投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 12月マカオマラソン参加仲間募ってます(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ロンドン、ロンドン

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 8月13日(日)21時49分28秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○IAAF World Championships

KIMbia Athletics
http://www.kimbia.net
Bowerman Track Club、KIMbia Athletics大活躍ですね。


(RRW) Athletics: Kirui, Chelimo Claim World Championships Marathon Crowns
http://www.runnersweb.com/running/news_2017/rw_news_20170806_RRW_WC2017_Marathon.html
(RunnersWeb/RRW 8/6)
Amy Cragg Ends America’s 34-Year Medal Drought In The Women’s Marathon At Worlds By Snagging A Surprising Bronze in London
http://www.letsrun.com/news/2017/08/amy-cragg-ends-americas-34-year-medal-drought-womens-marathon-worlds-snagging-surprising-bronze-london/
(Lets Run 8/6)
Bronze Is “Worth Every Little Bit of Pain” for Amy CraggThe two-time Olympian ended a 34-year marathon medal drought for Team USA at the world championships.
https://www.runnersworld.com/world-championships/bronze-is-worth-every-little-bit-of-pain-for-amy-cragg
(Runnners World 8/6)
Amy Cragg ends U.S. women's marathon drought with thrilling bronze
http://www.espn.com/athletics/story/_/id/20267327/iaaf-world-athletics-championships-2017-amy-cragg-bronze-ends-us-women-marathon-drought
(ESPN 8/7)

Kenya-born Chelimo wins marathon gold for Bahrain
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Kenya-born-Rose-Chelimo-wins-marathon-gold-for-Bahrain-/1100-4047560-8orlksz/index.html
(The Nation 8/6)

後半ずっとさあ今だいつでもいけると待っていたCragg選手がとうとう36kmで動く、続いてChelimo選手が超ペースアップ、さらに40kmからしかけるつもりだったKiplagat選手がカウンターぎみにChelimo選手を抜いていく、Chelimo選手はいったん2位狙いに切り替え→離れきらないのを見て再アタック。
今年のボストン上位は男子優勝者と女子優勝・2位が世界選手権でも大活躍。


TOP MARATHONER AMY CRAGG “I KNOW I CAN BE BETTER.”
http://www.teamhotshot.com/blog/top-marathoner-amy-cragg-know-can-better/
(Hotshot 3/15)
Cragg選手、丸亀でPBを約1分半更新でしたね。


World Championships 2017: Callum Hawkins fourth as Geoffrey Kirui wins marathon
http://www.bbc.com/sport/athletics/40843702
"I wanted to get a medal but fourth is still pretty good I guess. I was just hanging on towards the end.
"I'm still young. Hopefully, in the future I can get in the medals. Hopefully, I will push on in the Commonwealth Games and Tokyo 2020 after that."
(BBC Sport 8/6)

?敦世?? | 肯尼?、巴林称霸男女?拉松 川内??跑?前十名   ※洪立氏の記事
http://iranshao.com/articles/3989-2017-world-championship-marathons
(愛燃焼 8/7)

Japan’s Yuki Kawauchi falls mid-race, runs 50th sub-2:15 marathon at worlds
The 30-year-old, known as the "citizen runner" in Japan, finished ninth at the IAAF World Championships even after a mid-race tumble
http://runningmagazine.ca/yuki-kawauchi-2017-iaaf-world-championships/
(Canadian Running Magazine 8/7)
yuki kawauchiのタグが(^^;)
Japan Runnning News のツイッターも引用しながらの紹介。

?名 跟最?公??川内??一起跑|11月12日埼玉市?拉松|走破日本
http://www.sohu.com/a/144869100_99890488
(捜狐体育 5/31)
ファンランナーにむけたさいたま国際マラソン紹介記事。
川内優輝と走ろうというのが売り文句になっています。


南北?マラソン監督出会い
陸上選手権大会で世界正常確約
http://www.kado.net/?mod=news&act=articleView&idxno=867396
(江原道民日報 8/6)

韓国チームマラソン総監督と北朝鮮選手団団長がロンドンで面会。
北朝鮮選手団団長はセビリア世界選手権マラソン優勝のJong Song Ok氏。


“後に走る韓国マラソン…選手、魂が抜けている”
・8月9日は孫基禎?黄永祚 オリンピック制覇の日…‘モンジュイク英雄’の苦言
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?code=980701&artid=201708100600005
(京郷新聞 8/10)
---------
“昔には本当に生きるために走った。 数が不足した実業チームに入るために激しく走って競争したがこの頃は地方自治体や実業チーム マラソンチームが多いから選手たちの激しさが消えた。 私たちは人生をかけたし死ねで走ってかたい意志で運動した。 今はさせてもそうならない。 大変に訓練させれば訓練が気楽な他のチームに離れる。 環境が良くなって見たら国家代表されることにだけ満足する。”
実際の韓国マラソンは実業チーム(地方自治体チーム含む) 数が70個余りに達する程‘黄永祚時代’よりその数ははるかに多くなった。 選手たち進路の幅は広くなったが優秀選手と記録が出てこないでいる。 選手たちは国内大会成績にだけ満足する。 指導者は敗北主義に染まっていて、陸上連盟は変身と改革にためらっている。 このような問題点がより増して韓国マラソンは深いどん底に陥った。 マラソン同好会と一般人は過去よりはるかに増えた。 外形的には増えたがエリート マラソンは‘豊かさの中の貧困’を体験している。
---------

国内でチーム合宿中の黄永祚氏コメント。
国内大会成績にだけ満足というのは先日中国の洪立氏の記事でも引いたような。
もちろん他人事ではありません。



?炳添:百米任?超?期完成 期待接力破全国??
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2017-08-06/doc-ifyitapp1383968.shtml
(新浪体育 8/6)
蘇炳添選手
「100mの任務達成は想定どおり。本当の目標はリレー。中国記録を出したい」
?炳添:?决?靠?力 后博?特?代更有?念
http://sports.sina.com.cn/o/2017-08-06/doc-ifyitapp1502436.shtml
(新浪網/新華社 8/6)
蘇炳添選手
「今回の走りで運ではなく実力で決勝進出したことを証明できた。
 博爾特や加特林はずっと目標にしていたから、準備中からずっと様子を気にかけていた。学ぶべき選手だ。
 博爾特の引退で100mの水準は低下するだろうが、サスペンスやドラマ性に富んだ時代になる」

?培萌告?国??? ???刻最舍不得?友
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2017-08-13/doc-ifyixias0318296.shtml
(新浪網/新華社 8/13)
張培萌選手、国際舞台は今回のリレーが最後のようです。全国運動会が最後のレースになるとのこと。
予選の際にはBolt選手とも挨拶。
「2013年の私は平凡な選手だった。何の重荷もなかった。10秒を出してからはサブ10がいつも足かせになった。
 (リレーは)いい成績を出したかったが、結果は受け入れなければならない。今回のような経験はなかった。人生と同じでいつもいい形で終わるわけではない。
 博爾特は北京言葉でいう局気(親切な、思いやりある)な姿勢で他チームの選手にも声をかけてくれた。彼にとって私など強敵でもなんでもないだろうが、なじみの選手として接してくれた。優秀な同僚、偉大なライバルに恵まれた。最後の世界選手権でレジェンドと同じ競技を走れて満足」


金国栄、ロンドン世界選手権決勝進出失敗
http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/805647.html
(ハンギョレ新聞 8/6)
金国栄が作る希望の歴史…胸に抱いた9秒台の夢
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/08/06/0200000000AKR20170806004900007.HTML
(聯合ニュース 8/6)


世??中国田径?屡有突破 多位外籍教?功不可没  ※世界選手権、中国チームに多くの成果 見逃せない外国コーチの貢献
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2017-08-11/doc-ifyixiar9423498.shtml
(新浪網/中国青年報 8/11)
 

マラソン歴(2017.8.12現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 8月12日(土)13時43分54秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  井上大仁(MHPS 1993.1.6)日本・世界陸上代表
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位
2:16:54  26位 17.08.06 ロンドン・世界選手権

※2014世界ハーフマラソン代表


安藤友香(ミズノ~時之栖~スズキ浜松AC 1994.3.16)日本・世界陸上代表
2:21:36④  2位 17.03.12 名古屋 *初マラソン日本最高
2:31:31  17位 17.08.06 ロンドン・世界選手権

※2016世界ハーフマラソン代表


清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12)日本・世界陸上代表
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋
2:30:36  16位 17.08.06 ロンドン・世界選手権

甲斐大貴(順天堂大~ラフィネ 1994.8.5)国内市民マラソン大会優勝者
2:22:09   1位 17.01.29 勝田
2:18:17  43位 17.02.26 東京
2:35:51*  96位 17.04.17 ボストン
2:26:19   2位 17.07.02 函館

竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)
2:28:32   3位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本記録(4:37:31)

※2014世界ハーフマラソン代表


野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・海外マラソン優勝者
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京
2:08:59   1位 17.07.02 ゴールドコースト *夫婦合計タイム日本記録(4:37:31)

※2010世界クロスカントリー代表


橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京
2:10:19   4位 17.07.02 ゴールドコースト

大崎翔也(中電工 1991.8.1)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津
2:11:03   6位 17.07.02 ゴールドコースト

鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分
2:15:44  10位 17.07.02 ゴールドコースト

八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ
2:25:57  18位 17.07.02 ゴールドコースト

※2007世界クロスカントリー代表


津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋
2:31:33   2位 17.05.14 リガ

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


ビダン・カロキ(ケニア/世羅高~エスビー食品~DeNA 1990.8.21)WMM大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.27 東京
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
2:07:41   3位 17.04.23 ロンドン

※10000m入賞歴 2012五輪5位、2013世界陸上6位、2015世界陸上4位、2016五輪7位、2017世界陸上4位


飯沼健太(SGHグループ 1988.2.1)日本・海外マラソン入賞者
2:15:05  19位 14.03.02 大津
2:23:12   4位 14.09.14 ケルン
2:44:42  183位 14.03.01 大津
2:16:36.1  8位 15.05.17 リガ
2:13:43  15位 16.12.04 福岡(国際)
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
2:16:52  10位 17.04.23 ハンブルグ

佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川
2:43:57  69位 17.04.16 長野

濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所 1988.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野

押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野

※2016青梅30kmロードレース優勝


鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌
2:27:41  22位 17.04.16 長野

小田切亜希(天満屋 1990.8.20)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋
2:41:26   4位 17.04.16 長野 *日本人1位

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山
2:21:20   2位 17.03.26 徳島

堀正樹(大塚製薬 1990.8.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:39   5位 14.02.16 オースティン
2:18:55  12位 14.04.20 長野
2:19:53  12位 14.08.31 札幌
2:29:54  51位 15.02.01 大分
2:23:48  19位 15.08.30 札幌
2:36:46  34位 16.02.14 延岡
棄権       16.08.28 札幌
2:20:27   1位 17.03.26 徳島

内田梨絵(大塚製薬 1995.8.2)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:35   2位 15.03.22 徳島
2:32:25  20位 16.03.13 名古屋
2:33:46  15位 17.01.29 大阪(国際)
2:37:00   1位 17.03.26 徳島

岩出玲亜(ノーリツ~ドーム 1994.12.8)WMM大会入賞者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表


桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋

竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


下門美春(第一生命~しまむら~ニトリ 1990.4.24)WMM大会入賞者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝


野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋

奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル


岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝


新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋

※2015ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表


坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋

一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


森田知行(カネボウ 1984.7.8)国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝


園田隼(黒崎播磨 1989.4.5)日本・海外マラソン優勝者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津

宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津

山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津

上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津

鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡

出口和也(旭化成 1988.8.14) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝


藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)WMM大会入賞者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高

田端沙紀(大塚製薬 1991.4.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:50:14   4位 12.08.26 札幌
2:37:40  14位 13.02.24 東京
2:46:20   9位 13.08.25 札幌
2:34:35  17位 15.03.08 名古屋
2:51:04  19位 15.08.30 札幌
2:34:20  24位 16.03.13 名古屋
2:55:00  49位 17.02.26 東京

山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)WMM大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京

設楽悠太(Honda 1991.12.18)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表


服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝


池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京

岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京

圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表


児玉雄介(コモディイイダ 1986.8.10)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京

治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC~ラフィネ 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京

※ラフィネグループ陸上部コーチ


佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表


今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州

今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山

折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:-- --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山

松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山
 

マラソン歴(2017.8.12現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 8月12日(土)13時34分53秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府


高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)


奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡


千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡


木滑良(MHPS 1991.1.22)日本・国内AIMS公認大会優勝者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分


岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分


日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11  9位 16.02.07 大分
2:19:08  7位 16.09.18 シドニー
2:12:42  9位 17.02.05 大分


千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表


荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分


辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分


堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 16.01.31 大阪(国際)


田中華絵(第一生命グループ 1990.2.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル


古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 16.01.29 大阪(国際)

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


加藤岬(九電工 1991.6.15)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)


池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)


関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)


谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4)WMM大会入賞者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー


五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター

※城西大学男子駅伝部コーチ


水口侑子(デンソー 1985.5.24) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝


田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト


岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン 1984.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野


小原怜(天満屋 1990.8.10)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


松見早希子(第一生命 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋

※2016熊日30kmロードレース優勝


天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝


上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋


柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表


高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表


上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝


大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表


長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督


出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表


橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ


城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


前田彩里(佛教大~ダイハツ 1991.11.7)日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権


坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ


箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋


保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部コーチ


清水裕子(積水化学 1985.7.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    12.01.29 大阪(国際)
2:32:00  11位 14.04.13 ロンドン

※2009・2010・2011世界クロスカントリー日本代表


正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋

※2009世界ハーフマラソン代表


野村沙世(名城大~第一生命~ユニクロ 1989.4.18)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
(ペースメイカー)    12.03.11 名古屋
2:32:29  10位 14.01.26 大阪(国際)

※2009・2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル
※2014世界ハーフマラソン代表


山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表


北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ


岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表
 

アジアプレミアマラソン

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 7月28日(金)00時03分55秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ?洲?拉松大??成立背后暗藏盈方的三大商???  ※APM成立、背後にInfront社の三大ビジネスロジック
http://www.sohu.com/a/159382288_138481
(微博/体育大生意 7/23)

