀志(アラタプロジェクト~京都陸協 1993.12.27)日本・国内AIMS公認大会入賞者
棄権       17.04.09 ハノーファー
2:13:41   2位 17.11.26 大阪 *日本人1位



菊地賢人(コニカミノルタ 1990.9.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:23  38位 17.02.26 東京
2:15:32  17位 17.09.24 ベルリン

※2014世界ハーフマラソン代表



竹内竜真(日立物流 1992.5.29)日本・海外マラソン入賞者
2:18:58    6位 16.02.14 延岡
2:14:28  14位 17.02.05 大分
2:16:00    4位 17.09.17 シドニー



大津顕杜(トヨタ自動車九州 1991.12.7) ランナー個人成績(日本)
2:22:39  19位 16.08.28 札幌
2:18:13  26位 17.02.05 大分
2:20:27  22位 17.08.27 札幌



鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分
2:15:44  10位 17.07.02 ゴールドコースト
2:22:52  29位 17.08.27 札幌



千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡
2:19:08  15位 17.08.27 札幌



池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)
2:44:47  118位 17.08.27 札幌



五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター
2:15:41   5位 17.08.27 札幌

※城西大学男子駅伝部コーチ



伊藤正樹(コニカミノルタ 1989.5.19)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:30:41  37位 15.08.30 札幌
2:24:43  35位 17.08.27 札幌

※2013青梅30kmロードレース優勝



押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野

※2016青梅30kmロードレース優勝


竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)
2:28:32   3位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本最高(4:37:31)

※2014世界ハーフマラソン代表



橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京
2:10:19   4位 17.07.02 ゴールドコースト


大崎翔也(中電工 1991.8.1)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津
2:11:03   6位 17.07.02 ゴールドコースト



佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川
2:43:57  69位 17.04.16 長野



鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌
2:27:41  22位 17.04.16 長野
 

マラソン歴(2018.3.14現在)1

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2018年 3月14日(水)17時59分33秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  内田梨絵(大塚製薬 1995.8.2)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:35   2位 15.03.22 徳島
2:32:25  20位 16.03.13 名古屋
2:33:46  15位 17.01.29 大阪(国際)
2:37:00   1位 17.03.26 徳島



桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋



奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル



岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝



高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津



梶原有高(プレス工業~厚木市陸協~ひらまつ病院 1988.6.16) ランナー個人成績(日本)
2:18:01  34位 13.03.03 大津
2:18:58  32位 14.02.23 東京
2:14:27  16位 16.12.04 福岡
2:21:18  45位 17.03.05 大津



藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)WMM大会入賞者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高



田端沙紀(大塚製薬 1991.4.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:50:14   4位 12.08.26 札幌
2:37:40  14位 13.02.24 東京
2:46:20   9位 13.08.25 札幌
2:34:35  17位 15.03.08 名古屋
2:51:04  19位 15.08.30 札幌
2:34:20  24位 16.03.13 名古屋
2:55:00  49位 17.02.26 東京



塩川雄也 (SUBARU 1983.1.20)国内市民マラソン大会優勝者
棄権       06.03.05 大津
2:33:54  84位 09.03.01 大津
2:25:42  19位 11.08.28 大津
2:17:29  41位 12.03.04 大津
2:14:49  24位 13.02.24 東京
2:24:47  13位 13.04.21 長野
2:18:41   5位 13.09.08 ミュンスター
2:30:23  23位 15.10.26 大阪
2:18:39   1位 16.11.20 つくば
2:16:38  35位 17.02.26 東京



服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝



岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京



圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表



折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:-- --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山



松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山



今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山



奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
(ペースメイカー)    15.02.22 東京
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡



堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 17.01.29 大阪(国際)



高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)



関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)



田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表



新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト



岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン 1984.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野



天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝



上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋



藤森憲秀 (中国電力 1985.2.15) ランナー個人成績(日本)
2:17:50  29位 11.03.06 大津
2:22:45  71位 12.03.04 大津
2:13:11  20位 13.02.24 東京
2:13:55  15位 13.10.13 シカゴ
2:20:34  29位 14.02.02 大分
2:27:38  77位 15.03.01 大津
2:33:20  149位 16.03.06 大津



柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表



高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表



上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝



大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表



長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督



出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表



白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表



橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ



城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表



森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝



坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ



箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋



板山学(日清食品グループ 1978.6.26)国内AIMS公認大会入賞者
2:21:36   4位 04.04.11 長野
2:19:50  32位 05.03.06 大津
2:17:01   8位 06.02.12 東京
2:17:29   8位 07.02.18 東京
2:14:13  14位 08.02.17 東京
2:22:19  29位 09.03.22 東京
2:24:09  25位 10.02.28 東京
棄権        11.12.04 福岡
2:20:59  43位 12.02.26 東京
2:16:24  30位 13.02.24 東京
2:18:54  30位 14.02.23 東京
2:18:32  31位 15.02.22 東京

※日清食品グループ陸上競技部コーチ



保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部コーチ



清水裕子(積水化学 1985.7.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    12.01.29 大阪(国際)
2:32:00  11位 14.04.13 ロンドン

