teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新型導入

 投稿者:2代目  投稿日:2006年 1月 9日(月)18時26分16秒
  とうとうノートパソコンを買いました。秋葉原で型落ちの中古を探していくらか安く購入できました。
これで貯まっている仕事が片付くはず!!…たぶん。。
関東は晴天続きです。
でも休みが無くてどこも行けない(/-\)
 
 

ありがとうございます

 投稿者:2代目  投稿日:2006年 1月 8日(日)12時36分13秒
  阿武隈イワナ様、早速カワネズミ情報ありがとうございます。
カワネズミもとても興味がある生き物です。また情報がありましたらよろしくお願いいたします。
4月に福島に帰還しますので、機会があれば阿武隈のフィールドを散策してみたいと思っています。
今年もよろしくお願いします。
 

今年もよろしくお願いいたします。

 投稿者:阿武隈イワナ  投稿日:2006年 1月 7日(土)16時53分56秒
  二代目様
 新しい年となりました。今年もよろしくお願いいたします。現在、茨城・福島のカワネズミの確認記録を整理していますが、両県の阿武隈高地では、どうやら広く分布しているようです。それから、聞き取りでは「昔は(谷川を泳いでいる、)カワネズミがいたけどなぁ…」という60~70才代の方々の情報も多々ありました。1990年代~現在までに私が魚類調査の際に確認している河川は、みなヤマメやウグイ、水生昆虫の密度の高い川に限られているように感じました。
 以上、カワネズミ情報でした。今後もよろしくお願いいたします。
 

補足

 投稿者:2代目  投稿日:2006年 1月 6日(金)22時51分44秒
  基本的に捕獲には許可が必要ですが、例外として農作業従事者や家ねずみの駆除を目的とする人は許可がいりません。
野外での捕獲には許可がいるのでご注意を

いま住んでいるところでは、オナガを良く見ます。秋には裏の林でコジュケイがよく鳴いていました。哺乳類はアブラコウモリとカモシカに出会いました。

ホームページ更新しなくちゃ
 

今年もよろしくお願いします

 投稿者:2代目  投稿日:2006年 1月 6日(金)22時40分59秒
  あけましておめでとうございます。
ねずみ屋さんお久しぶりです。返事しなくてごめんなさいm(_ _)m
そちらは雪どうですか?
871さんニホンジカの取材ご苦労さまです。尾瀬シカのメーリングリストでも話題に上りました。

哺乳類の捕獲をおこなう際は、ねずみ屋さんの言う通り基本的に一般の人は捕獲許可が必要です。これを知ってる人って少ないだろうなぁ… (うちの高校では教えてます!)

聞くところによると、粘着性のテープにゴミをわざと付けてその粘着を低減させる頭の良いネズミもいるとか。
 

871さんへ

 投稿者:ねずみ屋  投稿日:2006年 1月 5日(木)18時25分12秒
  駆除目的の捕獲は一応許可というか資格みたいなのは持ってますけど。
法律では「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」という法律で、家鼠に関して特別な資格や許可はいらないと定められていますが、学生の調査目的の捕獲であれば例の許可証と腕章あれば法に触れる問題は無いっしょ♪
ちなみに住居及びその敷地内での家鼠駆除は全くもって許可などいりません。それが営業行為となればまた別の話ですが…。ホームセンターのトラップ高いよね~!私たち業者からすればあれは粘着効率も悪いし、かなり使えねぇ。と、思います。
 

アケマシテメデタス

 投稿者:871  投稿日:2006年 1月 5日(木)00時55分57秒
  2代目様、あけましておめでとうございます。
お忙しいようで何よりです。

ねずみ屋さんの書き込み、興味深く拝見しました。
ホームセンターでも粘着トラップが売っていますが、素人が勝手に捕獲しても法には触れないんですかね?。
興味津々なんですがw。

http://homepage2.nifty.com/fukushima-ikimono/index.html

 

かなりご無沙汰でした。っていうか初の書き込みかも

 投稿者:ねずみ屋  投稿日:2005年12月29日(木)12時38分25秒
  初めまして(?)依然某研究室にいまして…先生にはご迷惑かけまくりでした。
何の挨拶もしないまま今はねずみ防除の最前線にたっています。
2代目の友人さん>私も研究室にいた頃はドブ・クマ・ハツカを追っていました。
学生の頃は調査にも行かず酒ばっかりのんでたもんでデータを残すことができませんでした(涙)今、仕事で様々かつ膨大な捕獲・生息状況のデータを知ることが出来ますが、福島市近辺でのドブネズミの捕獲は…ぶっちゃけどこでも捕れます。市街地から郊外まで幅広く生息しているので頑張ってください。ただし、屋外にトラップを設置しての捕獲はかなり困難かと思います。私達の業界では、屋外での捕獲はまずやりません。(効率が悪く利益があがらないので)捕獲したいなら屋内にトラップを設置した方が確実です。スーパーの食品売り場や一般家庭床下など…老舗っぽい古~い作りの小汚い食品工場なども狙い目ですよ!ただ、学生が調査目的で「ねずみ捕らせてくださーい」って行っても、9割方拒否されるでしょう。私も学生の頃そうでした。ねずみがいる=不衛生=社会的信用の損失…みたいな感じがあるので、調査場所選びはかなりやっかいです。また、トラップを設置したとしても家鼠は頭がいいので、簡単にはつかまりません。そこはトラップの数と調査地点の選び方、さらにはラットサインを的確に捉え、判断し、うまくトラップに引き込む技術が必要です。これはうちら業者でも結構苦労してます。
あっ!シャーマントラップよりも粘着トラップの方がうまくいくと思います。私が学生の頃はシャーマンにかかった巨大なバカネズミ(ドブネズミ)がいたっけなぁ~
飼育室でしばらく飼ってたんだけど臭くてしょうがなかった思い出が…
まだ標本残ってるかな?

何かお役に立てたらと思いましてずらずらと書いてしまいました。すんません。
みなさん調査頑張ってください!では
 

Re:クマタカとムササビ

 投稿者:2代目  投稿日:2005年11月30日(水)12時49分22秒
  繁殖期のムササビのオスは、夕方の明るいうちからメスの巣穴の前で、交尾の機会を狙っているときがあります。
また、ムササビは全て樹洞に営巣するとは限りません。リスのように枝を組んだ巣を作っている場合があり、そこを狙われた可能性もあります。
また、エゾモモンガは厳冬期には日中に活動することがあるそうです。これは、いくらか暖かいときに活動しようということみたいです。
ニホンモモンガでも、日中の14時頃に滑空して巣穴に帰るのを見たことがあります。
というわけで可能性としては十分考えられますよ。
 

クマタカとムササビ

 投稿者:ハルモモメール  投稿日:2005年11月29日(火)14時25分35秒
  文献を見ていたら、クマタカの巣の下でモモンガの頭骨拾った話や、ムササビの骨がクマタカの巣で見つかった観察例が数例あるとありました。夜行性のムササビやモモンガをクマタカがどうやって捕らえるのかは不明らしい。
今年7月に会津地方でクマタカに襲われたムササビの死体がS氏により撮影されてます。写真いただいた時そんなことがあるのかな、と不思議に思いましたが、他地域でも事例があるのを知り、なんか納得しました。
 

レンタル掲示板
/10