取り急ぎ、Asian Premier Marathonsのまとめです。

APM 2017ー2018シリーズ
・北京(9/17)
・Beirut(11/12)
・Seoul(2018/3/18)
・北京(2018年)

ポイント計算方法
・1位 19ポイント
・2位 12ポイント
・3位 7ポイント
・4位 3ポイント
・5位 1ポイント
選手は対象レースの順位によりポイントを獲得。
順位上位2レースをポイント対象とし、シーズン終了後の総合ポイントで競う。

賞金
・1位 16万ドル
・2位 6万ドル
・3位 3万ドル  総額50万ドル
ポイント、賞金は男女それぞれに付与・授与。

市民ランナー
対象レースに参加した市民ランナーには、エスニックな成績証明書・メダル?などの記念品。
Eliteだけでなく大衆ランナーの水準向上も企図。


マーケティング、広報を請け負うのはインフロント中国。
Infront Sports & Media社は早くからBMW BERLIN-MARATHONと提携を結んでおりノウハウはある、インフロント中国がそれをAPMにも生かすということのようです。

BMW BERLIN-MARATHON
http://www.infrontsports.com/properties/bmwberlinmarathon/
(Infront Sports & Media AG)
Infront to market BMW Berlin Marathon rights
http://www.sportspromedia.com/news/infront_to_market_bmw_berlin_marathon_rights
(SportsPro Media 12/10/25)

Asian Premier Marathons officially launched
http://www.infrontsports.com/news/2017/07/asian-premier-marathons-officially-launched/?utm_source=t.co&utm_medium=referral
(Infront Sport & Media 7/21)  ※再掲


APM、中国マラソンメジャーズ、WMMは中国語ではそれぞれ亜州馬拉松大満貫、中国馬拉松大満貫、世界馬拉松大満貫となります。
APM・CMMの始動が北京マラソン記者会見にあわせて発表となりました。
さらに、WMMに新たに参加するアジア太平洋地区3大会のうち1つは大連万達がWMMと提携した関係で中国の大会になると予想されていることもあり、3つの大満貫が中国がらみと記事は盛り上げています。
APM・CMMの発表を、それぞれの開幕大会となる北京マラソンの会見とあわせてきたのはたしかにうまかったと思います。

以前APMに参加の見込みと名前のあがっていたDubai、厦門、上海東方国際マラソン、Mumbaiなどは今回の体育大生意にも引き続き名前が出ています。
2018-19シリーズ(または2019-2020シリーズ?)は、今回とは別の大会(たとえばですが厦門、Dubai、Mumbai、厦門)で構成ということも考えられます。
「亜州馬拉松大満貫」準備中という段階の、私が最初に読んだAPM関連の記事には東京マラソンの名前も一応あがっていました。
東京マラソンがAPMに参加するシーズンはくるでしょうか?



Stan Chart extend Nairobi Marathon deal to 2022
http://www.the-star.co.ke/news/2017/07/27/stan-chart-extend-nairobi-marathon-deal-to-2022_c1604716
(The Star 7/27)
Standard Chartered Bank have extended their sponsorship deal for Nairobi Marathon for another five years.

メインスポンサーは当然重要といういまさらながらの感想。
 

Asian Premier Marathons、China Marathon Majors、元中国マラソンヘッドコーチとしてのRenato Canova氏

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 7月22日(土)16時55分33秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  2017?敦世??参?运??名?
http://www.athletics.org.cn/competition/tzgg/2017-07-19/522453.html
(中国陸連 7/19)

中国の世界選手権代表リスト。
代表選考要項は確認していないので天津全国運動会が選考対象だったかどうかは不明ですが、全国運動会優勝の王佳麗選手ではなく2位の曹茉婕選手が女子マラソン代表になっています。



?洲?拉松大??(APM)正式启? ?季??金50万美元
https://www.chinanews.com/ty/2017/07-21/8284635.shtml
(中国新聞網 7/21)
?洲?拉松大??(APM)正式启?,50万美元?金只???洲籍?手
http://sports.sohu.com/20170722/n503252611.shtml
(捜狐体育 7/22)

Asian Premier Marathons officially launched
http://www.infrontsports.com/news/2017/07/asian-premier-marathons-officially-launched/?utm_source=t.co&utm_medium=referral
(Infront Sport & Media 7/21)
$500,000 USD prized Asian Premier Marathon Series 2017-18 launched in Beijing.
http://athleticsasia.org/index.php/k2-component/143-500-000-usd-prized-asian-premier-marathon-series-2017-18-launched-in-beijing
(AAA 7/22)

APMが正式に始動。
2017-2018シリーズは北京(9/17)、Beirut(11/12)、ソウル(2018/3/18)、北京(2018年)。
アジア国籍選手を対象に、シリーズ上位2レース(まで?)のポイント合計順に男女各3位まで総額50万ドルの賞金を授与。


中国?拉松大??来? 携手北??启新?元
http://sports.sina.com.cn/run/2017-07-21/doc-ifyihrmf3112667.shtml
(新浪跑歩 7/21)
?害啦!中国?拉松大??+?洲?拉松大?? 启?!您有机会成?首批完成大??的跑友!
http://zuicool.com/news/archives/54104
(最酷 7/22)

今回の会見は華夏幸福・北京マラソン(華夏幸福がタイトル)の第一次会見でもあり、北京マラソンはAPM・中国マラソンメジャーズ(CMM)両方の開幕大会、という記事もありました。
とすると今年3月の重慶はCMMではなかったのかな?(来年の重慶がCMMになるのでしょうか)



中国?拉松?何落后? 前国家?主教?剖析体制  ※中国マラソン低落の理由は? 前ナショナルチームヘッドコーチが体制を分析。
http://sports.sina.com.cn/run/2017-07-18/doc-ifyiakwa4317947.shtml
(新浪網 7/18)

Mo Farah選手単独インタビューも行った洪立氏が、2013年から15年まで中国マラソンヘッドコーチでもあったRenato Canovaコーチおよびご自身の中国中長距離観を記事にしました。
洪立氏が参照したと思われるCanova氏発言などの記事のうち、私が確認したものは以下の通りです。
このほかにもあると思います。

Renato Canova - Interview - London Olympic Games
http://athleticsillustrated.com/interviews/renato-canova/
(Athletics Illustrated(CAN) 12/5/6)
Renato Canova’s Move to China
http://athleticsillustrated.com/editorial/canovas-move-to-china/
(Athletics Illustrated(CAN) 15/1/9)
CANOVA OPTIMISTIC OF BOOSTING CHINA’S CHANCES AT WORLD CROSS AND WORLD CHAMPS
https://www.iaaf.org/news/feature/china-world-cross-world-champs-canova-2015
(IAAF 2014/11/26)

In Kenya, Running With Chinese Characteristics
China’s top runners are training under an Italian coach in a small Kenyan town that has produced some of the best marathoners in history.
http://www.slate.com/articles/news_and_politics/roads/2014/05/china_s_runners_in_kenya_chinese_marathoners_are_learning_kenyan_techniques.html
(Slate Magazine 2014/5/23)   ※Jon Rosen氏の記事

---------
卡諾瓦(Canova)の指導のもと、力が向上した中国選手もいる。たとえば筆者(洪立氏)がインタビューした何引麗だ。ケニアとイタリアで合宿した2014年初、VerbaniaとHamburgで前後して1:11:34 PBと2:28:56(2014年中国最高)を出した。
しかし北京世界選手権とリオ五輪では、中国マラソンチームの成績は箸にも棒にもかからないものとなった。
2015年11月初め、中国陸連がリオ五輪女子マラソン合宿通知を公布したあと、Canovaは職を辞した(挂冠辞職)。中国の関連体制を改変する力はないと知ったためだ。

早くもヘッドコーチ就任後まもなく、Canovaは問題の所在に気づいていた。そのころはまだ自分には変革をすすめる力はあると思っていた。Canovaは中国マラソンの病根は体制にあると何度も指摘していた。

女子1500m中国記録は1993年北京全国運動会で記録された3:40:06ママ(洪立氏注;興奮剤使用が疑われている)だが、2015年全国大会優勝者の記録は4分36秒にとどまった。(すまろう注:93年全運会の曲雲霞選手の記録は3:50.46)
日本と比較してみよう。2014年、1万m29分30秒を突破した日本選手は257名(洪立氏注;実際の数字は291人 ママ)だが、中国選手はいない。257対ゼロ。これはコーチの問題ではなく体制の問題なのだ。中国の人口が十数億以上いようが、陸上体制に問題があるのだ。
---------

問題として洪立氏があげたものをまとめてみます。
・中国には欧州のような陸上クラブ、在力のある人材を提供する大学がない
・省の責任により選手を募集・育成。選手は省のために走り、省は選手に給料を支払う軍隊にも似た体制
・全国運動会が省・コーチにとって最優先の大会となる。省のコーチに世界で勝つことへの本当の関心はない
・全運会は4年に1度の大会であり、コーチや選手は真のシーズンごとの目標をもたないため高水準の練習をキープする駆動力に欠ける


---------
筆者(洪立氏)は中国選手に次のことを伝えたい。彼らの最も重要な目標は、個人成績を高めることだ。彼らは国内大会の順位にのみ関心を払っている、だから年々記録が落ちていくのだ。
Canovaは中国選手に職業主義理念(idea of professionalism)の実践を希望していた。マラソン選手は世界の大都市マラソンに積極的に参加し、賞金獲得のために努力するべきなのだ。
「私の中国での真の仕事は、よい中国選手を合宿(のため外国)につれ出すことではなく、中国の中長距離体制を変革することだ」
彼は最後には失敗を認めるしかなかった。「陸連と話し合い、以上のことをすべきと伝えた。しかし変えることはできなかった。すべての権力が省の手中にあるからだ。体制が変わらなければ、(また中国でコーチをすることがあったとしても)興味をもてない。彼らには私の忠告を聞き入れてほしい。これが辞職の理由だ」
---------

洪立氏は、Canovaコーチは中国中長距離体制の問題を言い当てている、官僚本位制の必然だ、各省体育官僚が気にかけているのはeliteスポーツの卓越でもなければ大衆スポーツの普及でもなく、全運会の成績が自身の役職とどうかかわるかだ、この体制を変えなければ何人海外コーチを招聘したところで無駄だ、と結んでいます。



短距離やフィールドの成功・DLなどでの活躍は中長距離とどの点が違うのだろう、などと気になるところはあります。
Canovaコーチは職業主義理念の定着を希望していた(が、どうやらそうはならなかった)というくだりは感慨深いです。
 

札幌、シンガポール

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 7月14日(金)22時27分7秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用
  [取材ファイル]金国栄が9秒台記録に執着する理由は?
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004288958
(SBS 7/11)
(エキサイト翻訳より)
金国栄の記録(10秒07)は今回のシーズン アジアで4番目にはやい記録なのに1位桐生祥秀(日本)とは0.03秒差です。 すでに基準記録(10秒12)を通過した金国栄が先週末日本地域大会に出場した理由は自尊心のためです。
大会前金国栄が切実に望んだ韓日スプリンター自尊心対決は惜しくもなされなかったです。正面対決を期待した飯塚翔太(シーズン ベスト:10秒08)が大会一日前出場をあきらめたうえに、金国栄が予選で最も良い記録(10秒41)を出したにもかかわらず大会組織委が日本地域大会という理由で日本選手たちにだけ決勝進出を許容して韓日戦は薄い中味で終わりました。?
金国栄の戦意はさらに熱くなりました。"まともに腹が立ちましたよ。世界選手権をさらに熱心に準備しなければならないですね。"日本選手たちと違い国内に競争者がなくて孤独な独走を数年目受け継いできた金国栄は"私がはやくなれば大韓民国がはやくなることじゃないの。必ず勝ちます"として意欲を燃やしました。

決勝は100mAではなく100mBに回され順位もつかないオープン扱いだったのですね。
http://www.nambu-memorial.jp/assets/pdf/record_men.pdf
http://www.nambu-memorial.jp/assets/pdf/OP_athletes_record.pdf
オープンにしてもせめて100mAに出場させればいいのに、なんとも大会にとってもったいない、などと南部のルールも慣習も知らず、そもそも観戦にも行かなかった(すみません)私が言うのは僭越ですが。
(出場契約の際、100mAでは走れない旨あらかじめ大会から選手に説明していた可能性ももちろんあります)

1歩の前に9秒台…新記録の男金国栄
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201707132111005&code=980701
(京郷新聞 7/13)


Singapore Marathon plans to join global pacesetters
http://www.themalaymailonline.com/sports/article/singapore-marathon-plans-to-join-global-pacesetters
(Malay Mail Online 7/14)
Singapore can be a great global stage for running, says World Marathon Majors GM
http://www.straitstimes.com/sport/singapore-can-be-a-great-global-stage-for-running-says-world-marathon-majors-gm
(The Straits Times 7/14)
着々と、というところです。
ほかの6大会と比較した場合のシンガポールマラソンの特徴についてはたしかにしばしば考えます。
真っ先に思いつくのはシンガポールや周辺のファンランナーに浸透している大会だろうということですが、ほかにどんな売りをもってくるのでしょうか。Eliteの好勝負を演出する目算はあるのでしょうか。
大衆マラソンに特化したWMMも面白いと思います。
 

徐潤福/Suh Yun-bok氏他界、金国栄選手10.07、そして札幌へ(!)