※2009・2010・2011世界クロスカントリー日本代表



山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表



北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ



岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表



上岡宏次(日産自動車~エスビー食品~プレス工業 1977.7.20)日本・陸上競技指導者
2:18:19  14位 07.02.04 大分
2:15:03  13位 09.03.22 東京

※プレス工業陸上競技部監督
 

ロッテルダム、名古屋、清鎮

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月 8日(木)22時31分12秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○NN Marathon Rotterdam(4/8)
http://www.nnmarathonrotterdam.org

Mix van Keniaanse, Japanse en Ethiopische vrouwen gaan voor spannende race zorgen
VISILINE JEPKESHO ? KAYOKO FUKUSHI - BIRUKTAYIT ESHETU
http://www.nnmarathonrotterdam.nl/nieuws/deelname-vrouwen-nn-marathon-rotterdam/
(3/8)

De tot nu toe aangetrokken toppers op een rijtje (naam, land, leeftijd, persoonlijk record, jaar en stad van
Visiline Jepkesho (ETH) 28 2.21.37 2017 Parijs
Kayoko Fukushi (JPN) 35 2.22.17 2016 Amsterdam  ←「2016Amsterdam」はサイトの記載のママです(^^;)
Biruktayit Eshetu (ETH) 27 2.23.51 2015 Houston
Sentayehu Lewetegn (ETH) 21 DEBUT
Inge de Jong (NED) 41 2.33.20 2016 Rotterdam



○名古屋ウィメンズマラソン(3/11)

Aiyebei ready to make history at next month’s Nagoya Marathon
https://www.the-star.co.ke/news/2018/03/07/aiyebei-ready-to-make-history-at-next-months-nagoya-marathon_c1725683
(The Star 3/7)

“This will be my first time to compete at Nagoya but I want to win the race that no any other Kenyan runner has won in the 38 years of history,” said Aiyabei(=Valary Jemeli Aiyabei).
The road queen, who won Valencia Marathon in 2016 with a course record of 2:24.48, is optimistic of winning the race as part of her 2018 resolution before embarking on other world marathons, hopefully the World Marathon Majors.
“I am ready for the race. I have been training very  hard to ensure I win my first international race this year. That will boost my morale ahead of other marathons across the world,” she said after defending her Maria Soti cross country title in Elgeyo Marakwet County.



田径中心?于参加2018?洲越野???的通知  ※アジアクロカン選手権参加に関する陸上センター通知
http://www.athletics.org.cn/competition/tzgg/2018-03-08/529626.html
(中国陸連 3/8)

アジアクロカン選手権開催地の貴州・清鎮で3/15~16に中国クロカン選手権も開催。
一部種目は両方かねての実施でしょうか。
 

大津、ロンドン、名古屋

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月 5日(月)20時10分26秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  くろまきさんへ

Jake Robertson選手、みごとなマラソンデビューでしたね。
ヒューストンハーフを見ていましたが、するすると集団前方に出るやついてきたAdola選手も引き離して独走に持ち込むレース運びにはほれぼれしました。

今のところRobertson選手のコメントを載せた大手メディアの記事は、英文記事もふくめ朝日のこちらくらいでしょうか。

2週連続で双子の弟が新記録 東京マラソンに続き…
https://digital.asahi.com/articles/ASL345J0FL34UTQP01W.html?rm=490
(朝日 3/4)


Jake Robertson breaks New Zealand marathon record on debut
https://www.fastrunning.com/events-and-races/race-reports/jake-robertson-runs-new-zealand-record-on-his-eagerly-awaited-marathon-debut/13183
(Fast Running 3/4)

Commonwealth Games: Brothers Jake, Zane Robertson added to athletics team
http://www.newshub.co.nz/home/sport/2018/02/commonwealth-games-brothers-jake-zane-robertson-added-to-athletics-team.html
(Newshub 2/8)

Zane選手の方はCommonwealth Gamesで1万mに加えてマラソンも予定とあります。今度こそ!


そして、The Vitality Big Halfで優勝Mo Farah選手も、Virgin Money London MarathonでNRを視野に入れているようです。

Mo Farah wins big half-marathon and sets sights on Jones marathon record
・Farah wins London race in 61min 40sec ahead of Daniel Wanjiru
・ Athlete aims to compete in next year’s world championships
https://www.theguardian.com/sport/2018/mar/04/mo-farah-wins-big-half-marathon
(The Guardian 3/5)




○名古屋ウィメンズマラソン(3/11)
http://womens-marathon.nagoya

Kenya's Kabuu eyes strong comeback at Nagoya marathon
http://www.xinhuanet.com/english/2018-02/23/c_136994840.htm
(Xinhua 2/23)

"It has been hard on me balancing family and training. The injuries have been a constant problem to my development, but I have overcome them. For the last one year, I have stayed injury free and focused on reconditioning my body back to my best form," said Kabuu, Friday in Nairobi.
"I want to give it all my best in Nagoya. It will mean a lot to me if I win."
 