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 7月 8日(土)22時47分23秒 116-65-253-34.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  1947年ボストンマラソン世界新記録で優勝した徐潤福翁(94)他界
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/06/27/2017062701579.html
(朝鮮日報 6/27)
[カードニュース]星になった韓国マラソンの英雄徐潤福…孫基禎恨解いた愛国者
http://news.donga.com/IssueSerial/3/70070000001004/20170628/85103947/1
(東亜日報 6/28)
[スポーツの中に] “韓国マラソンの中興をまた見たい”
http://www.newscj.com/news/articleView.html?idxno=433485
(ニュース天地 6/29)

ボストンでは孫基禎氏のシューズを借りて走って優勝でしたか。


‘10秒07’韓国新金国栄、“来年には9秒台進入”
http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/800471.html
(ハンギョレ 6/27)
'10秒07'金国栄、ボルトと'一緒に疾走'可能だろうか
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/06/29/0200000000AKR20170629038300007.HTML
(聯合ニュース 6/29)
'10秒07'金国栄"韓国人体形は9秒台不可? 自信がある"
http://www.nocutnews.co.kr/news/4808039
(ノーカットニュース 6/30) ※インタビューの文字起こし
'10秒07'金国栄、日本・中国越えて亜新記録夢見る
http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2017062800078
(メトロ新聞 6/30)

来年のアジア大会で9秒台をと。
たくましいというか力強いというか。

夢の9秒台に挑戦する…金国栄、’一歩'残った
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004285220
(SBSニュース 7/7)
"私の全盛期はもう開始だ"…100m金国栄
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2017070610123737045
(アジア経済 7/7)
9日札幌、さらにはやいだろうか…‘100m調子’金国栄、陸上大会出場
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201707062137035&code=980701
(京郷新聞 7/6)

って、9日の南部記念にくるんですか!
http://www.nambu-memorial.jp/player.html

京郷新聞の記事の書き方だと、記録を出す前から出場は決まっていた様子ですね。


Cheyech steps up training for World Championships
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Cheyech-steps-up-training-for-World-Championships/1100-3997950-w5sp3gz/index.html
(Daily Nation 7/3)
Kiprop aims to go one better in London contest
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Helah-Kiprop-aims-gold-London-World-Championships/1100-3994634-439b1qz/index.html
(Daily Nation 7/1)
 

中国、東京五輪大衆選手代表選考要項を正式発表

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 6月18日(日)16時26分50秒 42-147-67-63.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  奥运?拉松大众?手?拔?法公布 中国将?中??
http://www.chinanews.com/ty/2017/06-14/8250240.shtml
(中新網 6/14)

「『我要跑奥運(五輪で走る!)』2020年東京五輪マラソン種目大衆選手選抜方法」
対象選手:
・レース当日20歳以上
・現役選手・中国陸連に登録経験のある引退選手はのぞく
選考対象レース:
・北京、上海、厦門、東営(IAAFゴールドラベル)、中国マラソン選手権(6戦)(記事には6戦とあるのですが、今のところ大会日程表などで確認できる今年の中国マラソン選手権は2つなので、IAAF金と中国選手権をあわせて6戦かも)
選考の流れ
・2017年末に、中国陸連が対象レースより男女各5000名計1万名を選抜(“我要跑奥运”万人跑団)して2018年1月に対象選手リストを発表
・2019年初頭、1年間の成績により男女50名計100名を選抜(百人跑団)。百人跑団は独自の単位として陸連主催の大会に出場し、専業選手と同等の待遇を享受。また陸連も百人跑団の練習にナショナルチームコーチを派遣
・2020年東京五輪の3ヵ月前、男女各5名、さらに正選手各1名補欠各1名を選抜。正選手と補欠はナショナルチーム合宿に参加、残り6名は五輪当日にレース観戦

この記事の書き方だと、今年の厦門や東営もさかのぼって対象レースになっているんでしょうか。


刘??:代表国家是?耀也是?任 希望我不辱使命
http://sports.sina.com.cn/run/2017-06-15/doc-ifyhfnqa4195469.shtml
(新浪網 6/14)
中国田??拔大众?手跑奥运等大? 北大女生将征?田径世??
http://www.sohu.com/a/148566740_487954
(捜狐 6/13)

我要跑奥運の一環として、北京大学の学生劉慶紅選手(去年上海で2時間43分11秒、天津全国運動会群衆組4位)がロンドン世界選手権女子マラソンの代表入り。中国の大学生を代表して東京五輪でも走りたいとのこと。
記事をみると出身の山東省で5000mの省チャンピオンになった経歴はあるようで、陸連登録選手ではないかもしれませんが高度な経験・練習を積んだランナーといえるでしょう。東京五輪の大衆組代表にも同様の選手が選ばれそうですね。
劉慶紅選手のハーフのベストは74分台。
 

ニューヨーク、蘭州、シンガポール

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 6月10日(土)14時55分29秒 42-147-67-63.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○NYRR New York Mini 10K(6/10)
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-nyrr-new-york-mini-10k

Professional Field
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-nyrr-new-york-mini-10k/professional-field
Media Guide
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-nyrr-new-york-mini-10k/media-guide

福士選手も出場。
2012年のNYマラソンはハリケーンの影響で大会中止となりましたが、またNYRRと縁ができましたし、ぜひ今年エントリーしてほしいと思っています。

ADVISORY: Mary Keitany, Edna Kiplagat, Aliphine Tuliamuk, and Tatyana McFadden to Preview 2017 NYRR New York Mini 10K at NYRR RUNCENTER
Prior to racing the 2017 NYRR New York Mini 10K and pacing the Girls’ Run in Central Park, some of the top professional athletes will take part in a “World’s Fastest Women” RUNTalk
http://www.nyrr.org/media-center/press-releases/advisory-mary-keitany-edna-kiplagat-aliphine-tuliamuk-and-tatyana-mcfadden-to-preview-2017-nyrr-new-york-mini-10k-at-nyrr-runcenter
(6/8)
London Marathon Winner Mary Keitany to Challenge Boston Marathon Winner Edna Kiplagat at NYRR New York Mini 10K on Saturday, June 10
11 Olympians to lead professional athlete field in 46th running of the event in Central Park
NYRR Team for Kids Ambassador and five-time New York City Marathon champion Tatyana McFadden to pace second edition of Girls’ Run
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-nyrr-new-york-mini-10k/press-releases/london-marathon-winner-mary-keitany-to-challenge-boston-marathon-winner-edna-kiplagat-at-nyrr-new-york-mini-10k-on-saturday-june-10
(5/30)


○TCS New York City Marathon(11/5)
http://www.tcsnycmarathon.org

Defending Champions Mary Keitany and Tatyana McFadden to Return for 2017 TCS New York City Marathon on Sunday, November 5
Keitany to go for fourth consecutive title, looking to surpass Paula Radcliffe in career wins
McFadden, racing as an NYRR Team for Kids Ambassador, seeks record sixth career title in wheelchair division
http://www.nyrr.org/media-center/press-releases/defending-champions-mary-keitany-and-tatyana-mcfadden-to-return-for-2017-tcs-new-york-city-marathon-on-sunday-november-5
(6/9)


○“蘭州銀行杯”蘭州国際馬拉松賽(6/11)
http://www.lanzhoumarathon.org



Chinese Billionaire Adds Rock ’n’ Roll Marathons to Growing Ironman Empire
https://www.nytimes.com/2017/06/02/sports/wang-jianlin-rock-n-roll-marathons-ironman-empire.html?_r=0
(New York Times 6/2)
王健林再出手,大?万达收????拉松母公司
https://cn.nytstyle.com/sports/20170605/wang-jianlin-rock-n-roll-marathons-ironman-empire/
(紐育時報 6/2)
IRONMAN Acquires Competitor Group Event And Media Properties
http://running.competitor.com/2017/06/news/ironman-acquires-competitor-group-event-media-properties_164800
(Competitor  6/2)
New York Timesには中国語版のページもあったのですね(^^;)
大連万達傘下のIronman社がロックンロールマラソン主催・Competitor Groupを買収。

Standard Chartered Singapore Marathon makes World Marathon Majors bid
https://www.myactivesg.com/read/2017/4/standard-chartered-singapore-marathon-makes-world-marathon-majors-bid
(ActiveSG 4/27)
ありゃ、 Standard Chartered Singapore Marathonの主催・運営はIRONMAN Asiaでしたか。
 

マラソン歴(2017.6.5現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 6月 5日(月)16時19分45秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋
2:31:33   2位 17.05.14 リガ

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


ビダン・カロキ(ケニア/世羅高~エスビー食品~横浜DeNA 1990.8.21)WMM大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.27 東京
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
2:07:41   3位 17.04.23 ロンドン

※2012五輪10000m5位入賞
※2013世界陸上10000m6位入賞
※2015世界陸上10000m4位入賞
※2016五輪10000m7位入賞


飯沼健太(SGHグループ 1988.2.1)日本・海外マラソン入賞者
2:15:05  19位 14.03.02 大津
2:23:12   4位 14.09.14 ケルン
2:44:42  183位 14.03.01 大津
2:16:36.1  8位 15.05.17 リガ
2:13:43  15位 16.12.04 福岡(国際)
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
2:16:52  10位 17.04.23 ハンブルグ


甲斐大貴(順天堂大~ラフィネ 1994.8.5)国内市民マラソン大会優勝者
2:22:09   1位 17.01.29 勝田
2:18:17  43位 17.02.26 東京
2:35:51*  96位 17.04.17 ボストン


佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川
2:43:57  69位 17.04.16 長野


濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所 1988.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野


押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野

※2016青梅30kmロードレース優勝


鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌
2:27:41  22位 17.04.16 長野


小田切亜希(天満屋 1990.8.20)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋
2:41:26   4位 17.04.16 長野 *日本人1位

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山
2:21:20   2位 17.03.26 徳島


堀正樹(大塚製薬 1990.8.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:39   5位 14.02.16 オースティン
2:18:55  12位 14.04.20 長野
2:19:53  12位 14.08.31 札幌
2:29:54  51位 15.02.01 大分
2:23:48  19位 15.08.30 札幌
2:36:46  34位 16.02.14 延岡
棄権       16.08.28 札幌
2:20:27   1位 17.03.26 徳島


内田梨絵(大塚製薬 1995.8.2)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:35   2位 15.03.22 徳島
2:32:25  20位 16.03.13 名古屋
2:33:46  15位 17.01.29 大阪(国際)
2:37:00   1位 17.03.26 徳島


清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋


岩出玲亜(ノーリツ~ 1994.12.8)WMM大会入賞者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表


桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋


竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


下門美春(第一生命~しまむら~ニトリ 1990.4.24)WMM大会入賞者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝


野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋


奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル


岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝


新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋

※2015ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表


坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋


一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


森田知行(カネボウ 1984.7.8)国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝


園田隼(黒崎播磨 1989.4.5)日本・海外マラソン優勝者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津


宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


大崎翔也(中電工 1991.8.1)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津


吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津


山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津


上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津


鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡


出口和也(旭化成 1988.8.14) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝


藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)WMM大会入賞者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高


田端沙紀(大塚製薬 1991.4.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:50:14   4位 12.08.26 札幌
2:37:40  14位 13.02.24 東京
2:46:20   9位 13.08.25 札幌
2:34:35  17位 15.03.08 名古屋
2:51:04  19位 15.08.30 札幌
2:34:20  24位 16.03.13 名古屋
2:55:00  49位 17.02.26 東京


井上大仁(MHPS 1993.1.6)WMM大会入賞者
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位

※2014世界ハーフマラソン代表


山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)WMM大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京


設楽悠太(Honda 1991.12.18)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表


服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝


池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京

※2010世界クロスカントリー代表


中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京


橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京


岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京


圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表


児玉雄介(コモディイイダ 1986.8.10)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京


治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC~ラフィネ 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京

※ラフィネグループ陸上部コーチ


佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表


今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州


今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山


折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:-- --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山


松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山

 

マラソン歴(2017.6.5現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 6月 5日(月)16時18分57秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府


高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)


奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡


千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡


木滑良(MHPS 1991.1.22)日本・国内AIMS公認大会優勝者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分


鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分


岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分


日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11  9位 16.02.07 大分
2:19:08  7位 16.09.18 シドニー
2:12:42  9位 17.02.05 大分


千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表


荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分


辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分


堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 16.01.31 大阪(国際)


田中華絵(第一生命グループ 1990.2.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル


竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 16.01.29 大阪(国際)

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


加藤岬(九電工 1991.6.15)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)


池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)


八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ

※2007世界クロスカントリー代表


関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)


谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4)WMM大会入賞者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー


五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター

※城西大学男子駅伝部コーチ


水口侑子(デンソー 1985.5.24) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝


田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト


岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン 1984.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野


小原怜(天満屋 1990.8.10)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


松見早希子(第一生命 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋

※2016熊日30kmロードレース優勝


天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝


上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋


柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表


高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表


上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝


大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表


長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督


出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表


橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ


城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


前田彩里(佛教大~ダイハツ 1991.11.7)日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権


坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ


箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋


保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部コーチ


清水裕子(積水化学 1985.7.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    12.01.29 大阪(国際)
2:32:00  11位 14.04.13 ロンドン

※2009・2010・2011世界クロスカントリー日本代表


正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋

※2009世界ハーフマラソン代表


野村沙世(名城大~第一生命~ユニクロ 1989.4.18)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
(ペースメイカー)    12.03.11 名古屋
2:32:29  10位 14.01.26 大阪(国際)

※2009・2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル
※2014世界ハーフマラソン代表


山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表


北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ


岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表
 

ロンドン、上海

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 5月12日(金)23時10分41秒 116-65-243-183.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  Six marathoners named to Team USATF for IAAF World Championships
http://www.usatf.org/News/Six-marathoners-named-to-Team-USATF-for-IAAF-World.aspx
(USATF 5/8)

Who Will Run the Marathon for the U.S. at the World Championships This Summer?
Three men and three women have been selected in order of their times during the qualifying period.
http://www.runnersworld.com/elite-runners/who-will-run-the-marathon-for-the-us-at-the-world-championships-this-summer
(Runners World 5/12)

2016/1/1~2017/4/24の記録順・本人の出場意思により世界選手権代表を選抜。
女子は大阪とロンドン、そして五輪選考会からの選抜となりました。非常に面白い顔ぶれ。
Jordan Hasay選手の世界選手権マラソンも見たかったですが、初マラソンボストンのあといきなり世界選手権は厳しいでしょうか。

五輪を見て米国女子は強いなどの声が日本の記事でも喧伝されたわりには大阪で好走したSerena Burla選手のコメントがあまり紹介されなかったのが不思議というか想像どおりというか。丸亀のCragg選手にしてもそうですが。
・Payton Jordan Cardinal Invitational(5/5)
女子1万m
1. Meraf Bahta (SWE) 31:13.06 NR WL
2. Amy Cragg  (USA) 31:17.20
3. Goytatom Gebreselassie (ETH) 31:25.61


○国際田聯鑽石聯賽 - 上海站/IAAF Diamond League Shanghai(5/13)
https://shanghai.diamondleague.com/home/
http://www.dlsh.org/web_zh/index


?炳添恩??日本?手桐生祥秀:他能跑9秒95   蘇炳添の恩師、日本の桐生祥秀について語る「9.95で走れる」
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2017-05-12/doc-ifyfeius7872101.shtml
(新浪体育 5/12)

蘇炳添の恩師、中国の著名な短距離コーチ・袁国強は上海体育場で新浪体育の取材に答え、桐生祥秀を絶賛した。
「あの日本選手は若いし、(9.87wを出した)2015年には、彼の方が先に10秒の壁を破ると思っていた。不運にも故障などの問題で蘇炳添が先に10秒を破ることになった。練習ができていれば、うまくいけば9.95も出せる」

以前、張培萌のコーチ李慶が、桐生祥秀の技術には問題がある、山縣亮太のようになめらかではないと指摘したことがあった。袁国強もこの観点に同意しつつ、次のようにも答えた。「年齢を重ね成熟するにつれて技術は向上する。どんどんよくなる」

蘇炳添と桐生祥秀の対決については、袁国強はやや低調だった。
「蘇炳添のピークは2012~2015年。今はピークをすぎつつある。感覚をつかみ自分の状態を調節しないことには。今回我々の最優先目標は、標準記録を突破して世界選手権出場の権利を得ること」
 

シンガポール、ロンドン、ニューヨーク

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 5月 3日(水)21時24分25秒 116-65-243-183.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  Standard Chartered Marathon bids to join World Marathon Majors
http://www.channelnewsasia.com/news/singapore/standard-chartered-marathon-bids-to-join-world-marathon-majors-8796818
(Channel NewsAsia 4/27)
SCMS renamed Standard Chartered Singapore Marathon, bids to join big league of World Marathon Majors
http://www.straitstimes.com/sport/scms-renamed-standard-chartered-singapore-marathon-bids-to-join-big-league-of-world-marathon
(Straits Times 4/27)

Standard Chartered Marathon SingaporeがStandard Chartered Singapore Marathonに名称変更、さらにAbbottWMM加入に名乗り。


Mary Keitany: How I plotted world record was
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/How-Mary-Keitany-plotted-world-record-London-Marathon/1100-3908590-kqhbk9z/
(Daily Nation 4/29)
London doubt?
http://www.the-star.co.ke/news/2017/05/01/london-doubt_c1552624
(The Star 5/1)

次はVirgin Money London Marathonから3ヵ月半後のロンドン世界選手権ではなくて、4連覇のかかるNYでしょうか。
 

天津

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 4月29日(土)15時21分36秒 116-65-243-183.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  (追記)
?拉松老将王佳?摘全运会首金
http://news.sina.com.cn/c/2017-04-29/doc-ifyetstt3884800.shtml
(新浪網/中国青年報 4/29)

王佳麗選手
「マラソンが好きなので走り続けたい。年齢(31歳)は関係ない。
 全運会優勝で夢がかなった。でも本当はまた五輪で走ることが最大の夢」

雲南省が全運会男子マラソンで優勝したのは30年前の張国偉選手以来。開催地はその時も天津で、張国偉・雲南省ヘッドコーチは「天津は我々の福地だ」とコメント。また2位の楊定宏選手の所属は解放軍となっていますが、交流選手(二重在籍?)で出身は雲南とのこと。
今回、張国偉コーチも選手たちと一緒に表彰台に立ったとあります。

Mass marathon races staged for the first time at China's National Games
http://www.chinadaily.com.cn/sports/2017-04/29/content_29143310.htm
(China Daily/Xinhua 4/29)





○中華人民共和国第十三届運動会(天津)
http://sports.enorth.com.cn/13thgames/index.shtml

○中華人民共和国第十三届運動会馬拉松賽曁2017天津(武清)国際馬拉松賽(4/29)
http://www.tjwq-marathon.com
http://www.tjwq-marathon.com/articles/1246.html  ※コース

男子
1. 董国建  (雲南)   2:18:45
2. 楊定宏  (解放軍)  2:19:09
3. 哈斯木汗 (新疆)   2:20:22

女子
※全国運動会マラソンの女子Eliteの部には個人の部と団体の部があり、レースじたいは同一ですが、それぞれ一方にだけエントリーした選手、両方にエントリーの選手などいます。
以下の順位は両者の総合です。この順位が天津国際マラソンの順位になると思います。
Eliteには男女とも外国選手の出場はありませんでした。
全運会個人1~3位は下記と変わらず、団体にエントリーした選手の1位は華紹青選手です。

1. 王佳麗 (河北)   2:33:36
2. 曹茉婕 (青海)   2:36:06
3. 華紹青 (河北)   2:36:38
4. 宮麗華 (内蒙古)  2:36:48
5. 張瑩瑩 (内蒙古)  2:37:46
6. 魏小傑 (江蘇)   2:39:24
7. 張美霞 (北京)   2:40:03
8. 何引麗 (内蒙古)  2:40:11
9. 金銘銘 (内蒙古)  2:41:42
12. 丁常琴 (貴州)  2:42:15
13. 金玲玲 (四川)  2:42:55
15. 郝曉帆 (江蘇)  2:43:02
17. 王雪芹 (江蘇)  2:44:11
21. 岳超   (江蘇)   2:46:14
35. 張俊麗 (黒龍江) 2:52:49
47. 尹媛媛 (河北)   2:57:24
  王曉姝 (天津)   DNF

气温?升 高科技气象?急服???全运保??航
http://sports.enorth.com.cn/system/2017/04/29/033005856.shtml
(全運会サイト/天津北方網 4/29)

女子Elite朝7:30、男子Elite7:55スタートでしたが、TV中継冒頭の紹介ですでに気温22℃湿度33%。
最高気温33℃の予報、上記記事が書かれた9:40で26.7℃あったとのこと。高温下でのレースとなりました。

女子は最初のハーフが1時間20分以上かかる超スローペース。
団体戦をかねているためかチームごとに固まって走る姿が散見されました。
先頭集団はハーフ地点で12人ほどから、27kmでは王佳麗、曹茉婕、華紹青各選手の3人に。
さらに王佳麗選手が抜け出し、いったん10秒ほど差がついたのち曹茉婕選手が追い上げて並走に持ち込みますが、33kmをすぎて2人の差が大きく開き勝負あり。
王佳麗選手は25km-30km16:58、30kmー35km17:25で走りました。

蛇足ですが王佳麗選手はドーピング検査陽性反応のため2013年から2年間出場停止となったことがあります。

男子は女子とうってかわって、雲南の選手たちが1km2:50(!)1-2km2:54の先制攻撃をしかけて早くから集団が数人にしぼられたのですが、暑かったせいかその後きつくなりましたね。

群衆組は運艶橋選手2:32:45、唐輝選手2:55:51で山東省選手のアベック優勝となりました。


直播??:第十三届全国运?会?拉松?目比?
http://sports.enorth.com.cn/system/2017/04/28/033002675.shtml
(全運会サイト/天津北方網 4/29)
全运会?拉松五枚金牌??,山??手包?大众?男女冠?
http://sports.sohu.com/20170429/n491191410.shtml
(捜狐体育 4/29)
点将台!?能?得全运会?拉松冠?  ※事前展望、有力選手紹介
http://sports.sina.com.cn/run/2017-04-25/doc-ifyepsch3140985.shtml
(新浪跑歩 4/25)
 

マラソン歴(2017.4.29現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 4月29日(土)11時35分35秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府


高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)


奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡


千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡


木滑良(MHPS 1991.1.22)日本・国内AIMS公認大会優勝者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分


鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分


岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分


日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11  9位 16.02.07 大分
2:19:08  7位 16.09.18 シドニー
2:12:42  9位 17.02.05 大分


千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表


荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分


辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分


堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 16.01.31 大阪(国際)


田中華絵(第一生命グループ 1990.2.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル


竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 16.01.29 大阪(国際)

※2014山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


加藤岬(九電工 1991.6.15)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)


池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)


八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ

※2007世界クロスカントリー代表


関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)


谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4)WMM大会入賞者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー


五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター

※城西大学男子駅伝部コーチ


水口侑子(デンソー 1985.5.24) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝


田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト


岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン 1984.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野


小原怜(天満屋 1990.8.10)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


松見早希子(第一生命 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋

※2016熊日30kmロードレース優勝


天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝


上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋


柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表


高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表


上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝


大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表


長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督


出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表


橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ


城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


前田彩里(佛教大~ダイハツ 1991.11.7)日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権


坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ


箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋


保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部コーチ


清水裕子(積水化学 1985.7.13)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    12.01.29 大阪(国際)
2:32:00  11位 14.04.13 ロンドン

※2009・2010・2011世界クロスカントリー日本代表


正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋

※2009世界ハーフマラソン代表


野村沙世(名城大~第一生命~ユニクロ 1989.4.18)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
(ペースメイカー)    12.03.11 名古屋
2:32:29  10位 14.01.26 大阪(国際)

※2009・2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル
※2014世界ハーフマラソン代表


山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表


北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ


岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表
 

マラソン歴(2017.4.29現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 4月29日(土)11時34分41秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  ビダン・カロキ(ケニア/世羅高~エスビー食品~横浜DeNA 1990.8.21)WMM大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.27 東京
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
2:07:41   3位 17.04.23 ロンドン

※2012五輪10000m5位入賞
※2013世界陸上10000m6位入賞
※2015世界陸上10000m4位入賞
※2016五輪10000m7位入賞


飯沼健太(SGHグループ 1988.2.1)日本・海外マラソン入賞者
2:15:05  19位 14.03.02 大津
2:23:12   4位 14.09.14 ケルン
2:44:42  183位 14.03.01 大津
2:16:36.1  8位 15.05.17 リガ
2:13:43  15位 16.12.04 福岡(国際)
(ペースメイカー)    17.02.26 東京
2:16:52  10位 17.04.23 ハンブルグ


甲斐大貴(順天堂大~ラフィネ 1994.8.5)国内市民マラソン大会優勝者
2:22:09   1位 17.01.29 勝田
2:18:17  43位 17.02.26 東京
2:35:51*  96位 17.04.17 ボストン


佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川
2:43:57  69位 17.04.16 長野


濱崎達規(小森コーポレーション~南城市役所 1988.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京
2:15:49   5位 17.04.16 長野


押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌
2:15:27   3位 17.04.16 長野

※2016青梅30kmロードレース優勝


鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌
2:27:41  22位 17.04.16 長野


小田切亜希(天満屋 1990.8.20)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋
2:41:26   4位 17.04.16 長野 *日本人1位

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山
2:21:20   2位 17.03.26 徳島


堀正樹(大塚製薬 1990.8.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:39   5位 14.02.16 オースティン
2:18:55  12位 14.04.20 長野
2:19:53  12位 14.08.31 札幌
2:29:54  51位 15.02.01 大分
2:23:48  19位 15.08.30 札幌
2:36:46  34位 16.02.14 延岡
棄権       16.08.28 札幌
2:20:27   1位 17.03.26 徳島


内田梨絵(大塚製薬 1995.8.2)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:35   2位 15.03.22 徳島
2:32:25  20位 16.03.13 名古屋
2:33:46  15位 17.01.29 大阪(国際)
2:37:00   1位 17.03.26 徳島


清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋


岩出玲亜(ノーリツ 1994.12.8)WMM大会入賞者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表


桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋


竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


下門美春(第一生命~しまむら 1990.4.24)WMM大会入賞者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝


野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋


奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル


岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝


津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋

※2015ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表


坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋


一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


森田知行(カネボウ 1984.7.8)国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝


園田隼(黒崎播磨 1989.4.5)日本・海外マラソン優勝者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津


宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


大崎翔也(中電工 1991.8.1)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:18:27  14位 16.08.28 札幌
2:12:07   8位 17.03.05 大津


吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津


山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津


上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津


鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡


出口和也(旭化成 1988.8.14) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝


藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)WMM大会入賞者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高


田端沙紀(大塚製薬 1991.4.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:50:14   4位 12.08.26 札幌
2:37:40  14位 13.02.24 東京
2:46:20   9位 13.08.25 札幌
2:34:35  17位 15.03.08 名古屋
2:51:04  19位 15.08.30 札幌
2:34:20  24位 16.03.13 名古屋
2:55:00  49位 17.02.26 東京


井上大仁(MHPS 1993.1.6)WMM大会入賞者
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位

※2014世界ハーフマラソン代表


山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)WMM大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京


設楽悠太(Honda 1991.12.18)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表


服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝


池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京

※2010世界クロスカントリー代表


中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京


橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京


岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京


圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表


児玉雄介(コモディイイダ 1986.8.10)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京


治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC~ラフィネ 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京

※ラフィネグループ陸上部コーチ


佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表


今田麻里絵(シスメックス~SMS‐AC~岩谷産業 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州


今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山


折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:-- --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山


松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山
 

AbbottWMM、万達集団と戦略的パートナーシップ締結

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 4月27日(木)01時26分36秒 116-65-243-183.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ロンドンで17分台2人の衝撃もさめないうちに、万達集団(Wanda Group)とAbbottWMMの10年間パートナーシップ締結のニュースが入ってきました。
少し前にWMM拡大の話をどこかでちらりと見たのですが、これだったのかな。
取り急ぎ。

Wanda Group Announces Exclusive Ten-Year Strategic Partnership With Abbott World Marathon Majors
https://www.worldmarathonmajors.com/news-media/latest-news/wanda-group-announces-exclusive-ten-year-strategic-partnership-with-abbott-world-marathon-majors/
(AbbottWMM 4/26)

万达与WMM达成?略合作 世界?拉松大???事将落地中国
http://news.xinhuanet.com/sports/2017-04/26/c_1120879689.htm
(新華社 4/26)
今後10年内にアジア・太平洋地域で3つのWMMを実施する、そのうち1つは中国でおこなうと。
中国でWMM実施は2、3年のうちに、という記事もあります。
記事によってはアジア、アフリカも含む地域で追加と。

Abbott World Marathon Majors inks major partnership deal with Wanda Group, aims to hold race in China
http://news.xinhuanet.com/english/2017-04/26/c_136238064.htm
(Xinhua 4/26)


万达干了票猛的!世界?拉松大???事将落?中国
http://www.sohu.com/a/136596369_502682
(捜狐 4/26)

万達集団・王健林会長のスピーチ全文つき記事。



Martin Fiz選手がロンドンで2:29:32。
またシドニー五輪1万m入賞の李季選手がロンドンに出場、ひとあし早くWMM6大会完走達成です。

29日は天津マラソン兼全国運動会マラソンがあります。
 

夫婦合計タイムの世界最最高が更新されました

 投稿者:くろまき  投稿日:2017年 4月17日(月)12時21分45秒 KD113151216154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用 編集済
  https://www.iaaf.org/competitions/iaaf-label-road-races/news/husband-wife-lonyangata-rionoripo-win-paris-m