ロバートソン、NRを更新

 投稿者:くろまき  投稿日:2018年 3月 5日(月)12時59分33秒 124-140-40-125.rev.home.ne.jp
返信・引用
  すまろうさんが、東京マラソンでの新記録(2時間11分以内の人数)を紹介してくださいましたが、びわ湖でもありました。

3位に入ったジェイク・ロバートソン(Jake Robertson)。彼のタイム(2:08:26)は実に34年半ぶりにニュージーランド記録を更新したことになります。
更新前の記録は1983年10月のニューヨークシティで優勝したロッド・ディクソン(Rod Dixon)の2:08:59。(ただ、記録に厳しいARRSはスタートとゴールが離れすぎている、として認めてないんですが)

その前にはバリンジャー、フォスターなどオールドファンにはなじみの名前が並んでいますが、彼らとともに日本で達成した一人になりました。

ケニア、エチオピア勢が席巻するロードレース界で、昨年のリスボンハーフで彼が優勝した時注目したのですが、まだまだ伸びそうです。


 

東京、ロンドン、パリ

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 3月 4日(日)12時21分31秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○東京マラソン(2/25)
http://www.marathon.tokyo
http://leaderboard.marathon.tokyo
http://www.marathon.tokyo/media/press-release/  ※プレスリリース
http://www.marathon.tokyo/media/press-release/pdf/mediaguide.pdf  ※メディアガイド
http://www.letsrun.com/events/2018-tokyo-marathon/  ※LetsRun

Mediaguide一般公表は大会が終了してからの姿勢を何年もくずしませんね東京は(;_;)

日本選手の6分台2人8分台4人もですが、21位まで2:10:55でサブ11もすごいですね。
1レースのサブ11最多、従来は2011年フランクフルトで19人になりますでしょうか。
サブ10はどちらも14人となっています。
http://live.frankfurt-marathon.com/2017/?lang=EN&pid=start

Amy Cragg Joins the Giants of American Marathoning
The two-time Olympian went to Tokyo to run fast. And she cut more than 5 minutes off her best time.
https://www.runnersworld.com/tokyo-marathon/amy-cragg-runs-fifth-fastest-american-marathon
(RunnersWorld 2/26)
Amy Cragg’s Massive PR Foreshadows Big Year For U.S. Women’s Marathoning
View Full 2018 Boston Marathon & B.A.A. 5k/Mile Coverage
https://www.flotrack.org/articles/6126215-amy-craggs-massive-pr-foreshadows-big-year-for-us-womens-marathoning?utm_campaign=evergreen&utm_medium=socialmedia&utm_source=twitter&utm_content=article&utm_term=amycragg&rtid=&coverage_id=
(FloTrack 3/1)


从?京?拉松? ??国内跑?文化和运?基?
  ※東京マラソンフィーバーより国内ランニング文化とスポーツの基礎について検証する
http://sports.sina.com.cn/run/2018-02-28/doc-ifyrwsqk2007973.shtml
(新浪綜合 2/28)
日全??洲??保持者弃?运 将9月柏林挑?新高
  ※日本のフルアジア記録保持者、アジア大会を走らず 9月にベルリンで記録更新に挑戦
http://www.sohu.com/a/224285394_314192
(捜狐 2/27)


中国長距離の低迷について。
2008年とずいぶん前の記事になりますが、前年の城市運動会女子5000mで15:08.03の何盼選手など当時好記録を出していた若手が、省の専門チームではなく大学を進路に選ぶケースがふえて(陸上をやめてしまう若手もいるというわけです)、有望な若手の継続的な成長をうながす練習が困難になったとしています。
北京五輪直前、テスト大会実施のころの記事です。

中国女子田径滑坡有因:“宁上大学不??”
  ※中国女子陸上低迷の原因:練習ではなく大学進学を希望
http://sports.cctv.com/20080528/104221.shtml
(CCTV 2008/5/28)

あとは前に紹介したCanovaコーチのコメント、洪立氏の分析が参考になりますでしょうか。
http://8021.teacup.com/kanchan/bbs/8779



?于??中?跑?拉松?目2018年春季集?的通知
http://www.athletics.org.cn/training/tzgg/2018-02-25/529417.html
(中国陸連 2/25)
中長距離マラソンの合同合宿通知は久しぶりに見る気がします。
3月に貴州清鎮で実施ということで、アジアクロカン選手権代表もいるのでしょうね。

2018全国?拉松???系列????程
http://www.athletics.org.cn/competition/tzgg/2018-02-24/529381.html
(中国陸連 2/24)
全部で9つの大会を中国マラソン選手権シリーズとして系統化。重慶、北京などは入っていません。
第1戦の徐州国際マラソン(3/25)がアジア大会代表選考会をかねます。



○ The Vitality Big Half(London 3/4)
https://www.thebighalf.co.uk

Callum Hawkins, Mo Farah and David Weir get set for new Big Half
http://www.athleticsweekly.com/event-news/callum-hawkins-mo-farah-david-weir-set-big-half-80164
(Athletics Week 3/2)
Mo Farah and Callum Hawkins set for battle in London
https://www.fastrunning.com/events-and-races/events-news/mo-farah-and-callum-hawkins-set-for-battle-in-london/13112
(Fast Running 3/2)
Mo Farah set to tackle Big Half as London race passes inspection
http://www.bbc.com/sport/athletics/43273239
(BBC 3/3)