今年のパリマラソン、特に女子上位の好記録が目立ちましたが、男女の優勝者は上の記事によると夫婦ということです。

すると合計タイム(2:06:10+2:20:55=)4:27:05は夫婦での世界最高になります。(ARRSのTriviaにもすでにこの事実が反映されています)

もうこれでいい加減に福岡のS夫妻の5時間も切っていない「世界記録」が報道されなくなることを祈ります。でも検索してみるとまだ、これに続く記事が多いのが現状ですけど(今はM夫妻などが「更新」しているようです)
 

衝撃的なニュース

 投稿者:かんちゃんメール  投稿日:2017年 4月 7日(金)23時33分35秒 101.1.103.94.user.e-catv.ne.jp
返信・引用
  リオ五輪女子マラソン金メダルのスムゴングがドーピング検査で陽性反応、体内からEPOが検出というニュースが入ってきました。

残念、という言葉では済まされません。

正直言って、僕がこの1年以上の間、「マラソン資料館」の更新を怠っていた理由の一つが、ドーピングによる優勝、記録抹消、順位繰り上げという事態が相次いだことでもあったのです。

虚しさを感じています。
 

ベルリン、大邱

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 4月 2日(日)18時31分5秒 27-140-82-221.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  大会サイトに大邱の結果が出ていました。
http://marathon.daegusports.or.kr/2014/record/winner.html




○Berliner Halbmarathon(Berlin  4/2)
http://www.berliner-halbmarathon.de/en/
http://results.berliner-halbmarathon.de/2017/?lang=EN&pid=leaderboard

Half marathon time barriers the targets in Berlin
http://www.berliner-halbmarathon.de/en/news-and-media/news/2017/03/31/half-marathon-time-barriers-the-targets-in-berlin.html
(3/31)

Coached by her mother, the former world-class marathoner Katrin Dörre-Heinig, Katharina smashed her personal marathon best by more than five minutes in the BMW BERLIN-MARATHON. She clocked 2:28:34 and achieved the national qualifying standard for the World Championships in London this year. In the half marathon she ran a personal record of 72:55 in 2016. ?I hope for another great race in Berlin on Sunday,“ said Katharina Heinig, who will not run another marathon this spring and instead focuses on London. To secure selection she needs to run 73:15 on Sunday.

Katharina Heinig選手はどうやら73:25の記録で、世界選手権出場確定条件の73:15は切れなかった模様。
春マラソンの予定はないそうですが、やはりロンドンでも姿を見たいです。


○大邱国際マラソン大会 (4/2)

大邱国際マラソンケニア男女優勝…'陸上都市' 位置づけ
http://news1.kr/articles/?2954682
(ニュース1 4/2)
 

プラハ、ハンブルク、東京

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 4月 1日(土)10時18分11秒 27-140-82-221.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  追記(プラハの結果、大邱)
http://www.tds-live.com/ns/index.jsp?login=&password=&is_domenica=-1&nextRaceId=&dpbib=&dpcat=&dpsex=&serviziol=&pageType=1&id=8741&servizio=000&locale=2057
プラハで世界記録!
いやあ、レース中の速報値でトップの2人が10km30:05前後と出てきて驚きました。

2017 Prague HM Recap: Joyciline Jepkosgei Sets WR (64:52) To Become First Woman Ever Under 65:00 as Jordan Hasay Runs 67:55; Tamirat Tola Destroys Men’s Field in 59:37
http://www.letsrun.com/news/2017/04/2017-prague-hm-recap-joyciline-jepkosgei-sets-wr-6452-become-first-woman-ever-6500-jordan-hasay-runs-6755-tamirat-tola-destroys-mens-field-5937/
at 10 kilometers, we thought it might be an April Fool’s prank as 30:05 flashed up on the screen.
(LetsRun 4/1)
いやまったくです(^^;)

(RRW) Athletics: Jepkosgei Sets Four Pending World Records At Sportisimo Prague Half-Marathon
http://www.runnersweb.com/running/news_2017/rw_news_20170401_RRW_Prague_Half_Marathon.html
(RunnersWorld/RRW 4/1)


○大邱国際マラソン大会 (4/2)
http://marathon.daegusports.or.kr/main/main.html

大邱国際マラソン大会 4月2日…13ヶ国 1万4千名参加
http://news1.kr/articles/?2952140
(ニュース1 3/30)
2017大邱国際マラソン大会、海外主要選手競争秒読み ‘ほかほか’
http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=340902
(ニュースデイリー 3/31)

川内 2日の大邱国際マラソン出場 6年前失速の地で「サブ10狙う」
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/01/kiji/20170401s00057000211000c.html
(スポーツニッポン 4/1)

川内選手も出場するのですね。Elite35名、男子19女子11pacer5。
別記事によると男子のペース設定は大会記録2:06:51を目安にしたものということですので6分~7分ペースでしょうか?
韓国選手用のタイムボーナスも設定。

孫明濬、リオオリンピック後 8ヶ月ぶりにマラソンフルコース出場
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/03/30/0200000000AKR20170330048700007.HTML
(聯合ニュース 3/30)

所属の三星電子はハーフ62分台のケニア選手を2名練習パートナーに招聘。




○Sportisimo 1/2Maraton Praha(4/1)
https://www.runczech.com/en/events/sportisimo-prague-half-marathon-2017/index.shtml

World record holder forced to cancel start in the Sportisimo Prague Half Marathon
https://www.runczech.com/en/about-us/news/world-record-holder-forced-to-cancel-start-in-the-sportisimo-prague-half-marathon-21376.shtml
(3/27)
(;_;)

Prague Preview: Rupp And Hasay Are Probably Here To Run Really Fast ※開くと音声つき動画が始まる可能性があります
http://www.flotrack.org/article/53998-prague-preview-rupp-and-hasay-are-probably-here-to-run-really-fast#.WN7uh755eaZ
(Flotrack 5/30)



○Haspa Marathon Hamburg(4/23)
http://www.haspa-marathon-hamburg.de/en/

BOTH OF LONDON’S OLYMPIC CHAMPIONS WILL RUN IN HAMBURG: TIKI GELANA COMPLETES THE PACKAGE
http://www.haspa-marathon-hamburg.de/en/both-of-londons-olympic-champions-will-run-in-hamburg-tiki-gelana-completes-the-package/
(3/21)
JESSICA AUGUSTO TARGETS ROSA MOTA’S RECORD IN HAMBURG
http://www.haspa-marathon-hamburg.de/en/jessica-augusto-targets-rosa-motas-record-in-hamburg/
(2/24)

ロンドン五輪の男女優勝者がそろって出場することになりました。
Tiki Gelana選手はソウルに出場の報道もありましたが、スライドでしょうか。
Jessica Augusto選手やJose Antonio Uribe選手の調子はどうでしょう。



China to select 2 amateur marathon runners for Tokyo Olympics
http://news.xinhuanet.com/english/2017-03/20/c_136143035.htm
(Xinhua 3/20)
“我要跑奥运”?拔?法公布
http://www.athletics.org.cn/marathon/news/2017-03-20/517836.html
(中国陸連/新華社 3/20)

東京五輪マラソン中国代表男女各3名のうち各1名を市民ランナー枠にする件、英文記事にもなっていました。
タイムのほか、IAAFゴールドラベルの大会(中国国内では北京、上海、厦門、東営)で10位以内の選手にも出場権利あり、2017年から2020年までのポイント状況により男女各1名選抜とのこと。


中国?拉松大??
http://zuicool.com/topic/10311
(最酷)
中国?拉松年会 你必?要知道?10件事
http://sports.sina.com.cn/run/2017-03-21/doc-ifycnpit2470086.shtml?cre=sportspagepc&mod=f&loc=1&r=9&doct=0&rfunc=56&tj=none&s=0
(新浪跑歩 3/21)
中国?拉松大???事??是哪几家  ※中国マラソンメジャーズはどの大会に?
http://sports.sohu.com/20170321/n484009715.shtml
(捜狐体育 3/21)
“中?”大???事启幕 ??倒??亮点?先看 ※CMM開幕 武漢マラソンカウントダウン、その特色
http://finance.eastmoney.com/news/1350,20170325723529429.html
(東方財富網/21世紀経済報道 3/25)
粤媒?疑重????大??:不是金?不能服众  ※深圳メディア、武漢マラソンCMM入りに疑問 金でなければ納得できない
http://sports.sina.com.cn/run/2017-03-29/doc-ifycstww1745249.shtml
(新浪跑歩/晶報 3/29)

中国陸連が創設した中国トップクラスマラソンリーグ、「中国馬拉松大満貫」(英名China Marathon Majors)の2017-2018シリーズ構成大会は北京、上海、重慶、武漢、広州とのこと。
毎年(毎回)構成大会がかわるのかもしれません。
最後の記事の末尾部分、武漢マラソンは去年創設されたばかりで中国陸連認定の金銀銅でもシルバーにすぎない、ゴールドラベルを獲得していれば納得もするけれども、とあります。
 

ニューヨーク、ボストン、天津

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 3月19日(日)07時39分9秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○United Airlines NYC Half(New York City, NY 3/19)
http://www.nyrr.org/races-and-events/2017/united-airlines-nyc-half

Olympians and Defending Champions Will Face Off at NYC Half
Many of the fastest U.S. distance runners, including two-time winner Molly Huddle, are lining up on Sunday for the 13.1-mile race.
http://www.runnersworld.com/elite-runners/olympians-and-defending-champions-will-face-off-at-nyc-half
(RunnersWorld 3/16)

Media Guide
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-united-airlines-nyc-half/media-guide
http://www.nyrr.org/sites/default/files/UANYCH17%20Media%20Guide_FNL2_digital%5B2%5D.pdf


○Boston Marathon(4/17)
http://www.baa.org/races/boston-marathon.aspx

Media Guide
http://www.bostonmarathonmediaguide.com/qualification/

Elite Athletesに大迫選手の紹介もあります。


○中華人民共和国第十三届運動会(天津)
http://sports.enorth.com.cn/13thgames/index.shtml

全运首金将在?拉松?生 将邀?万名市民一起跑
http://sports.enorth.com.cn/system/2017/03/17/031651521.shtml
(3/17)
中?人民共和国第十三届全国运?会群众??拉松????程
http://www.athletics.org.cn/competition/tzgg/2017-03-17/517748.html
(中国陸連 3/17)

全国運動会マラソンで大衆の部(群衆組)を実施。
よく読むと16日に紹介したhttp://sports.sohu.com/20170310/n482886826.shtmlも群衆組の記事でした。マラソンのほかロッククライミング、ローラースケート、バドミントンなど多数の競技で群衆組をおこなうということです。
マラソンは中国陸連に登録の経験のないランナーが対象、男女5組(各5組? 計5組?)の上位3名に専業選手と同様にメダル授与。フルのほか5kmのミニマラソンも実施でフルミニあわせて1万人以上の規模になる見込み。


大众?拉松?手将出??京奥运 成?需符合??
http://sports.sina.com.cn/others/athletics/2017-03-17/doc-ifycnikk0974949.shtml
(新浪網/体壇+ 3/17)

そしてこちらですが、大衆選手から男女1名ずつを東京五輪に派遣すると陸連幹部の杜兆才氏が発言。
代表各3名のうち1枠を市民ランナー枠とするということでしょうか?
陸連登録の経歴がなく(つまり引退選手も除外)、ロンドン世界選手権の標準記録にならって男子2:19:00、女子2:45:00以内のタイムが選考会参加の条件とのこと。
1番目の条件はともかく、2番目のタイムの条件は市民ランナーには厳しいだろうというコメントが別記事で紹介されていました。


19-yr-old me saw Hwang & Morishita race up Monjuic & said I want to do that. Today I ran it w/them. #LifeisBeautiful
https://twitter.com/JRNHeadlines/status/840520792261685248

これはすばらしいですね。
後年夢が形を変えて実現したのももちろんですが、ランナー自身の国とは無関係の方もあのレースに興奮していたということでもありますね。
そして考えるまでもなく、不思議でもなんでもない話でもあります。
 

マラソン歴(2017.3.17現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 3月17日(金)18時12分47秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  > No.8749[元記事へ]

“かんちゃん”様へのお返事です。


清田真央(スズキ浜松AC 1993.9.12)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:24:32   4位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代5位(当時)
2:23:47⑳  3位 17.03.12 名古屋


岩出玲亜(ノーリツ 1994.12.8)WMM大会入賞者
2:27:21   3位 14.11.16 横浜 *10代での日本最高(当時)
2:29:16   7位 15.03.08 名古屋
2:24:38   5位 16.03.13 名古屋
2:28:16   4位 16.09.25 ベルリン
棄権       17.03.12 名古屋

※2014世界ハーフマラソン代表


桑原彩(積水化学 1993.3.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:25:09   6位 16.03.13 名古屋 *初マラソン日本歴代7位(当時)
2:26:09   4位 17.03.12 名古屋


竹地志帆(ヤマダ電機 1990.8.18)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:31:18  13位 15.03.08 名古屋
2:25:29   7位 16.03.13 名古屋
2:30:10   9位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


下門美春(第一生命~しまむら 1990.4.24)WMM大会入賞者
2:39:21*  12位 16.02.18 ボストン
2:27:54   6位 17.03.12 名古屋

※2016青梅30kmロードレース優勝
※2016まつえレディースハーフマラソン優勝


野上恵子(サニックス~十八銀行 1985.12.6)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:28:19   5位 15.03.08 名古屋
2:29:34   2位 15.07.05 ゴールドコースト
2:32:01  12位 17.03.12 名古屋


小田切亜希(天満屋 1990.8.20)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:41:49   7位 13.08.25 札幌
2:35:52  22位 14.03.09 名古屋
2:30:24  10位 15.03.08 名古屋
2:35:01   5位 15.08.30 札幌
2:36:29   8位 15.11.15 さいたま
2:35:55  28位 16.03.13 名古屋
2:41:53   5位 16.08.28 札幌
2:45:56  11位 16.11.13 さいたま
2:41:41  27位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


奥野有紀子(京都産業大~資生堂 1992.9.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:32:41   7位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:46   8位 15.08.30 札幌
2:31:17  10位 16.02.28 東京 *日本人1位
2:45:56  34位 17.03.12 名古屋