○Fitbit Semi de Paris(3/4)
http://www.fitbitsemideparis.com
 

Ken Young氏の訃報

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 2月17日(土)15時55分20秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  WTW: More Praise for the Japanese, Some Love For Caster Semenya, A Big Track Meet Gets Cancelled, RIP Jonathan Grey, Ken Young
The Week That Was In Running, February 5 - 11, 2018
http://www.letsrun.com/news/2018/02/wtw-praise-japanese-love-caster-semenya-big-track-meet-gets-cancelled-record-thats-not-made-broken/
(LetsRun 2/15)

ARRSの創設者Ken Young氏がご病気のため今月永眠されました。
残念というほか言葉が見つかりません。

In Memory of Ken Young
http://japanrunningnews.blogspot.jp/2018/02/in-memory-of-ken-young.html
(JapanRunnningNews 2/6)
You have likely never heard of Ken Young. But if you are a (really) fast runner, he’s certainly heard of you.
https://www.runnersworld.com/runners-stories/the-endless-toil-of-the-big-data-guy
(RunnersWorld 2016/3/2)
 

IAAFのデータ、ラスアルハイマ

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 2月 4日(日)17時15分25秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  くろまきさんへ

フィニッシュ4分台のレースでも上位ラストがその速さの時代に突入したのですね。

レースディレクターの方針、展望を読むのはどの大会でも楽しみです。前回の記事でも、大会運営の自負が感じられました。
今年も男女ともに上位が記録的なタイムになり、ディレクターの誇りになるレースがふえたというところでしょうか。
来年はケニアのトップも招待して世界記録をとのことで、best established runnersの出場もあるかどうかが気になります。



○IAAFのデータ、リストが一部模様替え

IAAFのデータサービスに統合ということで、All-Athletics.comが運営停止していました(;_;)
多数のデータ、選手や大会のポイント・ランキングなどきわめて有意義で興味深いサイトでした。

IAAFの選手や記録のデータも一部模様替えしています。
これにポイントやランキングが加わるわけですね。
選手データに代理人表示が追加されたのが面白いです(^^;)
All-Athleticsで表示のあった過去最高順位やその維持期間なども確認できるようだとありがたいです。
大会ごとのポイント・ランキング比較ができなくなるようならそれは残念……

https://www.iaaf.org/athletes

https://www.iaaf.org/records/toplists/road-running/marathon/outdoor/men/senior/2018?regionType=world&drop=regular&fiftyPercentRule=regular&page=1&bestResultsOnly=false



○RAK Half Marathon(Ras Al Khaimah 2/9)
http://www.rakmarathon.org

RAK HALF MEN'S FIELD OOZES GREATEST DEPTH EVER
http://www.rakmarathon.org/show_news/RAK_HALF_MEN_S_FIELD_OOZES_GREATEST_DEPTH_EVER_148.html
(1/22)
RAK HALF WOMEN'S FIELD GREATEST EVER
http://www.rakmarathon.org/show_news/RAK_HALF_WOMEN_S_FIELD_GREATEST_EVER_150.html
(1/29)

Media Guide
http://www.rakmarathon.org/media_guide

ロンドンの前哨戦のような雰囲気もありますが、Guye ADOLA選手、Vivian CHERUIYOT選手はWITHDRAWNなんですね。
そしてMedia Guideの最新情報では高島由香選手の名前もありました。
 

ドバイ、大阪

 投稿者:くろまき  投稿日:2018年 1月29日(月)22時01分46秒 124-140-40-125.rev.home.ne.jp
返信・引用
  すまろうさんへ

ドバイはすごい記録になりましたね。おっしゃるとおり、30k以降のスプリットが少し落ちて3分台が出ませんでしたが、その代わり4分台7人という「記録」を生んだようです。ただ、最後の2.195kは競り合いで6分10秒台。 少し前まで6分30秒を切ると「速い上がり」という感覚でしたが、今は10秒台がどんどんマークされてます。どこまでこの「進化」は進むんだろう。

レースディレクターへのインタビュー記事は興味深いものがありました。出場料がなくその代わりに高額賞金(世界記録へのボーナス)、という方針なんですね。前々から思っていたことですが、出場料を出さない、というのはレースのあるべき姿として正しい方針だと思います。日本の大会でも真似をしろ、というのは難しい部分があるでしょうけど。

大阪の松田瑞生の後半の鍛えた体幹の賜物と言える力強いランニングは素晴らしかったです。2007年東京の野口みずきの走りを思い出させるものでした。
 

ロンドン、東京、ドバイ

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 1月27日(土)23時05分54秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○大阪国際女子マラソン(1/28)
http://www.osaka-marathon.jp

初マラソンのGotytom Gebreslase選手、2種間前にヒューストンハーフにpacerとして出場、66分台のレースを好演出していました。
http://results.houstonmarathon.com/2018/?pid=leaderboard

Kenya's Jeptoo seeks fast time in quest for Osaka marathon title
http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/27/c_136929730.htm
(Xinhua 1/27)


○Virgin Money London Marathon(4/22)
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/

Elite
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/event-info/spectator-info/2018-elite-para-factfiles/elite-mens-field-2018/
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/event-info/spectator-info/2018-elite-para-factfiles/elite-womens-field-2018/

Keitany aims to break Radcliffe's world record at 2018 Virgin Money London Marathon
https://www.virginmoneylondonmarathon.com/en-gb/news-media/latest-news/item/keitany-aims-to-break-radcliffe-s-world-record-at-2018-virgin-money-london-marathon/
(1/25)
Just as Radcliffe did when she set the world record at the 2003 London Marathon, Keitany will be running with male pacemakers in her bid to run inside the Briton’s iconic mark of 2 hours 15 minutes and 25 seconds.