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)銅メダル


岡田唯(大塚製薬 1994.3.15)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:32:10   1位 15.08.30 札幌
2:32:45  15位 17.03.12 名古屋

※2014仙台国際ハーフマラソン優勝


津崎紀久代(名城大~ノーリツ 1989.8.27)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:38:49  32位 12.03.11 名古屋
2:43:50   1位 12.11.23 大田原
2:36:57  12位 13.04.07 パリ
2:52:00   8位 13.11.17 神戸
2:33:17  17位 14.03.09 名古屋
2:32:37  15位 15.03.08 名古屋
2:32:23  19位 16.03.13 名古屋
2:39:15  22位 17.03.12 名古屋

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


新井沙紀枝(大阪学院大~肥後銀行 1994.6.3)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:34:40  19位 17.01.29 大阪(国際)
2:40:52  23位 17.03.12 名古屋

※2011ユニバーシアード10000m&ハーフマラソン代表


坂本(秋葉)喜子(三井海上~YWC 1979.3.27)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:49:05   1位 11.11.06 土山
2:37:18  29位 12.03.11 名古屋
2:44:23   7位 14.08.31 札幌
2:40:46  18位 14.11.16 横浜
2:36:29  11位 15.01.25 大阪(国際)
2:36:32  23位 15.03.08 名古屋
2:37:47   1位 15.04.19 チューリヒ
2:44:46   5位 15.10.25 大阪
棄権       16.04.24 チューリヒ
2:38:46   2位 16.09.11 ミュンスター
2:36:02   1位 16.10.30 大阪
2:36:44  19位 17.03.12 名古屋


一色恭志(青山学院大~GMO 1994.6.4)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:11:45  11位 16.02.28 東京
棄権       17.03.05 大津

※2013世界クロスカントリー代表
※2015ユニバーシアード(ハーフマラソン)銀メダル


森田知行(カネボウ 1984.7.8)国内ローカル大会優勝者
2:09:12   6位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代4位(当時)
2:14:23  22位 13.03.03 大津
2:22:03    7位 14.04.06 ブライトン
2:11:41  15位 15.02.22 東京
2:15:57  33位 15.09.27 ベルリン
2:22:40  54位 16.03.06 大津
2:21:05  42位 17.03.05 大津

※2011熊日30kmロードレース優勝


園田隼(黒崎播磨 1989.4.5)日本・海外マラソン優勝者
2:20:30  46位 14.03.02 大津
2:19:35  24位 14.12.07 福岡(国際)
2:18:00   1位 15.02.15 熊本
2:22:13  38位 15.03.01 大津
2:25:31   3位 15.10.18 出水
2:17:40  13位 15.12.06 福岡(国際)
2:23:29   1位 16.02.14 オースティン
2:19:25  37位 16.03.06 大津
2:10:40   4位 16.12.04 福岡(国際)
2:11:32   7位 17.03.05 大津


宮脇千博(トヨタ自動車 1991.8.28)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:11:50  15位 14.02.23 東京
2:16:51  25位 17.03.05 大津

※2012全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


吉村大輝(流通経済大~旭化成 1992.6.19)国内市民マラソン大会優勝者
2:19:36  29位 15.03.01 大津
2:23:32  18位 15.08.30 札幌
2:13:12   4位 15.12.20 防府
2:16:15   2位 16.02.14 延岡
2:17:16   1位 16.03.06 鹿児島
2:15:47   4位 16.09.18 シドニー
2:12:19   2位 16.12.18 防府
(ペースメイカー)    17.02.05 大分
2:14:07  12位 17.03.05 大津


山岸宏貴(日立物流~GMO 1991.9.6)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:13:54   3位 15.02.08 延岡
2:12:48   2位 15.09.20 シドニー
2:12:27  15位 16.02.28 東京
2:12:59   2位 16.10.30 大阪 *日本人1位
2:12:44  12位 16.12.04 福岡(国際)
棄権       17.03.05 大津

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


高瀬無量(日清食品グループ 1989.1.31)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:20:49  55位 12.03.04 大津
2:12:31   8位 13.03.03 大津
2:22:47  54位 17.03.05 大津


上門大祐(京都産業大~大塚製薬 1993.12.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:17:54   1位 16.02.21 京都
2:12:58  10位 17.03.05 大津


鈴木忠(スズキ浜松AC 1988.10.1)日本・国内ローカル大会優勝者
2:16:15   1位 13.11.23 大田原
2:25:46  26位 14.02.09 延岡
2:28:26  23位 14.04.06 パリ
2:18:01   1位 15.11.15 神戸
2:13:10   3位 15.12.20 防府
2:27:35  95位 16.03.06 大津
2:12:09   2位 17.03.05 静岡


出口和也(旭化成 1988.8.14) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:17:59  12位 13.02.10 延岡
2:19:28  38位 16.03.06 大津
棄権       16.08.28 札幌
2:18:02   4位 17.03.05 鹿児島

※2010世界クロスカントリー代表
※2012日本選手権5000m優勝


藤本彩夏(市立船橋高~京セラ 1997.7.8)WMM大会入賞者
2:47:31   1位 16.02.21 沖縄
2:27:08   4位 17.02.26 東京 *10代での日本最高


井上大仁(MHPS 1993.1.6)WMM大会入賞者
2:12:56   9位 16.03.06 大津
2:08:22   8位 17.02.26 東京 *日本選手権1位

※2014世界ハーフマラソン代表


山本浩之(コニカミノルタ 1986.4.30)WMM大会入賞者
2:21:54  17位 14.08.31 札幌
2:11:48   3位 15.02.01 大分
2:11:49   4位 16.11.06 ニューヨーク
2:09:12  10位 17.02.26 東京


設楽悠太(Honda 1991.12.18)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    16.02.05 大分
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:09:27  11位 17.02.26 東京 *初マラソン日本歴代6位

※2013ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※2015世界陸上10000m代表
※2016五輪10000m代表


服部勇馬(東洋大~トヨタ自動車 1993.11.13)日本・国内ローカル大会優勝者
2:11:46  12位 16.02.28 東京
2:09:46  13位 17.02.26 東京

※2014熊日30kmロードレース優勝


池田宗司(ヤクルト 1986.12.22)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:59  13位 13.02.24 東京
2:11:12   5位 14.02.02 大分
2:19:48  31位 15.03.01 大津
2:13:27  10位 16.03.06 大津
2:15:21  30位 17.02.26 東京

※2009ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


野口拓也(コニカミノルタ 1988.7.2)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:12:29   5位 15.03.01 大津
2:22:33  53位 16.03.06 大津
2:11:04  14位 17.02.26 東京

※2010世界クロスカントリー代表


中村泰之(スズキ浜松AC 1985.1.22)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:17:16  34位 12.02.26 東京
2:18:56 (ゲスト) 12.10.28 島田(大井川)
2:15:39   2位 12.11.25 大阪 *日本人1位
2:14:41  24位 13.02.24 東京
2:16:16   4位 13.10.27 大阪
2:15:46   4位 14.10.26 大阪
2:22:20  50位 15.02.22 東京
2:17:03   6位 15.10.25 大阪
2:13:48   5位 15.12.20 防府
2:13:46  20位 16.02.28 東京
2:15:35   5位 16.12.18 防府
2:15:32   6位  16.10.30  大阪
2:18:28  46位 17.02.26 東京


橋本崚(青山学院大~GMO 1993.9.26)日本・国内ローカル大会優勝者
2:14:38  23位 16.02.28 東京
2:11:20   1位 16.12.18 防府
2:13:29  20位 17.02.26 東京


濱崎達規(小森コーポレーション 1988.7.4)日本・海外マラソン入賞者
2:19:16  38位 14.03.02 大津
2:12:12  16位 15.02.22 東京
2:13:54   6位 15.09.20 シドニー
2:12:45  16位 16.02.28 東京
2:15:37   9位 16.07.03 ゴールドコースト
2:13:57  24位 17.02.26 東京


岩永暁如(九電工 1980.9.28)日本・海外マラソン入賞者
2:27:33  81位 10.03.07 大津
2:26:07  23位 11.02.06 大分
2:17:13  37位 12.03.04 大津
2:18:49  21位 12.12.02 福岡
2:17:32  12位 13.08.25 札幌
2:17:22  10位 15.04.19 長野
2:19:12   9位 15.08.30 札幌
2:12:24  14位 16.02.28 東京
2:24:35   7位 16.09.25 ワルシャワ
2:22:06  64位 17.02.26 東京


圓井彰彦(マツダ 1984.7.10)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    16.03.06 大津
2:13:27  19位 17.02.26 東京

※2010世界ハーフマラソン代表


児玉雄介(コモディイイダ 1986.8.10)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:26:27  58位 12.02.26 東京
2:20:35  45位 13.02.24 東京
2:19:25  35位 14.02.23 東京
3:06:20  112位 14.11.30 河口湖(富士山)*女子選手のペーサー
2:16:16  27位 15.02.22 東京
2:18:50   1位 15.11.15 さいたま
2:21:43  51位 16.02.28 東京
2:34:49   3位 16.06.05 千歳(未公認)
2:27:33   1位 16.11.27 河口湖
2:20:18  54位 17.02.26 東京


治郎丸健一(大分陸協~日清食品グループ~桜美林大学AC 1984.10.1)日本・陸上競技指導者
2:28:01  31位 13.08.25 札幌
2:15:24  21位 14.03.02 大津
2:27:50  14位 14.10.26 大阪
棄権       15.02.22 東京
2:23:02  48位 16.02.28 東京
2:20:43  17位 16.08.28 札幌
2:21:36  62位 17.02.26 東京

※桜美林大学陸上部長距離コーチ


佐藤悠基(日清食品グループ 1986.11.26)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:16:31  31位 13.02.24 東京
2:14:15  20位 15.02.22 東京
2:12:32  14位 15.09.27 ベルリン
2:12:14  11位 16.04.24 ロンドン
(ペースメイカー)    17.02.26 東京

※2011世界陸上10000m代表
※2012五輪5000m&10000m代表
※2013世界陸上5000m代表
※2014アジア大会5000m代表


今田麻里絵(シスメックス~SMS-AC 1990.1.18) 国内市民マラソン大会優勝者
2:50:53  18位 15.08.30 札幌
2:38:51   1位 17.02.19 北九州


和田壮平(四国電力~徳島市陸協 1986.1.3)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:23:03   3位 09.02.08 高知
2:31:15  45位 09.08.30 札幌
2:15:19   1位 10.02.07 高知
2:26:10  18位 12.02.12 延岡
2:22:17   9位 13.10.27 大阪
2:24:41   1位 14.02.16 海陽(海部川)
2:24:14   2位 14.04.20 徳島
2:22:21  11位 14.10.26 大阪
2:19:57  26位 14.12.07 福岡(国際)
2:21:42   1位 15.02.08 松山
2:21:11   1位 15.03.22 徳島
2:25:54  23位 15.08.30 札幌
2:19:29   8位 15.10.25 大阪
2:26:02  63位 15.12.06 福岡(国際)
2:21:00   1位 16.02.07 松山
2:19:23  39位 16.02.28 東京
2:19:46   2位 16.04.24 徳島
2:39:52  90位 16.10.30 大阪
2:23:49  10位 17.02.12 松山


今崎文仁(日本体育大~大阪府警、八幡浜高卒 1989.11.14)愛媛県出身者
2:30:42  11位 12.02.05 松山 *登録の部10位
2:18:49  37位 16.02.28 東京
2:23:14  36位 16.12.04 福岡(国際)
2:20:37   6位 17.02.12 松山


折野加奈(大阪学院大~三井住友海上 1992.3.15)愛媛マラソン優勝者&入賞者
2:33:51  19位 14.03.09 名古屋
2:28:55  25位 15.03.08 名古屋
2:38:02   9位 15.08.30 札幌
--:--:-- --位 16.03.20 ソウル
2:42:36   1位 17.02.12 松山


松田杏奈(松山大~京セラ 1994.4.18)愛媛マラソン優勝者&入賞者
3:03:21   6位 16.02.07 松山
2:45:04   2位 17.02.12 松山
 

マラソン歴(2017.3.17現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 3月17日(金)18時10分42秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用
  > No.8402[元記事へ]

“かんちゃん”様へのお返事です。

> 新たに登録したい人だと、DeNAの高橋憲昭選手、キャノン九州ACの矢野美佳選手をリクエストします。


矢野(竹本)由佳(グローバリー~シスメックス~キヤノンAC九州 1986.6.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:51:36  13位 11.08.28 札幌
2:38:31  31位 12.03.11 名古屋
2:35:46*  16位 13.04.15 ボストン
2:41:40   6位 13.08.25 札幌
2:31:02   1位 14.02.09 北九州
2:35:22   3位 14.08.31 札幌
2:33:19   3位 14.09.21 シドニー
2:32:52  16位 15.03.08 名古屋
2:36:35   7位 15.08.30 札幌
2:33:29  10位 16.01.31 大阪(国際)
2:32:21  18位 16.03.13 名古屋
2:36:42   3位 16.08.28 札幌
棄権       16.12.18 防府


高橋憲昭(SUBARU~エスビー食品~DeNA 1982.7.26)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:14:13   5位 11.07.03 ゴールドコースト
2:37:40  48位 12.12.16 防府
2:20:41  44位 13.03.03 大津
2:12:04   7位 14.03.02 大津
2:12:00  13位 14.12.07 福岡(国際)
2:16:53  22位 15.03.01 大津
2:16:18  17位 16.03.06 大津
2:14:31  17位 16.12.04 福岡(国際)


奥谷裕一(大塚製薬 1991.8.8) ランナー個人成績(日本)
2:36:50  19位 15.02.08 松山
2:30:21  43位 16.08.28 札幌
2:14:25   3位 17.02.12 延岡


千田洋輔(日立電線~日立物流 1990.10.11)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:15   1位 15.01.25 勝田
2:25:47*  41位 15.04.20 ボストン
2:22:23  15位 15.08.30 札幌
2:21:20  21位 16.02.07 大分
2:17:05   9位 16.10.30 大阪
2:15:10   4位 17.02.12 延岡


木滑良(MHPS 1991.1.22)日本・国内AIMS公認大会優勝者
(ペースメイカー)    13.02.10 延岡
2:12:48   8位 14.02.02 大分
2:13:16   1位 16.08.28 札幌
2:10:30   3位 17.02.05 大分


鈴木卓也(愛三工業 1990.1.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:16:17   9位 13.02.10 延岡
2:15:40  17位 14.02.02 大分
2:17:35   7位 14.08.31 札幌
2:26:27  25位 15.02.08 延岡
2:23:37  66位 16.03.06 大津
2:16:20   8位 16.08.28 札幌
2:12:08   7位 17.02.05 大分


岩田勇治(MHPS 1987.7.9)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:19:58  11位 12.02.12 延岡
2:23:35  29位 13.02.03 大分
2:14:46   5位 14.02.09 延岡
2:17:26   5位 14.08.31 札幌
2:17:29   4位 15.08.30 札幌
2:12:12   8位 17.02.05 大分


日下佳祐(日立物流 1991.5.15)日本・海外マラソン入賞者
2:14:11  9位 16.02.07 大分
2:19:08  7位 16.09.18 シドニー
2:12:42  9位 17.02.05 大分


千葉健太(富士通 1990.5.20)国内市民マラソン大会優勝者
2:18:07  10位 14.02.09 延岡
2:20:00  13位 14.08.31 札幌
2:14:00   4位 15.02.08 延岡
2:19:33  11位 15.08.30 札幌
2:19:48  18位 16.02.07 大分
2:20:42   1位 16.10.23 木更津(未公認)
2:13:53  13位 17.02.05 大分

※2008・2009世界クロスカントリー代表


荻野皓平(富士通 1989.12.8)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:13:12   3位 13.12.15 防府
2:11:42   3位 15.04.19 長野
2:17:14  21位 16.03.06 大津
2:15:10  16位 17.02.05 大分


辻茂樹(東京電力~大塚製薬 1986.6.24)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:22:19  13位 12.02.12 延岡
2:21:49   2位 12.08.26 札幌
2:16:21  12位 13.02.03 大分
(ペースメイカー)    13.02.24 東京
2:14:45   2位 13.08.25 札幌
2:13:41  16位 14.03.02 大津
2:15:14   1位 14.08.31 札幌
2:20:02  33位 15.03.01 大津
2:15:19   7位 15.07.05 ゴールドコースト
2:21:05  43位 16.03.06 大津
棄権       17.02.05 大分


堀江美里(ノーリツ 1987.3.10)日本・海外マラソン優勝者
2:31:39  16位 12.03.11 名古屋
2:30:52  10位 13.03.10 名古屋
2:27:57   6位 14.03.09 名古屋
棄権       15.03.08 名古屋
2:28:20   2位 16.01.31 大阪(国際)
2:26:40   1位 16.07.03 ゴールドコースト
2:25:44   2位 16.01.31 大阪(国際)


田中華絵(第一生命グループ 1990.2.12)アジア大会&ユニバーシアードメダリスト
2:42:23   1位 16.12.23 加古川
2:26:19   3位 17.01.29 大阪

※2011ユニバーシアード(10000m)銀メダル


竹中理沙(資生堂 1990.1.6)日本・海外マラソン優勝者
2:28:09   4位 15.03.08 名古屋
2:28:25   1位 15.07.05 ゴールドコースト
2:29:14   3位 16.01.31 大阪(国際)
2:28:44   6位 16.01.29 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


古瀬麻美(京セラ 1988.3.17)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:36:55   6位 11.08.28 札幌
2:30:57  11位 13.03.10 名古屋
2:34:12   4位 15.08.30 札幌
2:30:44   9位 16.01.29 大阪(国際)

※14山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


加藤岬(九電工 1991.6.15)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:31:04   6位 16.01.31 大阪(国際)
2:31:28  10位 17.01.29 大阪(国際)


池田泰仁(NTT西日本~香川RC遊 1983.5.8)国内市民マラソン大会優勝者
(ペースメイカー)    11.03.06 大津
2:15:11  22位 12.02.26 東京
2:13:49  20位 14.02.23 東京
2:22:22  46位 16.02.28 東京
2:26:35   3位 16.10.23 金沢
2:23:43   1位 16.11.13 岡山
2:26:14   2位 16.12.11 宮崎(青島)


八木勇樹(旭化成~YAGI RUNNING TEAM 1989.10.17)日本・世界ハーフ&クロカン代表
(ペースメイカー)    14.02.09 延岡
2:24:30   2位 16.11.20 神戸
2:27:10   8位 16.12.04 マカオ

※2007世界クロスカントリー代表


関野茜(ホクレン~秦野市陸協~今治造船 1990.7.18) ランナー個人成績(日本)
棄権       14.01.26 大阪(国際)
3:07:54  26位 14.08.31 札幌
2:38:00  35位 16.03.13 名古屋
3:00:44  20位 16.11.13 さいたま(代表チャレンジャーの部の順位)


谷川智浩(コニカミノルタ 1989.3.4)WMM大会入賞者
2:16:57*  13位 13.04.15 ボストン
2:24:47  81位 14.03.02 大津
2:11:39   2位 15.04.19 長野 *日本人1位
2:17:03   2位 15.08.30 札幌
2:18:23  30位 16.03.06 大津
2:12:13   1位 16.09.18 シドニー


五十嵐真悟(SUBARU~城西大クラブ 1986.2.14)日本選手権orアジア選手権マラソン優勝者
2:13:46   4位 11.02.13 延岡
2:15:52  25位 12.02.26 東京
2:20:30   1位 13.03.10 京都
2:18:22  14位 13.08.25 札幌
2:15:36   2位 14.04.20 土浦
2:19:10  10位 14.08.31 札幌
2:45:16   5位 14.09.28 榛名湖
2:18:38   8位 14.10.26 大阪
2:16:18   1位 14.11.23 大田原
2:14:29  13位 15.01.25 香港 *アジア選手権1位
2:15:28  13位 15.03.01 大津
2:15:35  17位 15.04.12 パリ
2:16:02   1位 15.11.23 大田原
2:14:24   8位 15.12.20 防府
2:13:15   1位 16.01.31 勝田
2:17:47  32位 16.02.28 東京
2:26:24*  19位 16.04.18 ボストン
2:20:58   8位 16.09.11 ミュンスター

※城西大学男子駅伝部コーチ


押川裕貴(トヨタ自動車九州 1990.6.2)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:13:24  15位 14.03.02 大津
2:17:32   6位 14.08.31 札幌
2:15:53   7位 16.08.28 札幌

※2016青梅30kmロードレース優勝


水口侑子(デンソー 1985.5.24) 日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:31:39  13位 14.03.09 名古屋
2:41:27  28位 15.03.08 名古屋
2:33:20   3位 15.08.30 札幌
2:33:20  22位 16.03.13 名古屋
2:33:46   2位 16.08.28 札幌

※2010世界クロスカントリー代表
※2013熊日30kmロードレース優勝


田中智美(第一生命 1988.1.25)日本・五輪&アジア大会代表
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:26:05   4位 14.03.09 名古屋
2:26:57   1位 14.11.16 横浜
2:28:00   8位 15.09.27 ベルリン
2:23:19⑪  2位 16.03.13 名古屋 *日本選手権1位
2:31:12  19位 16.08.14 リオデジャネイロ・オリンピック

※2012・2014全日本実業団ハーフマラソン優勝
※2012世界ハーフマラソン代表


新宅(竹中)里香(しまむら~エディオン 1985.10.19)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:37:13  28位 12.03.11 名古屋
2:31:15   8位 14.02.23 東京
2:36:02   2位 14.04.20 長野 *日本人1位
2:30:37   2位 14.07.06 ゴールドコースト
2:29:27   5位 15.01.25 大阪
2:33:33.5 11位 15.05.24 オタワ
2:34:39   4位 16.07.03 ゴールドコースト


佐藤舜(上武大~日立物流~GMO 1992.7.25)国内市民マラソン大会優勝者
2:15:10  27位 13.02.24 東京
2:12:15  18位 14.02.23 東京
2:11:39  14位 15.02.22 東京
2:24:52   1位 16.04.17 前橋・渋川


岩村聖華(ダイハツ~肥後銀行~エディオン 1984.7.4)日本・国内AIMS公認大会入賞者
2:33:15  10位 10.01.31 大阪
2:36:33  12位 11.04.10 テグ
棄権       12.03.10 名古屋
2:41:19   3位 13.04.21 長野 *日本人1位
2:45:52   8位 13.08.25 札幌
2:50:03   4位 13.11.10 アテネ
2:43:19   8位 14.04.20 長野
2:50:31   2位 16.02.21 沖縄
2:48:20   6位 16.04.17 長野


小原怜(天満屋 1990.8.10)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
3:05:21  123位 15.03.08 名古屋
2:23:20⑫  3位 16.03.13 名古屋

※2015世界陸上10000m代表
※2016山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


松見早希子(第一生命 1988.8.7)日本・国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.11.17 横浜
2:36:45  23位 14.03.09 名古屋
2:46:06   6位 14.08.31 メキシコシティ
2:43:01  16位 15.01.25 大阪(国際)
2:32:09  17位 16.03.13 名古屋

※2016熊日30kmロードレース優勝


天児芽実(キヤノンAC九州 1990.12.13)日本・国内AIMS公認大会優勝者
2:37:42   4位 14.08.31 札幌
2:34:28   6位 15.03.15 ソウル
2:39:08*  13位 15.04.20 ボストン
2:35:23   6位 15.08.30 札幌
2:36:25  29位 16.03.13 名古屋

※2015青梅30kmロードレース優勝


上谷田愛美(日立 1989.12.21)国内市民マラソン大会優勝者
2:46:55   1位 13.01.27 勝田
2:38:21*  19位 13.04.15 ボストン
2:31:34   9位 14.02.23 東京
2:41:00   5位 14.08.31 札幌
2:38:29   1位 15.01.25 勝田
2:43:10  30位 15.03.08 名古屋
2:33:43   3位 15.07.05 ゴールドコースト
2:37:43  33位 16.03.13 名古屋


柏原竜二(富士通 1989.7.13)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:20:44   7位 15.09.20 シドニー
2:22:15  52位 16.03.06 大津

※2009ユニバーシアード10000m代表


高林祐介(トヨタ自動車~TAHARA Racing 1987.7.19)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:21:27  23位 15.02.01 大分
2:18:31  32位 16.03.06 大津

※2011世界クロスカントリー代表


上野裕一郎(エスビー食品~DeNA 1985.7.29)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    12.12.02 福岡
(ペースメイカー)    12.12.16 防府
(ペースメイカー)    14.02.02 大分
2:22:34  37位 14.12.07 福岡(国際)
2:23:09  62位 16.03.06 大津

※2004・2005・2006世界クロスカントリー代表
※2009世界選手権5000m代表
※2017熊日30kmロードレース優勝


大野龍二(旭化成~愛知製鋼 1985.1.27)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
(ペースメイカー)    08.02.26 延岡
2:55:52  120位 16.03.06 鹿児島

※2004五輪10000m代表


長谷川淳(SUBARU~川崎市陸協 1984.10.8)国内市民マラソン大会優勝者
2:21:40  47位 12.02.26 東京
2:19:12   8位 12.04.15 長野
2:17:25   2位 12.11.23 大田原
2:15:25  19位 13.04.07 パリ
2:15:53   3位 13.10.27 大阪 *日本人1位
2:29:07  129位 14.03.02 大津
2:14:20   1位 14.04.20 土浦
2:19:08   6位 14.09.21 シドニー
2:15:18  22位 15.02.22 東京
2:18:00  10位 15.12.20 防府
2:25:37  72位 16.02.28 東京

※専修大学陸上部長距離監督


出岐雄大(青山学院大~中国電力 1990.4.12)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:10:02   9位 12.03.04 大津 *初マラソン日本歴代10位(当時)
2:11:14  13位 15.02.22 東京
2:15:49  26位 16.02.28 東京

※2011ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表


白石賢一(旭化成 1982.4.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:10:36   3位 14.02.02 大分
2:15:31  23位 15.02.22 東京
2:17:36  12位 15.12.06 福岡(国際)
2:13:07   6位 16.02.07 大分

※2001世界クロスカントリー代表


橋本直也(中電工 1981.4.23)国内AIMS公認大会入賞者
2:13:50  13位 10.02.07 大分
2:15:01  13位 10.10.17 アムステルダム
2:14:36   8位 13.02.03 大分
2:16:34  21位 14.02.02 大分
2:17:54  17位 15.02.01 大分
2:19:04  17位 16.02.07 大分

※中電工陸上競技部コーチ


城戸智恵子(キヤノンAC九州 1990.3.14)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:29:08   4位 15.01.25 大阪(国際)
2:44:49  11位 15.08.30 札幌
2:35:19  12位 16.01.31 大阪(国際)

※2014世界ハーフマラソン代表


森祥子(アコム~大塚製薬 1984.5.17)国内AIMS公認大会入賞者
(ペースメイカー)    11.02.20 横浜
(ペースメイカー)    11.11.20 横浜
2:35:10   2位 14.08.31 札幌
2:34:28   8位 15.01.25 大阪(国際)
2:41:44   4位 15.04.19 長野
2:42:44  20位 16.01.31 大阪(国際)

※2010山陽女子ロードレース(ハーフマラソン)優勝


鈴木駿(南陽市役所~NDソフト 1990.12.10)国内市民マラソン大会優勝者
2:24:12  20位 14.08.31 札幌
2:19:01   1位 15.02.08 いわき
2:21:44  20位 15.08.30 札幌


前田彩里(佛教大~ダイハツ 1991.11.7)日本・世界陸上代表
2:26:46   3位 14.01.26 大阪(国際) *学生女子日本最高
2:22:48⑧  2位 15.03.08 名古屋 *日本人1位
2:31:46  13位 15.08.30 北京・世界選手権


坂井田歩(ファイテン~ダイハツ 1985.11.7)日本・海外マラソン入賞者
2:36:04  13位 13.02.24 東京
2.34.12  19位 14.03.09 名古屋
2:30:39   3位 15.04.05 テグ


箱山侑香(ワコール 1990.3.9)国内ローカル大会優勝者
(ペースメイカー)    13.03.10 名古屋
2:30:48  10位 14.03.09 名古屋
2:39:34   1位 15.02.08 延岡
2:35:23  18位 15.03.08 名古屋