去年女子単独世界記録を樹立したKeitany選手、今年はフィニッシュまで先導・並走してくれる男子pacerを得て男女混合の世界記録にも挑戦というわけですね。
Keitany選手の去年のハーフ通過が1:06:54、単純に倍すれば……というところですが、ペースや展開によってはTirunesh Dibaba選手の方が優勝や記録更新をしてしまう可能性も。


○東京マラソン(2/25)
http://www.marathon.tokyo

マラソンエリート選手発表資料
http://www.marathon.tokyo/media/press-release/pdf/180122_tm2018_elite_jp.pdf
(1/22)
東京マラソン2018エリートレース展望
http://www.marathon.tokyo/news/detail/news_000736.html
(1/22)

Amy Cragg Heads to Her Happy Place in Search of a Fast Marathon
After taking bronze in the 2017 world championships, she's decided to work on her speed on a flat course in Tokyo.
https://www.runnersworld.com/tokyo-marathon/amy-cragg-heads-to-her-happy-place-in-search-of-a-fast-marathon
(Runners World 1/23)

今時の米国選手としては珍しく(シカゴのJordan Hassay選手もいましたけど)今回は記録志向でフルに挑戦。去年は丸亀でPBを出して幸先いいスタートを切り、世界選手権でメダルを獲得しました。
どのくらいのペースを希望し、また走りきるのか興味があります。
今年は女子もpacerを2つの集団ぶん用意しそうですが、Cragg選手はどちらにつくでしょうか。


○Standard Chartered Dubai Marathon(1/25)
http://www.dubaimarathon.org
http://dubai.mikatiming.de/2018/?pid=leaderboard

Mosinet Geremew & Roza Dereje Win 2018 Dubai Marathon ? The Deepest Marathon In History As 7 Men Break 2:05 & 4 Women Break 2:20
http://www.letsrun.com/news/2018/01/mosinet-geremew-roza-dereje-win-2018-dubai-marathon-deepest-marathon-history-7-men-break-205-4-women-break-220/
(LetsRun 1/26)

2時間3分で走れるペースで30kmまでpacerをのぞき7人の集団が残りましたが、そこから優勝Geremew選手で14:56ー15:07と、高額の優勝賞金をめざしてタイムよりも優勝争いに徹するレースになってしまいましたね。
ペースダウンの恩恵で7位まで4分台の結果になったと見ることもできますが。

Dubai marathon organizers pledge to lure top Kenyan runners to break world record
http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/27/c_136929564.htm
(Xinhua 1/27)
Dubai marathon organizers will cut down the number of Ethiopian athletes and instead lure more top Kenyan runners and dangle higher bonuses and incentives to try and break the world marathon record.

主催者は現状の高速記録多数よりもやはり世界記録を望んでいるのですね。
来年はトップケニア選手をふやすとのこと。エチオピア勢・ケニア勢の角逐となるんでしょうか?

The 2018 Standard Chartered Dubai Marathon (January 26, 2018): the RunBlogRun Interview with Peter Connerton, Race Director of the Dubai Marathon
http://www.runblogrun.com/2018/01/dubai-marathon-the-runblogrun-interview.html
(RunBlogRun 2017/12/26)

ここに載っている写真は2013年のものですが、今年もこういうことができそうですね(^^;)。
ドバイについてwithout the appearance feesという言葉はここにも出てきます。

‘Dubai Marathon result will attract more runners’
http://gulfnews.com/sport/athletics/dubai-marathon-result-will-attract-more-runners-1.2163444
(Gulf News 1/26)
今年もTVコメンテーターとしてドバイに戻ってきたRadcliffe選手のレース評。
 

中国ランナーの薬物問題、ヒューストンなど

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 1月20日(土)13時30分45秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  くろまきさんへ

こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

王佳麗選手は8/9の検査で陽性反応、処分期間は2017/8/31ー2025/8/30でした。
通知には天津全国運動会の記載はないので、天津の結果は抹消扱いにはならないと思います。

ただし、天津を走った張瑩瑩選手、丁常琴選手はレース前の検査で陽性反応を示し、のちに陸連の通知で天津の結果は取り消しと明記されました。
http://8021.teacup.com/kanchan/bbs/8785 こちらで張瑩瑩選手の天津は処分対象期間に入っていないと書きましたが、それとは別に天津の順位・記録は取消とあったのを見落としていました。申しわけありません)

中国田径?会?于?内蒙古田径运??????????阳性?予??的通?
http://images.sport.org.cn/File/2017/08/29/1003331967.pdf
(中国陸連 17/8/29)
中国田径?会?于??州田径运??丁常琴?????阳性?予??的通?
http://images.sport.org.cn/File/2017/09/08/1454145776.pdf
(中国陸連 17/9/6)