保科光作(日清食品グループ 1984.08.31)日本・ユニバーシアード&ワールドカップ代表
2:15:21  28位 12.03.04 大津
2:20:25  44位 13.02.24 東京
2:59:39  373位 14.08.31 札幌

※2005ユニバーシアード(ハーフマラソン)代表
※慶應義塾大学競走部監督


正井裕子(本田技研鈴鹿~日本ケミコン~デンソー~愛媛銀行 1980.6.18)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:33:21  12位 13.02.24 東京
2:49:50  14位 13.11.17 横浜
2:33:06  15位 14.03.09 名古屋

※2009世界ハーフマラソン代表


山崎里菜(パナソニック 1988.5.6)日本・世界ハーフ&クロカン代表
2:32:51   6位 11.02.27 東京
2:39:48  16位 13.02.24 東京

※2014世界ハーフマラソン代表


北村聡(日清食品グループ~サンベルクス~日立 1986.2.4)日本・五輪&アジア大会、世界陸上トラック代表
2:27:15  31位 10.02.28 東京
2:31:46  48位 12.08.26 札幌

※2010アジア大会10000m代表
※日立女子陸上競技部コーチ


岩水嘉孝(トヨタ自動車~富士通 1979.6.20)世界or日本最高記録保持者
2:16:59  36位 12.03.04 大津
2:18:27  37位 13.02.24 東京

※3000mSC日本記録保持者(8:18.93/2003.8.23)
※2002アジア大会3000mSC銀メダル
※2004・2008五輪3000mSC日本代表
※2001・2003・2005・2007・2009世界選手権3000mSC日本代表
 

春川、ソウル、ロンドン

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 3月16日(木)00時43分22秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用
  “目の前の成績のため身ぶっ壊してはいけないでしょう” ‘マラソン金持ち’の夢
http://news.donga.com/3/05/20170315/83346034/1
(東亜日報 3/15)

金在龍・韓国電力マラソン監督、韓国陸連マラソン委員長の記事。
内容にちょっと驚きました。
またこの記事にちらりとですが川内選手の話が出てきます。


‘韓国型マラソンランナー’ エルペ、国内マラソン記録破ることができるか
http://news.donga.com/3/05/20170313/83301670/1
(東亜日報 3/13)
'青陽特急' エルペ、ソウル国際マラソン国内最高記録挑戦
http://news1.kr/articles/?2935987
(ニュース1 3/14)


Chepchirchir set to pace Sumgong in London Marathon
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Chepchirchir-to-pace-Sumgong-London-Marathon/1100-3832810-toff7jz/
(Daily Nation 3/1)

東京優勝のChepchirchir選手が練習パートナーSumgong選手のためにロンドンマラソンでペースメイクをとのこと。


全运会?????程?布 ?拉松?在4月份?行
http://sports.sohu.com/20170310/n482886826.shtml
(捜狐体育 3/10)

全国運動会の年です。
マラソンは4月に天津で開催。
 

Re: マラソン歴(2017.1.22現在)

 投稿者:マラソン資料館ファン  投稿日:2017年 3月11日(土)13時51分57秒 203-179-92-174.cust.bit-drive.ne.jp
返信・引用 編集済
  > No.8747[元記事へ]

“くろまき”様へのお返事です。

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでしたが、ご教示ありがとうございました。
 

バルセロナ

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 3月10日(金)07時12分31秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○Zurich Marató de Barcelona(3/12)
http://www.zurichmaratobarcelona.es/esp/
http://www.zurichmaratobarcelona.es/eng/

La carrera rendirá homenaje a los Juegos de Barcelona'92
http://masdeporte.as.com/masdeporte/2017/03/09/atletismo/1489065193_612169.html
(AS 3/9)
La Zurich Marató de Barcelona superarà els 20.000 participants
http://www.ara.cat/esports/mes_esports/presentacio-Zurich-Marato-Barcelona_0_1756024507.html
(ARA 3/9)

バルセロナ五輪のメダリスト6名が25年ぶりに現地に。
写真もあります。


Personae
http://www.sport.be/personae/
http://www.sport.be/personae/athletes/marathon-road/

Kirwa選手のエージェント会社はここですね。
Rose Chelimo選手、Agnes Jeruto Barsosio選手、男子ですとLeonard Patrick Komon選手も同僚ということになります。
 

ナイキの2時間切りマラソンはモンツァ・サーキット(!)で今春実施

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 3月 8日(水)07時18分58秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用
  Nike’s Sub-2-Hour Marathon Attempt Will Be Run on Formula One Oval
A test half marathon was run on the circuit today in Italy.
http://www.runnersworld.com/2-hour-marathon/nikes-sub-2-hour-marathon-attempt-will-be-run-on-formula-one-oval
(RunnersWorld 3/7)

テストのハーフももう実施したとは(^^;)
 

東京

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 2月26日(日)16時02分49秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  陸連時報にAAAカウンシル会議の報告としてAsian Premier Marathonsおよびアジアのマラソンのラベリングについて載っていました。
http://www.jaaf.or.jp/rikuren/pdf/jiho/jiho_2017_01.pdf





○東京マラソン(2/26)
http://www.marathon.tokyo
http://leaderboard.marathon.tokyo/index.html
http://www.marathon.tokyo/media/press-release/
メディアガイド
http://www.marathon.tokyo/media/press-release/pdf/2017MEDIAGUIDE_0224.pdf


男子
1. Wilson Kipsang (KEN) 2:03:58 ACR
splits  time    diff  km  finish  km2 5km2 finish2
05km 0:14:15 14:15 02:51 2:00:15 02:51 14:15 2:00:15
10km 0:28:50 14:35 02:55 2:02:44 02:53 14:25 2:01:40
15km 0:43:34 14:44 02:57 2:03:42 02:54 14:31 2:02:33
20km 0:58:05 14:31 02:54 2:02:31 02:54 14:31 2:02:32
25km 1:12:47 14:42 02:56 2:03:20 02:55 14:33 2:02:51
30km 1:27:27 14:40 02:56 2:03:13 02:55 14:35 2:03:00
35km 1:42:27 15:00 03:00 2:04:02 02:56 14:38 2:03:31
40km 1:57:29 15:02 03:00 2:04:05 02:56 14:41 2:03:56
Finish 2:03:58 06:29 02:57     02:56 14:41
1st  1:01:22             02:55 14:33 2:02:44
2nd   1:02:36        2:05:12 02:58 14:50

2nd    1:02:36
Last12.195 0:36:31
Last7.195  0:21:31
Last2.195 0:06:29
2nd-1st    +01:14
10k     0:28:50
10k-20k  0:29:15
20k-30k  0:29:22
30k-40k  0:30:02

■Kipsang         ■Kipsang 2016Berlin       ■Kimetto 2014Berlin WR
05km 0:14:15 14:15   0:14:20 -0:05 14:20 -0:05  0:14:42 -0:27 14:42 -0:27
10km 0:28:50 14:35   0:29:00 -0:10 14:40 -0:05  0:29:24 -0:34 14:42 -0:07
15km 0:43:34 14:44   0:43:37 -0:03 14:37 +0:07  0:44:10 -0:36 14:46 -0:02
20km 0:58:05 14:31   0:58:02 +0:03 14:25 +0:06  0:58:36 -0:31 14:26 +0:05
25km 1:12:47 14:42   1:12:47       0 14:45 -0:03  1:13:08 -0:21 14:32 +0:10
30km 1:27:27 14:40   1:27:26 +0:01 14:39 +0:01  1:27:38 -0:11 14:30 +0:10
35km 1:42:27 15:00   1:41:56 +0:31 14:30 +0:30  1:41:47 +0:40 14:09 +0:51
40km 1:57:29 15:02   1:56:56 +0:33 15:00 +0:02  1:56:29 +1:00 14:42 +0:20
Finish 2:03:58 06:29   2:03:13 +0:45  06:17 +0:12  2:02:57 +1:01 06:28 +0:01
1st  1:01:22       1:01:11  +0:11           1:01:24  -0:02
2nd 1:02:36       1:02:02  +0:34            1:01:33  +1:03


女子
1. Sarah Chepchirchir (KEN) 2:19:47 PB ACR

05km 0:16:39 16:39 03:20 2:20:31 03:20 16:39 2:20:31
10km 0:33:20 16:41 03:20 2:20:45 03:20 16:40 2:20:39
15km 0:50:06 16:46 03:21 2:21:18 03:20 16:42 2:20:56
20km 1:06:46 16:40 03:20 2:20:45 03:20 16:41 2:20:52
25km 1:23:35 16:49 03:22 2:21:25 03:21 16:43 2:21:04
30km 1:40:26 16:51 03:22 2:21:32 03:21 16:44 2:21:16
35km 1:56:12 15:46 03:09 2:18:53 03:19 16:36 2:20:05
40km 2:12:35 16:23 03:17 2:19:47 03:19 16:34 2:19:52
Finish 2:19:47 07:12 03:17     03:19 16:34
1st  1:10:31             03:21 16:43 2:21:02
2nd  1:09:16        2:18:32 03:17 16:25

2nd    1:09:16
Last12.195 0:39:21
Last7.195 0:23:35
Last2.195  0:07:12
2nd-1st    -01:15
10k      0:33:20
10k-20k   0:33:26
20k-30k  0:33:40
30k-40k  0:32:09

■Chepchirchir      ■野口(2003大阪 acr)
05km 0:16:39 16:39   0:16:42 -0:03 16:42 -0:03
10km 0:33:20 16:41   0:33:12 +0:08 16:30 +0:11
15km 0:50:06 16:46   0:49:57 +0:09 16:45 +0:01
20km 1:06:46 16:40   1:06:40 +0:06 16:43 -0:03
25km 1:23:35 16:49   1:23:41 -0:06 17:01 -0:12
30km 1:40:26 16:51   1:40:34 -0:08 16:53 -0:02
35km 1:56:12 15:46   1:56:55 -0:43 16:21 -0:35
40km 2:12:35 16:23   2:13:51 -1:16 16:56 -0:33
Finish 2:19:47 07:12   2:21:18 -1:31 07:27 -0:15
1st  1:10:31       1:10:21 +0:10
2nd   1:09:16       1:10:57 -1:41

名古屋のpacer→ハンブルク→リスボンでマラソン初優勝ときて19分台!
 

東京、ニューヨーク

 投稿者:すまろう  投稿日:2017年 2月25日(土)21時57分18秒 59-171-94-5.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ○東京マラソン(2/26)
http://www.marathon.tokyo
http://leaderboard.marathon.tokyo/index.html
http://p.marathon.tokyo/branch.html

2017 Tokyo Marathon
http://www.letsrun.com/events/2017-tokyo-marathon/
(LetsRun)

東京マラソン“日本勢ついて行けない”史上最速ペースメーカー導入
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000201-sph-spo
(スポーツ報知 2/25)
ペースは1km2:54~2:55とありますね。
Kipsang選手はハーフ61:30通過を考えているようですし、そのペースで行くのでしょう。


Kipsang’s record target: 2:02:50
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Kipsangs-record-target-20250/1100-3826980-4t2dne/
(Daily Nation 2/24)
Kipsang revved up to reclaim marathon world record in Tokyo
https://citizentv.co.ke/sports/kipsang-revved-up-to-reclaim-marathon-world-record-in-tokyo-156015/
(CitizenTV 1/27)
今年は3つのレースを考えているということで、1つは東京、2つめは選挙、3つめはまだ勝っていないWMMの1つ、シカゴでしょうか。


Adidas unveils its new Sub2 marathon shoe ahead of Tokyo Marathon
http://www.si.com/edge/2017/02/24/adidas-adizero-sub2-marathon-shoe-wilson-kipsang-tokyo
(SI 2/24)

Kenya's Kipyego takes battle to Kipsang for Tokyo marathon title
http://news.xinhuanet.com/english/2017-02/22/c_136077226.htm
(Xinhua 2/22)



Catching Up with New Bowerman Track Club Member Betsy Saina
http://www.runnerspace.com/news.php?news_id=379999
(RunnerSpace 2015/11/4)

リオ五輪1万m30:07.78で5位、東京で初マラソンのBetsy Saina選手(KEN)はオレゴン州ポートランドに拠点のあるBowerman Track Clubのメンバーなんですね。
Shalane Flanagan選手たちと一緒にJerry Schumacherコーチに師事と。
BTCからは同じく初マラソンAndrew Bumbalough選手も出場。

Amy Cragg Joins Bowerman Track Club | FloTrack
http://www.flotrack.org/article/38854-amy-cragg-joins-bowerman-track-club
(Flotrack 2016/1/6)
VIRGIN ON RUNNING: U.S. Marathon Trials 2016
http://www.americanrunning.org/w/article/virgin-on-running-us-marathon-trials-2016
(American Running Association 2016/1/6)

Flanagan選手と一緒に練習するAmy Cragg選手もBTCのメンバーで、Schumacherコーチのグループ。


Sarah Chepchirchir eyes podium in Tokyo Marathon
http://www.nation.co.ke/sports/athletics/Chepchirchir-eyes-podium-Tokyo-Marathon/1100-3822524-116fb50z/index.html
(Daily Nation 2/22)

Chepchirchir選手はSumgong選手の練習パートナー。



○United Airlines NYC Half(New York City, NY 3/19)
http://www.nyrr.org/races-and-events/2017/united-airlines-nyc-half

NYRR Team for Kids Ambassadors Molly Huddle, Meb Keflezighi, and Tatyana McFadden to Lead American Professional Athlete Field at 2017 United Airlines NYC Half
http://www.nyrr.org/media-center/2017/2017-united-airlines-nyc-half/press-releases/nyrr-team-for-kids-ambassadors-molly-huddle-meb-keflezighi-and-tatyana-mcfadden-to-lead-american-professional-athlete-field-at-2017-united-airlines
(2/22)

こちらにも米国の強豪集結。
Cragg選手も出場ですが、丸亀欠場ボストン回避のFlanagan選手はこの大会にも出場しません(;_;)



Feyisa Lilesa, Marathoner in Exile, Finds Refuge in Arizona
https://www.nytimes.com/2017/02/24/sports/olympics/feyisa-lilesa-marathon-olympic-protest.html?_r=0
(The New York Times 2/24)

Three-Time Olympian Kim Smith Announces Retirement
http://www.flotrack.org/article/52374-three-time-olympian-kim-smith-announces-retirement
(Flotrack 2/22)
 

/174