王佳麗選手の2度目の違反について、陸連通知には「体育運動中興奮剤管制通則」第61条第3項により、(1度目の処分に適用可能な処分期間の倍である)8年の出場禁止処分とするとあります。

体育運動中興奮剤管制通則
http://english.chinada.cn/u/cms/www/201504/2521451581r7.pdf  ※全文
http://www.chinada.cn/gllc/1066.jhtml  ※第7章処罰 第49条~70条

WADAの規程はこれですね。
http://www.playtruejapan.org/downloads/code/wada_code_2015_jp.pdf
またCHINADA(China Anti-Doping Agency、中国アンチドーピング機構)のサイト・同サイトに記載の関連規程はこちら。
http://english.chinada.cn/ ※英文TOP
http://www.chinada.cn/flfg/index.jhtml  ※各種規程など
(CHINADAサイトにも王佳麗選手処分の記載がありました。
http://www.chinada.cn/jx/zxdt/20180117/2460.html )

「体育運動中興奮剤管制通則」第61条 2度目の違反第1項~第3項は、WADA Code 10.7 複数回の違反 の10.7.1(a)~(c) とほぼ同じ内容です。
「通則」61-3には、「まず2度目の違反を1度目の違反のように見なした上で、その違反に適用される期間の倍の処分期間とする」とあります。

なお、張瑩瑩選手の違反も2度目で通知にもその旨記載がありますが、こちらは「通則」第61条の関連規程によりとあるだけで、資格停止4年がどんな判断の結果によるのか明記はありません。

以上、天津前後のマラソン選手だけで3名の処分となってしまいましたが、王佳麗選手は河北、張瑩瑩選手は内蒙古、丁常琴選手は貴州と、すべて所属チームが異なります。
薬物使用が広範囲にわたってしまっている(単独のチーム・選手・指導者によるものではない)ことが残念ながらうかがえます。

さらには、陸連登録のチームを離れ中国各地のロード大会に出場して中国選手上位用の賞金を獲得するランナーの陽性反応報告も見られるようになりました。
中国のロード大会(賞金レース)激増により多様なランニング選択が可能になりましたが、それにともなってこうしたケースもふえてしまうのでしょうか。

???拉松运???用??? 退役后?染大众跑
http://sports.sina.com.cn/run/2018-01-10/doc-ifyqkarr8242526.shtml
(新浪綜合 1/10)
?????信息公?
http://www.chinada.cn/jx/zxdt/20180104/2443.html
(CHINADA 1/4)


ロンドンや4月後半~5月の大会もありますが、日本女子選手外国出場の話が今のところ聞こえてこないのはどうしたことでしょうね。





○Chevron Houston Marathon(1/14)
○Aramco Houston Half Marathon(1/14)
http://www.chevronhoustonmarathon.com
http://results.houstonmarathon.com/2018/?pid=leaderboard

Kiwi runner Jake Robertson wins Houston half marathon in a personal best time
https://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/100591083/kiwi-wins-houston-half-marathon-in-personal-best-time
(Stuff 1/15)

"This is the biggest stacked field I've ever raced against and to win against such a competitive field, it's unbelievable," he said.
Robertson will debut over the full marathon distance in the Japanese Lake Biwa Mainichi Marathon on 4 March.
前に出てきたと思ったらいつの間にか後ろを離しはじめ、1人ついてきたAdola選手も間もなくふるい落として独走へ。Jake Robertson選手あざやかでした。
びわ湖も楽しみです。


(RRW) Athletics: Three USA Records For Huddle at Aramco Houston Half-Marathon
https://www.runnersweb.com/running/news_2018/rw_news_20180114_RRW_Houston_Half.html
(RunnnersWeb/RRW 1/14)
"Oh, did we get all of them? Oh wow, that's amazing," Huddle told Race Results Weekly, her voice cracking due to the onset of a cold.
なんとそんな状態で。
あのペースはハーフでは初めてのはずですが、終盤も持ちこたえました。

Athletics: Saucony's Athlete Molly Huddle breaks American Record at Houston Half Marathon
https://www.runnersweb.com/running/news_2018/rw_news_20180115_Saucony_Molly_Huddle.html
Two-time U.S. Olympian and American 10,000m record holder right on track for Boston
(RunnersWeb 1/15)
Lisa Weidenbach選手以来の米国女子Boston優勝はあるんでしょうか。


HoustonフルのResultsを見ていましたらなんとDeena Kastor選手がpacerとして出場していました。
https://twitter.com/DeenaKastor/status/952643492542640131
Five women whom I had the privilege of pacing today earned Olympic Marathon Trials qualifying marks.
米国の2020年五輪選考会参加標準記録2:45:00クリアーが見込めるpacerとしての出場だった様子。
自身にとっても、標準記録突破のペース確認というところでしょうか。



○澳門銀河娯楽国際馬拉松(2017/12/3)
https://www.macaomarathon.com/en/awards
https://www.macaomarathon.com/en/results
男子
1. Felix Kiptoo Kirwa (KEN) 2:10:01
女子
1. Eunice Jepkirui Kirwa (BRN) 2:29:12

姉弟で優勝だったんですね。
Felix Kirwa選手は2016年Singapore優勝をへて17年Rotterdam8分台、Eindhoven6分台2位、澳門優勝ときました。
そろそろメジャーレースから声がかかるでしょうか。


○Tata Mumbai Marathon(1/21)
https://tatamumbaimarathon.procamrunning.in

DEKSISA AND DEFENDING CHAMPION KITUR FACE TOUGH TEST IN MUMBAI
https://www.iaaf.org/news/news/2018-mumbai-marathon-elite-fields
(IAAF 1/19)

https://twitter.com/albertostretti/status/954343857294135297
Hendrick Ramaala選手が女子2nd Groupのpacerですか!


○渣打香港馬拉松/Standard Chartered Hong Kong Marathon(1/21)
http://www.hkmarathon.com/Home_19613.htm

BELACHEW AND TOLLESA AIM TO RETAIN TITLES IN HONG KONG
https://www.iaaf.org/news/preview/hong-kong-marathon-2018
(IAAF 1/19)



○Gold Coast 2018 Commonwealth Games(Gold Coast 4/4-15)
https://www.gc2018.com
https://www.gc2018.com/schedule

Kangogo and Aprot triumph: Stars eye slots to Commonwealth Games
https://www.standardmedia.co.ke/sports/article/2001265878/kangogo-and-aprot-triumph-stars-eye-slots-to-commonwealth-games
(The Standard 1/14)

○IAAF/Trinidad Alfonso World Half Marathon Championships Valencia 2018(Valencia 3/24)
https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-world-half-marathon-championships
https://www.iaafvalencia2018.com

Kamworor and Ndiwa arrest rivals: Winner says next target is to defend his IAAF World Half Marathon title in Valencia
https://www.standardmedia.co.ke/sports/article/2001265877/kamworor-and-ndiwa-arrest-rivals-winner-says-next-target-is-to-defend-his-iaaf-world-half-marathon-title-in-valencia
(The Standard 1/14)
 

すまろうさんへ

 投稿者:くろまき  投稿日:2018年 1月18日(木)23時00分7秒 124-140-40-125.rev.home.ne.jp
返信・引用
  遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

いつものことですが、情報のご提供ありがとうございました。

●ボストンのエリートランナー
やはりメジャーマラソンの出場者リストは見ごたえがありますね。
日本から川内が出場というのはつかんでいましたが、中本もですか。楽しみです。

女子に日本のランナーの名前がないのが寂しい(勝田の優勝者は派遣されるのでしょうが)ところです。

●王佳麗の再びのドーピング
8年間なら事実上選手生命を絶たれるも同然ですからいいようなものですが、「再犯」は永久資格停止が原則だったような気が。

カヌーのような「濡れ衣」がないとはいえないので、一回目で「永久」とはさすがにいかないのでしょうが、現行の「2年」はやはり甘い、と言わざるを得ませんね。

記事を詳しく読んでいないのですが、昨年の天津の記録は抹消でしょうか。 
 

厦門、ボストン、ヒューストン

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 1月13日(土)20時39分39秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ※追記
Mare Dibaba選手は厦門DNSと先ほど書きましたが、ドバイ出場がアナウンスされました(^^;)

○Standard Chartered Dubai Marathon(1/26)

MERGIA, DIBABA TO LOCK HORNS AT STANDARD CHARTERED DUBAI MARATHON
http://www.dubaimarathon.org/news/mergia-dibaba-to-lock-horns-at-standard-chartered-dubai-marathon/
(1/13)

HoustonのMedia Guide
http://www.chevronhoustonmarathon.com/wp-content/uploads/2018/01/2018-Chevron-Houston-Marathon-Media-Guide.pdf






○建発厦門馬拉松賽(1/7)
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/home.html
http://sports.sina.com.cn/zt_d/xmmls/  ※新浪網特集ページ

WMMの各大会にならって正式名称から国際を除去。
またフルのみでも3万人規模の大会ということで、ランナーや運営者の困難を避けるため、中国の大規模大会では初となる(とのことです)時差スタートを実施。


2018建?厦??拉松?前20名成?
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/clomunDetails.html?color=005eac&imgDocId=ff80808160c6556c0160d5904bc71fa5
上位20名。土砂降りの中のレースでした。
ライブを見ていましたが、Sarah Chepchirchir、Mare Dibaba、Shura Kitata各選手は冒頭の選手紹介字幕でもとりあげられていたものの、どうやらDNSだったようです。
女子優勝Fatuma Sado選手には最後までpacerがついていましたが、残り1km付近で立ち止まってしまうなど苦しそうでした。

?于2018建?厦??拉松?中国籍运??特????情况公示
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/clomunDetails.html?color=005eac&imgDocId=ff80808160c6556c0160d3b9de1c1f1b

中国選手上位8名までは賞金が出ます。
一線を退いた孫偉偉選手など懐かしい名前もあります。
女子2位楊鳳霞選手は1週間前の12/31に長鴻集団河源万緑湖国際マラソン(広東・河源)で2:56:44ながら総合3位・中国選手1位になっている選手(↓)。2013年開封で2:30:38優勝の実績があります。
http://www.heyuanmarathon.com/info/view?id=27&classid=6

3位劉敏選手は、2001年北京2:23:37の選手ではおそらくなくて、去年の上海マラソン2:49:09、20歳になったばかりという選手でしょう。
http://sports.sina.com.cn/run/2017-11-16/doc-ifynstfi0148805.shtml


Kenya's Mosop optimistic his Xiamen Marathon course record to survive
http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/06/c_136876868.htm
(Xinhua 1/6)
"The course in Xiamen is tough and it requires strong preparations. I felt depleted after the race and it will not be easy for the athletes when they line up to improve the record," Mosop said on Saturday in Eldoret.
However, the Kenyan, who has been struggling with loss of form and injury, is hopeful he will shake it off and return strong to compete in marathon starting in April.
"I will be back," he said.

4月にどこを予定しているのでしょう。


○Boston Marathon(4/16)
http://www.baa.org/races/boston-marathon.aspx

John Hancock Announces 2018 Boston Marathon International Elite Field
46 Elite Athletes from 13 Countries Invited for 122nd Running on April 16
http://www.baa.org/news-and-press/news-listing/2018/january/john-hancock-announces-2018-boston-marathon-international-elite-field.aspx
(1/11)


○Chevron Houston Marathon(1/14)
○Aramco Houston Half Marathon(1/14)
http://www.chevronhoustonmarathon.com

(RRW) Athletics: Records At Stake As Hasay And Huddle Clash At Aramco Houston Half-Marathon
https://www.runnersweb.com/running/news_2018/rw_news_20180112_RRW_Houston.html
(RunnersWeb/Race Results Weekly 1/12)

非常に楽しみですが、予報によると当日朝はかなり寒くなりそうです。


○RAK Half Marathon(Ras Al Khaimah 2/9)
http://www.rakmarathon.org

World record holder Jepkosgei eyes RAK half marathon, world title
http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/13/c_136891747.htm
(Xinhua 1/13)

Joyciline Jepkosgei選手はこのあとRAKをへて世界ハーフマラソン選手権の予定。
Commonwealth Gamesはスキップ。
そういえばNZLのRobertson兄弟はCommonwealth Gamesどうするのでしょう?


中国田径?会?于?河北省田径运??王佳??反????定?予??的通?
http://images.sport.org.cn/File/2018/01/10/1009308083.pdf
(中国陸連 1/10)
全运?拉松冠?2次??禁?8年 主教??身禁?
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2018-01-10/doc-ifyqnick3351154.shtml
(新浪網/新華社 1/10)
Eight-year doping ban for Chinese marathon champion Wang Jiali
Chinese Athletic Association announces the 31-year-old tested positive for peptide hormones in August
http://www.scmp.com/sport/china/article/2127597/eight-year-doping-ban-chinese-marathon-champion-wang-jiali
(South China Morning Post 1/10)
中国のマラソン女王に薬物違反で8年間の出場停止
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000016-jij_afp-spo
(Yahoo!ニュース/AFP時事 1/10)

王佳麗選手の記事はいくつも配信されましたね。
全国運動会優勝の際「五輪にまた出たい」とコメントしていましたが、そのレースから世界選手権に派遣されたのは2位曹茉婕選手で、ブロガー洪立氏は「薬物使用の前歴がある選手は代表に選ばない原則により(王佳麗選手は選出されなかった)」とにべもなかったのです(;_;)
 

厦門、ヒューストン

 投稿者:すまろう  投稿日:2018年 1月 6日(土)20時16分57秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用
  ○建発厦門馬拉松賽(1/7)
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/home.html

建発厦門マラソンも、今大会より正式名称から「国際」がはずれました。

2018建?厦??拉松?特邀运??名?
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/clomunDetails.html?color=005eac&imgDocId=ff80808160c6556c0160c6aead20000d

Elite List。
IAAFのプレビューにはなかったSarah Chepchirchir選手、Mare Dibaba選手、Shura Kitata選手などの名前があります。欠場でしょうか、それともまさかの出場でしょうか。
なんと、Geoffrey Rono選手もpacerの1人に。

厦?特邀?手在2017柏林?拉松?造佳?
http://www.xmim.org/mrms-web/homes/clomunDetails.html?color=005eac&imgDocId=ff8080815ea428fb015eb39453090104
厦門に出場経験のある著名外国選手紹介記事が大会サイトに載るようになりました。

FORMER CHAMPIONS MENGISTU AND SADO TO CLASH IN XIAMEN
https://www.iaaf.org/news/preview/mengistu-sado-favourites-xiamen-marat
(IAAF 1/5)

Xiamen honored as a "City of Marathon" by CAA
http://www.xinhuanet.com/english/2018-01/05/c_136873578.htm
(Xinhua 1/5)
The 2018 Xiamen marathon will kick off on January 7, with around 30,000 runners taking part. Rio Olympics women bronze medalist Mare Dibaba and Shura Kitata from Ethiopia, men's champion of the 2017 Frankfurt Marathon, are set to run in the race.



○Chevron Houston Marathon(1/14)
○Aramco Houston Half Marathon(1/14)
http://www.chevronhoustonmarathon.com

10 Past Champions Headline 2018 Chevron Houston Marathon and Aramco Houston Half Marathon
http://www.chevronhoustonmarathon.com/10-past-champions-headline-2018-chevron-houston-marathon-aramco-houston-half-marathon/
(2017/12/28)
 

/177